2017年11月12日

名前のない店


 _0119817.jpg

「飲みに行きませんか?」とうつわのマスターから急にお誘いを受けた。断る理由は持ち合わせていないので二つ返事でついて行った。喜多方市内中心部にあるこの店、実は店名がない。入り口に看板すらないのである。なのでフラッと入ってくる客はいない。この店のマスターと繋がりがなければ敷居はまたげない。

 _0119762.jpg

店内には複数のアコギがぶら下がっていて自由に弾くことができる。音響設備も整っているので、すぐにライブができる。プロのライブも開催されることがあるそうだ。実にいい空間だ。居合わせた若いお兄さんが、自作の曲を披露してくれた。弾き語り派にはたまらない。マスター、また誘ってください。
posted by 生出 at 22:30 | Comment(0) | 馴染みの店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]