2017年09月26日

写真の店みやもり閉店


 _0268966.jpg

本日をもって写真の店みやもりが閉店した。突然の連絡で僕も面食らっているところである。このご時世にフィルムにこだわり続けた一人の男が、ついに銀塩の旗を降ろし、静かに店の扉を閉めた。

 _0269013.jpg

宮森さんが彼の地に開店してから10年の年月が流れた。その間、巷ではフィルムの話題が、ごく稀に取り上げられることはあったものの大抵は明るいものではなかった。それでもフィルムの再起に期待を抱きつつ走り続けた宮森さんであった。僕自身もデジタルへ移行し、なんとも心苦しい思いをしていたのだが、いずれ大きな波には太刀打ちできなかった、ということだ。

本日午後3時半に、けっして大きな星とは云えなかったが、写真の店みやもりの明かりは消えた。しかし最後に強烈な閃光を放ったことをここに記しておきたい。僕らの記憶から写真の店みやもりが消えることはないのである。

宮森さん、ほんとうにありがとう。
posted by 生出 at 22:38 | Comment(5) | 馴染みの店
この記事へのコメント
なんと!

今 訪問させて戴きまして驚きました!
パセオ通りから移られて10年ですか。
一度だけ町歩き撮影会に参加した 楽しい思い出が蘇ってきました。

キャノンの30Dを宮森さんから購入していましたっけ・・・。
やはりデジタルですものね。

生出さん、宮森さんにお逢いしましたら
お元気で!! お疲れ様でした・・・と伝言をお願いしますね。

Posted by 風花 at 2017年09月28日 20:24


◇風花さん、こんばんは。これまでに何度か踏ん張ってこられた宮森さんですが、遂に暖簾を下ろすに至りました。心にぽっかり穴が空いてしまい、それがふさがるまでに、かなりの時間を要しそうです。

ご本人も以前から思うところがあったようですが、いざその日を迎えるにあたり、寂しさは私以上に感じていたことでしょう。

風花さんの伝言、確かにお預かりいたしました。
Posted by 生出 at 2017年09月28日 21:52
生出さんこんばんば 今日、久しぶりに北狸商店街の山口屋でそばを食べた帰りに横を通ったらシャッターが閉まっていて、店の名前もなかったのでもしやと思いブログを見たら閉店していたのですね。
1度しか入ったことがないけど色々と楽しい話が聞けたのを思い出します。
また生出さんのブログでお姿を見かけられたらなと思います。
Posted by うさお at 2017年10月04日 17:35


◇うさおさん、こんにちは。馴染みの店が無くなるのは、ほんとうにさみしいことです。しかし現実は受け入れなければなりません。と云っている私自身、閉店は心の痛手で、他に埋めるものなどあるわけもなく、キズが癒えるまでにはそれ相応の時間が必要なのでしょう。
近々宮森さんとお会いいたしますので、そのお姿をこちらで紹介出来るかもしれません。
Posted by 生出 at 2017年10月05日 12:57
生出さんどうもありがとうございます。パセオにあったカメラの〇〇時代の宮森さんも知っているので時代の流れとは言え寂しい限りです。
これも勇断だったと思いつつ、たまにはブログで宮森さんの近況を知れたらと思います。
ありがとうございます。
Posted by うさお at 2017年10月06日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]