2017年08月09日

白猫


 _0088249.jpg

なんとなく誰かの視線を感じことがあるもので、振り返ると・・・こいつがいた。白い猫、年齢・性別は不詳。どこから来たのか珈琲舎うつわの入り口付近にちょこんと座っていた。

 _0088255.jpg

やさしいマスターが牛乳を与えると、おいしそうにペロペロ。よほどお腹が減っていたに違いない。風体からして野良猫なのだろう。白い毛並みはお世辞にも奇麗とは云えない。身体の周りを複数の蚊が飛び回っていたのが気になった。これから先、季節が厳しくなったとき、彼(彼女)が生き延びられるか・・・。当面は大丈夫だろうが、やはり冬のことが気になってしまう。気になると云えば、峠の花子(牛)はどうしただろう?
posted by 生出 at 07:46 | Comment(2) | 馴染みの店
この記事へのコメント
モ〜〜〜っ モ〜〜〜モ〜〜〜
モモモモモッ
ンモ〜〜〜〜〜〜ンモンモ
モモンガ!
Posted by 花子 at 2017年08月09日 19:40



◇拝啓 花子様
この書き込みのためにネットカフェにでも赴いたのでしょうか?ヒヅメでは、さぞキーボードは打ちづらかったことでしょう。いまごろどこで何をされていますか?どうぞ一刻も早く飼い主の元へお戻り下さい。近々優秀な?探偵がお迎えに上がるかもしれません。
Posted by 生出 at 2017年08月10日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]