2017年04月27日

ニコンF2フォトミックA


 f2-1.jpg

1977年にニッコールレンズがAi化されたことは、2014年7月2日の拙ブログで触れた。Ai化にあわせ露出計内臓のファインダーのデザインも、ほんの少し洗練され、以前のフォトミックボディより見た目に軽快さが増した。正面から見てファインダーの右下に「A」の文字が刻印されている。ファインダーの型式はDP−1からDP−11へと変更。受光素子はCdsのまま変わりはない。

 f2-2.jpg

Ai化で、レンズの露出計連動の爪は肉抜きされ、非Aiレンズとの見た目の差別化がされた。実はAi化のいちばんのポイントは、この爪ではなく、レンズの絞りリングにあった。Ai化ボディは絞りの情報を受けるためのレバーがレンズマウントの外周部に移設され、絞りリングに新設された突起と連動する。F2に限ってはファインダー側に、絞りレンズの突起と連動するレバーが新設された。なんだかよくわからない方は、頑張って理解する必要はありません(笑)

さて・・・F2を手にすると、いまだに臨戦態勢に近い気持ちにさせられる僕なのであった(笑) そんな気持ちにさせてくれるカメラは、そうはない。例えF2が手元になくてもフィルム巻上げ、シャッターレリーズ、フィルム巻き戻し、裏蓋の開閉の感触など、目を閉じれば(閉じなくとも)鮮やかに蘇るのである。

 f2-4.jpg

ボディ底面には、普通のカメラには無い接点や摘みなどがある。いかにもプロが使う道具っぽい。当時はここを見て高嶺の花だったモータードライブ・MD−2を装着した姿をイメージしたものだ。ファインダーを外した姿にもグッとくる。カタログでしか見たことのないアクションファインダーを付けたら、きっと格好いいだろうな・・・とか、あれやこれや妄想を膨らすだけでも2〜3時間(ウソ)はつぶせたものだ。

 f2-5.jpg

Fにはじまるニコンのフラッグシップ機は、かろうじて現行品としてF6がある。うち完全機械式なのはFとF2だけだ。その後の経緯は皆さんご存知の通り。デジタル時代のフラッグシップ機ではネーミングに「F」の文字は使われていない。フィルムを使うカメラだからFなのか、デジタルだからDなのかはわからないけれど、現在ニコンのフラッグシップ機がD5であることを、恥ずかしながらよく知らない僕なのであった。
posted by 生出 at 08:26 | Comment(0) | フィルムカメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]