2017年02月28日

カモシカの・・・



 _0281535.jpg

森の中を歩いていると・・・雪の上にコーヒー豆が・・・。いやそうではない。どうやらこれはカモシカのフン・・・だと思う。この場所は彼らにとって、集会場のようなものなのだろうか。複数の個体が、一堂に会することがあるのかもしれない。この場所を中心として、四方へ足跡がのびている。

フンをしながら、いろんな情報、とくに食料について、あれやこれや話をしていたに違いない・・・と僕は推測したのであった。膝を突き合わせるというよりは、お尻を突き合わせて、人には判らない言葉で意思疎通を計っているとしたら、それはそれで面白い。

ちょっとした窪みは彼らにとって安全な場所なのかもしれない。周囲から身を隠すには最適だ。この場所にカメラを仕掛けたら、きっと彼らの自然な姿を見ることができるであろう。
posted by 生出 at 22:13 | Comment(4) | 出逢いの妙
この記事へのコメント
奈良の春日の青芝に 腰を下ろせば 鹿のフン・・・を思い出します。。。
Posted by さゆりすと at 2017年03月02日 08:35


◇吉永小百合が歌うところの「奈良の春日野」という名曲ですね。ふんふんふ〜ん 黒豆や・・・耳に残るフレーズです。
Posted by 生出 at 2017年03月02日 12:40
み、見事なフンですね!
というかこれが鹿のフンとわかることもすごい。

コーヒーを飲むのがトラウマになりそうな文章ですが(笑)
Posted by おそまつくん at 2017年03月02日 20:46



◇これは失礼しました。例えが悪かったです。黒いピーナッツ・・・いやドングリにしておけばよかったと反省しています。いまごろカモシカ達は、彼の地へ集結しているかもしれませんね。
Posted by 生出 at 2017年03月02日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]