2017年01月30日

撮り比べ


 _0290551.jpg

先日、南会津にて「オリンパスOM-D E-M1markU」と「ペンタックス645Z」で撮り比べをしてみた。正直、この種の話はあまり興味がなく意味はないのかなと思いつつ、最新式のマイクロフォーサーズの実力をとりあえず見てみた。

 EM-1mark2&645Z.jpg

結果はご覧の通り。フォトショップにて100%表示したところ、それほどの差はなかった。今回はRAWデータではなくJPEGでの比較。E-M1markUは50Mハイレゾショット時に生成されるJPEGは8160 x 6120px(RAWは10368 x 7776)、645Zは8256×6192である。色味については、できるだけ同じになるように調整はしたけれど、まったく同じには出来なかった。

デジタルの場合、メーカーによってセンサーの味付けが異なる訳で、その違いは好みの別れるところ。645Zは全体的に柔らかくも雪のラインはシャープである。全体的に自然な表現でシャドー部も見た目に近いように感じた。E-M1markUは少々コントラストが強い。ハイライトは色味の違いはあるものの、極端な差はないように感じた。それぞれ持ち味があるということだ。被写体によって得手不得手も、きっとあることだろう。

Macの画面を見ながら、いい加減、どうでもいいや(笑)と思ったのが正直なところである。世の中には画質などについて、詳細に解説されている方もいるようで、たまにそのような記事を目にするも、たいていは途中で飽きてしまう僕なのであった。おおざっぱな僕の性格によるものなのだろう。

そもそもMacの画面をスクリーンショットして、フォトショップでブログ用に加工し、その画像を比べることが自体がどうなの?という感じである。

結果としてE-M1markUはいいカメラだと思う。あの小さなセンサーで、ここまで表現出来るのだから大したものである。ひとつ気になったのはハイレゾ撮影時に、どういうわけか、被写体のエッジがダブってしまい、まるでカメラブレ?と思われるカットがあった。これはカメラ内で画像を生成する際の不具合なのか、或いはシャッターレリーズ時(0.5ピクセル単位でセンサーを動かしながら8回撮影)の不具合なのかは不明である。
posted by 生出 at 07:51 | Comment(4) | 機材
この記事へのコメント
興味深い比較でした。
手前のウサギの足跡?を見るとpentaの方がシャープの様な、全体を見てもオリはボヤっと感じます。そこはやはり値段の差ですかね〜。
ところでハイレゾってカメラブレは心配ないのでしょうか、ちょっとでもブレると変な画像になっちゃうのではと、使ったことがないので心配です。
Posted by suga at 2017年01月30日 18:18


◇センサーの大きさによる差は、やはりあると思います。しかしオリの解像度もなかなかです。必要十二分だと感じています。

ハイレゾ撮影時、カメラのブレ防止は解除されるようです。三脚にしっかり固定し、リモートケーブルを使います。レリーズ後、2秒後にシャッターが切れるように設定して、とにかくブレないよう気をつけていました。撮影後の画像の確認も必ずします。

しかし今回ブレと思われる現象が出てしまい、自分としてはちょっとショックでした。原因は何なのか、画像をオリンパスに見てもらおうとも思ったのですが、まぁ〜もう少し様子を見てみます。
Posted by 生出 at 2017年01月30日 21:55
センサーの大きさの差をレンズ性能が上回っているということでしょう。E-M1とK-5に同じレンズを付けるとセンサーサイズの大きさ分K-5が勝ります。欲しいけどPROレンズ買えていませ〜ん。
Posted by suga at 2017年01月30日 23:06


◇645Dに30年以上前に設計されたペンタ67用の200ミリで撮影し、長辺1メートルのプリントにしたことがあります。とくにアナウンスはしませんでしたが、シノゴからのプリントと見間違う方がほとんどでした。たまたまそのレンズと相性のいい被写体だったのかもしれませんし、私がずっとシノゴで撮影していると云う先入観があったからかもしれません。
AとBを比べれば、間違いなく差はあるのでしょうが、私自身あまり気にならなくなりました。
Posted by 生出 at 2017年01月31日 08:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]