2016年12月02日

アサヒペンタックスSL


 pentaxSL1.jpg

名機アサヒペンタックスSPから露出計を省き、簡素化したのが「SL」である。簡素化というと、なんだか安っぽく思われがちだが、実はこのカメラ、SPよりも耐久性が高められているのが特徴である。ベースは通常版の「SP」ではなく、SPのモータードライブ仕様「SP MD」なのである。

TTL(Through The Lens)という、画期的な露出計が内蔵された「SP」は歓迎される一方で、精度の面でいまひとつ信頼がおけないと敬遠する向きもいた。機能をプラスして故障の原因が増すことを嫌う上級者達を対象にしたカメラが「SL」である。開発の背景や市場のニーズなど、いろんな面に触れると、このカメラの魅力が浮かび上がってくる。もしかしたら真の名機は「SP」ではなく「SL」なのではないか・・・と。

 pentaxSL2.jpg

不思議なものでニコンF2も露出計を内蔵したPhotomic系よりも、アイレベル系の方に人気がある。時代を経て立場が逆転したわけだ。最新式のデジカメも発売直後は20万も30万もするが、後継機種が出て数年も経てば二束三文の価値にしかならない。エンドユーザーは、常に最新の機種を持たなければならないという、ある種、強迫観念のようなものにとらわれていて、それはメーカー、小売店の戦略に上手く乗せられてしまったのかもしれない。

まぁ〜実際のところ、デジカメもまだまだ改良の余地はあるわけで、先代のウィークポイントが改良された後継機種が出れば歓迎されるのも事実で、そこに魅力を覚え、ついついポチッとしてしまうのだが・・・。

 pentaxSL3.jpg

いまから48年前の1968年に販売された「アサヒペンタックスSL」。写真が銀塩からデジタルへ(ほぼ100パーセント)シフトした現在でも、その存在感はゆるぎないものだと思っている。
posted by 生出 at 12:40 | Comment(0) | フィルムカメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]