2016年10月20日

ペンタックス645


 pentax645-1.jpg

初代「ペンタックス645」の発表は1984年、32年も前のことになる。来たるべくネット社会のことなど一般人は想像すらしていない時代である。もちろんデジカメのことも・・・。発売のニュースはアサヒカメラだったか、日本カメラだったかは忘れたが、いずれ誌面の速報からであった。84年というと、僕はまだ自然風景を撮っていない。ニコンF2にトライXを詰めて、たまに街角スナップをする程度だった。なので、発表時はまったく興味がなかった。

実機を手にしたのは92〜3年頃だったように記憶している。645の前はペンタックスの6×7、45ミリ、75ミリ、90ミリ、135ミリ、200ミリで風景を撮影していた。6×7の大きく重たいボディ、三脚にしっかり固定してもシャッターを切るとボディの揺れが見えるほどの衝撃は、はっきり言ってメンタル的にあまり気持ちのいいものではなかった(笑) なのでレンズシャッターのマミヤRBに切り替えようか、などと考えもしたが財力の関係でそれは諦めた。

ストレスとはいかないまでも、解決策はないものかと考えを巡らせて、辿りついたのが「ペンタックス645」であった。カタログを見るとアダプタを介して6×7のレンズの装着が可能であることが判明。これが決定打となり購入を決めた。

 pentax645-2.jpg

いざフィルムを詰めて撮影をしてみると、その軽快なシャッター音、巻き上げ音は実に心地よかった。ミラーアップは出来なかったものの、ショックは6×7に比べて遥かに小さく、当時はその必要性はあまり感じなかった。

操作は上部に集中している。ボタン操作は同社35ミリ判のMEスーパーを発展させたようなイメージ。露出補正は±1段ずつだったが、僕はマニュアル露出だったので、最後まで露出補正ボタンには触らなかった。

 pentax645-3.jpg

ハッセル、マミヤ、ブロニカのようなフィルムバックの途中交換は出来ない。一本のフィルムを取り終えてから別のフィルムを装填する。使用するのはいつも同じフィルム(ベルビア50)だったので、この点に関しても不便さはまったく感じなかった。

平行してシノゴの撮影もしていたので、いつしか645はサブカメラ的な位置づけになってしまったが、カット数を稼ぎたいとき、機動性が必要な撮影ではメインとして使っていた。

645の発表の翌年に35ミリ一眼レフは本格的なオートフォーカスの時代に突入した。ミノルタα7000の登場である。その後も645はしばらくわが道を進む。しかし97年には645も遂にオートフォーカス化されることになる。「645N」の登場である。01年にはミラーアップも可能となった「645NU」へと進化した。フィルムの645シリーズも、いつしか終焉のときを向かえ、その後、645Dから現行の645Zとなる。

現在、裏磐梯の有名な撮影地辺りで周囲を見てみると、ほぼ100パーセントに近い割合でデジカメが幅を利かせている。でも極稀に、あの645独特のフィルム巻上げ音を耳にするときがある。そんなとき僕は反射的に音のする方を見てしまうのであった。
posted by 生出 at 12:33 | Comment(2) | フィルムカメラ
この記事へのコメント
昨日はお世話になりました。久しぶりにお会い出来てよかったです。オリンパスと一緒にお持ちだったのは645の「D」でしたか?裏磐梯に久しぶりに行きましたが、以前よりも本格的な撮影をしている人は減った感じを受けました。それでは、また新しい作品のアップを楽しみにしています。
Posted by 柳沼 at 2016年10月24日 10:54



◇柳沼さん、こんばんは。昨日の偶然は私もうれしく思っていたところです。三人で原生林に入って以来です。いつごろだったか・・・手帳をめくってみたら震災の前年(2010年6月)のことでした。

いまは100%デジタルでの撮影です。機材も大きく変わりました。645は「Z」です。現地でお話しいたしましたが、メインはオリンパスです。今年中にはMark2が出るようですね。デジタルは単純にセンサーの大きさだけでは比較出来ないところもあるように感じています。それに重たい機材を担いで山に入ったのも、いまは昔です。以前よりも機材への執着心は無くなってきたのかもしれません。

センスある柳沼さんの新作こそ、大いに世に出されてはいかがでしょうか。私の柳沼さんへの期待値は、かなり高いものがあります。楽しみにいたしております。

Posted by 生出 at 2016年10月24日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]