2016年09月05日

オリンパス35


 olympus35-1.jpg

戦後まもない昭和23年、オリンパス35T型が発売された。オリンパスのサイトによると・・・「小型、軽量」「速写性」という2つの目標を具現化したカメラです。「巻いて(フィルム巻き上げ)、掛けて(シャッターチャージ)、押す(シャッターボタンのレリーズ)」 という簡単な3つの操作で、すばやく撮れるオリンパス35I は、絶大な人気を博しました・・・とある。

 olympus35-2.jpg

オリンパス35はバリエーションがいくつかって、写真のカメラは、おそらく35Wa型(昭和28年)だと思われる。コンパクトなボディは、ポケットに収めるのには都合がいい。そしてなによりいいのは、ブラックに塗装されたボディである。塗装は持ち主が自ら行ったというから、世の中には器用な人がいるものである。一目見て「カッコいい〜!」と思った。

 olympus35-3.jpg

発売当時、ブラック塗装はなかっただろうから、オリジナリティはかなり高い。引き締まったボディは所有欲を大いに刺激する。白ボディと並べてみると格好良さは抜きん出ている。
posted by 生出 at 08:17 | Comment(0) | フィルムカメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]