2016年07月25日

Oracle


 oracle.jpg

ウィンダム・ヒル・レコードといえば80年代、癒し系のレーベルとして日本国内で大いに支持を集めた。叙情的で透明感のある旋律が、季節感を大切にする日本人の感性に受け入れられたのだろう。創始者はWillam Ackerman(ウィリアム・アッカーマン)で、彼自身ギタリストとして数枚のアルバムをリリースしている。ウィンダム・ヒルの看板アーティストといえばピアニストのGeorge Winston(ジョージ・ウィンストン)、そしてギタリスト、Michael Hedges(マイケル・ヘッジス)である。

Hedgesは幼少のころから、ピアノ、チェロ、クラリネットを学び、さらにビートルズ、ジミヘン、ツェッペリン、PPM、ニールヤング・・・など多くの偉大なミュージシャンから影響を受けたという。幅広い表現の種子が、すでに彼の心の大地に蒔かれていて、80年にAckermanに見出されるやいなやウィンダム・ヒルと契約、ファーストアルバム「Breakfast In The Field」が81年にリリースされた。

彼の卓越したフィンガーテクニックは、多くのギタリストに影響を与えたことは「押尾コータロー」のところでも触れたが、奏法だけではなく彼の音楽性の奥行きの広さは、発表されたいずれのアルバムからも実感できる。「Oracle」はHedgesが生前に携わった最後のアルバム。翌97年に惜しくも交通事故で亡くなる。
posted by 生出 at 21:10 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]