2016年07月13日

教訓


 kyoukun.jpg

   教訓T

 いのちはひとつ 人生は一回

 だから命をすてないようにね

 あわてると つい ふらふらと

 お国のためなのと 云われるとね

 青くなって しりごみなさい

 逃げなさい 隠れなさい


1971年にリリースされた加川良のデビューアルバム「教訓」のA面一曲目が「教訓T」だ。ある新聞のインタビューで加川良がこんなことを言っていた。「逃げるって、けっこうエネルギーがいる。攻めるより情熱が必要かも・・・」と。

この言葉を眼にして、過日亡くなったモハメド・アリが徴兵拒否をした一連の騒動を思い出した。政府、ジャーナリズム、そして国民から大バッシングを受けつつも、徴兵拒否をつらぬく。アメリカ人が最も嫌うアスリートに仕立て上げられ、さらにプロボクサーのライセンスも剥奪された。

僕が知りたいのは、嘲笑、侮辱、差別・・・あらゆる負の仕打ちをアリに浴びせた人たちは、いま何を思い、感じ、そして考えているか・・・だ。時代が流れると、かつては見えなかった物事の本質がじわじわと浮き彫りにされてくる。そこから教訓を得ることは・・・そう難しいことではないと思うんだけど、どうだろ?
posted by 生出 at 22:46 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]