2016年06月27日

KOTARO OSHIO


 oshio-kotaro.jpg

いまやギタリストとしての知名度は国内外でもかなり高くなった押尾コータロー、その彼のファーストアルバムが「KOTARO OSHIO」だ。1999年12月のリリース。このアルバムは彼がインディーズ時代に出したもので、メジャーデビューとしてのファーストアルバムは2002年7月の「STARTING POINT」だ。

押尾コータローの演奏をはじめて耳にした人なら「ほんとうに独りで弾いているの?」と、誰もが思うことだろう。いまはさすがに、そういう人も少ないだろうが、彼の超絶的な演奏はこのアルバムからスタートしたのであった。ジャケット写真で抱えているギターはGREVEN(グレーベン)の「J Herringbone」というモデル。GREBENはアメリカの世界的ギター・ルシアーのジョン・グレーベン氏の手によって製作されたギターである。

さて押尾コータローの奏法といえば「叩き系」ということになるだろうか。ボディや弦を叩く叩く(笑) そして変則チューニングもあたりまえ。6弦からDADGAC、DGDGBE、CGDGCD、GGDGGG、AAEGAD・・・と云った具合である。このアルバムには13曲が収められているのだけど、スタンダードチューニングは4曲だけである。

そもそも彼をはじめ、多くのギタリストに影響を与えたのはMichael Hedges(マイケル・ヘッジス)だった(1997年、交通事故で亡くなっている。享年44歳)。Michael Hedgesの奏でる世界観は別格で、数多くのミュージシャンが「雲の上の人」と崇めている。

押尾コータローが、すでに彼自身のスタイルを確立しているのは云うまでもない。僕からすれば、すでに「雲上の人」である。彼も40代の後半にさしかかってきた。今後、聴く者のイメージが、もっともっと広がるような曲を創造してくれることは間違いないだろう。
posted by 生出 at 08:23 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]