2016年05月20日

リコーRICOLET


 ricolet1.jpg

こちらが「RICOLET」である。Richoh“35”DeLuxが出る三年前(1953年)に登場した。たった三年でカメラの構造は大きく進歩した。 しかしこのRICOLETもなかなかのもので、フィルム巻上げと同時にシャッターがチャージされる「セルフコッキング」を備えており、これは35ミリレンズシャッターとしては初めてであったという。

 ricolet2.jpg

ピント、シャッター速度、絞りはすべて手動で、レンズにそれぞれ調整のリングがある。レンズを包み込むようなデザインが特徴である。これは外部からの衝撃を守るためのガードなのか、デザイン的なアクセントなのか・・・判断に苦しむところだ。いずれにせよ、このカメラの独自性を印象付けるには効果十分である。なんとなくロボットをイメージさせるユニークなデザインだ。

 rocolet3.jpg

フィルム交換は裏蓋をごっそり取り外すタイプ。これはニコンFなどと同じである。

 ricolet4.jpg

シンプルな構造で、ちょっと手先の器用な人なら直せてしまうのが、この時代のカメラの良いところ。とはいうものの撮影の道具として使えるかというと、そこは疑問符が付くのは致し方ない。ジャンク品扱いで段ボール箱に入れられ、十把一絡げとして扱われるクラカメが多い中、インテリアとして机や棚の上に置かれる固体は、まだ恵まれているほうだ。ちびりちびりアルコールを飲みながら、そのフォルムを楽しむ・・・。カメラ達の余生に寄り添い、静かな時間を過ごすのもいいのかもしれない。
posted by 生出 at 08:22 | Comment(0) | フィルムカメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]