2016年05月14日

長芋定食


 soshoku.jpg

アスパラを茹でる。茹でたお湯は捨てないで、味噌汁にも使ってしまう。豆腐とホウレンソウなので、さほど時間はかからない。卵焼きはいつものごとくちゃっちゃと作る。長芋はすりすりすれば出来上がり。刻み海苔をパラパラ、味付けは麺つゆを適当に。リンゴをむきむき。あとは炊飯器がピーピー鳴るのを待つのみ。いちおう海のものから山のものまでは摂取できるメニューではある。欲を云えば、何か一品、魚介類があればよかったかなぁ〜。
posted by 生出 at 21:54 | Comment(2) | 男の料理
この記事へのコメント
茹でたお湯を二次利用、素晴らしい。
卵焼きの神髄はぐちゃぐちゃと、理解されている。
長芋は手に触れなければそれでいい。
りんごをかじって歯茎から血が出ませんか?
この季節ピーピー鳴くのはツバメの雛。
魚介類は欲望のままに。
Posted by 料理講師 at 2016年05月15日 19:41

◇料理講師さん、書き込みをいただきありがとうございました。厚生労働省の受け売りではありませんが、一日に30品目以上の食材を食べるよう心がけていますが、なかなか難しいです。というか・・・私には無理ですね。できるだけ簡単に調理して美味しくいただければ云うこと無いのですけどね。マンネリをいかに打破するか・・・最近の重要課題です。
Posted by 生出 at 2016年05月16日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]