2016年02月02日

ある晩のメニュー


 The-menu-of-some-evenings.jpg

時間のない夜であった。時計を見ると7時25分。8時からは見たいテレビ番組があった。まず朝食で使った食器を洗い、それから夕飯の準備が始まる。7時半丁度、米を研ぎ炊飯器のスイッチは早炊きを選ぶ。みそ汁用の鍋に火(IHなので火は使っていないけどね)をつける。みそ汁用具材・・・キャベツ・モヤシ・豆腐、炒め物用具材・・・ホウレンソウ、ベーコンをそれぞれ切る。小さめのボウルには溶き卵を用意。味付けは砂糖と少量の醤油。キンピラは水に浸しておく。

鍋にキャベツ・モヤシを入れる。その間、サラダを用意する。まずは一品。みそ汁の具材にに火が通ったらダシの素、味噌を投入。二品目、みそ汁の完成。間髪入れずフライパンを温め胡麻油をひく。ささっと水を切ったキンピラをフライパンへ。しんなりしてきたら醤油、ミリン、砂糖適量で味付け。鷹の爪も忘れずに。器に盛ったらゴマをパラパラ。これで三品。

時計を見ると7時45分。

卵焼き用のフライパンはすでに熱してある。どどどっと卵を流し込む。卵の様子を見ながらリンゴをむく。くるくると卵を巻き上げ、ささっと切って、これで四、五品完成。7時54分。

キンピラを作ったフライパンを手早く洗い温める。油をひいてホウレンソウを炒める。しんなりしてきたらベーコンを入れ、醤油で味を付ける。ホウレンソウは火が通りやすいので助かる。午後8時1分、六品目の完成であった。

ほぼ同時に炊飯の終わった合図がぴーぴーと鳴り響く。完成したものを急いでテーブルへ運ぶ。「いただきま〜す」を云ったのは8時5分であった。ちょっとオーバーしたが、まぁ〜許容範囲であろう。
posted by 生出 at 07:48 | Comment(2) | 男の料理
この記事へのコメント
力が入ったレポートですね。
おいしそうにできました。
で、8時から見た番組は?
Posted by suga at 2016年02月02日 20:12



◇sugaさん、おはようございます。私はど素人ですが、料理の段取りを自分なりに考えるのは、けっこう好きですね。「それはそうじゃないだろう」とご指摘をされる部分もきっとあることでしょう。まぁ〜何ぶん我流でやっていますので、食べてがっかりするのも自分自身ですし、誰も傷つけないのでいいのかな・・・と(笑)

今年になって久しぶりに大河ドラマにはまっていました。8時からの「鶴瓶の・・・」でご当地を紹介していたので期待していました。しかしなぜか加藤茶が出てきて場所も違う。確か二週続けて放映するはずだったのに・・・。私の勘違いで先週の分を見逃していたのでした。かなりがっかりしました。
Posted by 生出 at 2016年02月03日 08:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]