2015年12月17日

Jesse's box


 jessie's-box.jpg

日本で発表されたジェシー・ハリスの1stアルバム(2002年リリース:名義はジェシー・ハリス&ザ・フェルディナンドス)。アメリカでは99年と01年に1st(Jesse Harris and The Ferdinandos)と2ndアルバム(Crooked Lines)がすでに発表されていたが、ともに日本では未発表である。日本盤はそれぞれの中から数曲を選んでまとめられた、いわゆるコンピレーションアルバム。ちなみに“Don't know Why”はアメリカ盤1stに収められている。日本盤では2曲目で聴ける。

 jesse-harris.jpg
ジェシーはニューヨークの出身。都会的で軽快なサウンドだ。ロック&フォークをベースにしつつも楽曲によってはフィドルを使い、どことなくトラディショナルな要素も感じる。シンプルなバンド構成もいい。曲想は異なるがリサ・ローブ、95年のデビューアルバム「Tails」を彷彿とした(8曲目の“Sandalwood”でジェシーはギターで参加していた)。ノラ・ジョーンズの音作りにも生かされているのかな、とも思う。あくまでも僕の印象だけど。

さて“Don't know Why”を比べてみると・・・当然アレンジは別物だけど・・・ノラ・ジョーンズはアルコールを飲みながら夜に聴くのがベスト、ジェシー・ハリスは珈琲を飲みながら昼下がりに聴くのがいいんじゃないかなぁ〜と思った。
posted by 生出 at 22:25 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]