2015年12月02日

Come Away With Me


 come-away-with-me.jpg

ノラ・ジョーンズのメジャーデビューアルバム「Come Away With Me」、2002年ジャズの名門「ブルーノート」からリリースされた。 2003年のグラミー賞では主要4部門を含めノミネートされたすべての部門で受賞を果たした。当時ノラ・ジョーンズは23歳。

「いいアルバムは一曲目の出だしでわかる」と言い切ったのが、音楽に造詣の深い知人のS氏だった。すでに有名になりすぎたこのアルバムであるが、ノラがいまほど知られていない時期に彼に聴かせたところ「ただ者ではない」と直感したようだった。目を閉じ聴き入る姿が印象的だった。

一曲目Don't Know Why″ 暗闇が仄かに明るくなり、遠くに水平線が見えてくる、そんなイメージをわかせてくれるアコースティックギターとピアノの旋律からはじまる。音数は少ないが、つむぎだされる音に居場所を失った心が落ち着く。イメージした風景をより確かにするため目を閉じる。目を閉じるというよりは心の眼を開けるとでも云ったほうがいいのかも。

     Don't Know Why

     I waited till
     I saw the sun
     I don't know why
     I didn't come
            ・
     ・
     ・
     Out across the endless sea
     I will die ecstasy
     But I'll be a bad of bones
     Driving down the road alone

夜、アルコールをほんの少し(?)含みながらBGMとして聴いてもいいし、じっくり聞き込むのもいいし・・・気がつけばノラの魅力に浸っていることを自覚することになる。

ちなみにこのDon't Know Why″はジェシー・ハリスが作詞作曲をしたもので、彼の「Jesse's Box」というアルバムにも収められている。聴き比べてみるのもおもしろいかもしれない。
posted by 生出 at 07:55 | Comment(2) | 音楽
この記事へのコメント
ノラ、いいですよね。
このアルバムでファンになりました。
その後のアルバムは全て手元にあります。
最近のではオリジナル曲ではないですが”Covers”が良かったですね。
彼女の歌声には癒されます。
楽器もギターやピアノをこなして達者ですね。

E-M1のファームをアップしました。
電子シャッターが全速で使えるようになったのが予定外の機能かと思います。
シャッターのショックが皆無ですので、ブレ防止や動物撮りにはよさそうです。
注意点はアップ時に設定値がクリアされるので、元に戻す手間がかかりました。
特に問題点はなさそうで安定したバージョンと思います。
ただ深度合成は対象レンズがないので試せていません。
Posted by suga at 2015年12月02日 20:44



◇sugaさんもノラのファンでしたか。“Covers”も良さそうですね。機会があればぜひ聴いてみたいです。

私もE-M1のバージョンアップをいたしました。忙しさにかまけて、まだ試していませんでした。クリアされた設定値を元に戻すのは、sugaさんが云われるように確かに時間がかかりますね。近々バージョンアップがどんなものかやってみます。
Posted by 生出 at 2015年12月03日 08:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]