2015年10月13日

25回目の入選


 25th-winning.jpg

すでに稲刈りの終わった田んぼが大半のようだが、黄金色に染まり頭を垂れた稲穂を目にすると豊穣の秋を感じさせてくれる。米価の問題、消費減少など、米を取り巻く環境は厳しくなるばかりだ。

幸いなことに地方では四季を通して田んぼを身近に感じることができる。田んぼは日々の暮らしの中に季節の移ろいを感じさせてくれる大切な存在。

 miyamori-san-in-utsuwa.jpg

先週、珈琲舎うつわに宮森さんの姿を見た。福島市から喜多方まで列車を乗り継いで来たのだとか。車窓を流れる風景は、柳人の感性を刺激し、次の作品を創り出す源になるのだろう。
posted by 生出 at 07:40 | Comment(0) | M's works
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]