2015年10月03日

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


 olympus-macro.jpg

最近お気に入りの一本がこのレンズ、オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」だ。無限遠から等倍までの撮影が、この一本でこなせる。インナーフォーカスなので撮影距離によってレンズの長さが変わることもない。防滴・防塵でもあるので少々天候が荒れても気にならない。押さえにと購入した同社のOM−D E−M1であったが、気がつくとほぼメインに近い頻度で使っている。現在(2015.9.27)のトップ(キノ コ)はこのレンズで撮影したもの。

E−M1は約一年前に購入。以来ブログの写真にとどまらず一緒に森に入ることが多くなった。

さて等倍撮影はどの程度かというと・・・下の写真のとおりである。珈琲舎雅さんに置かれている小物をサンプルにさせていただいた。大きさがわかるように 10円玉を置いておいたので、なんとなくイメージ的にはわかるかと・・・。もしマイクロフォーサーズをお持ちであればお勧めの一本である。

 miyabi1.jpg

 miyabi2.jpg
posted by 生出 at 22:18 | Comment(2) | 機材
この記事へのコメント
EM-1は私もメイン機材になっています。マクロはフォーサーズ50mmF2.0を使っていますが、ファームアップで深度合成が可能になるとか、この60mmF2.8がほしくなりました。光が足りない場面の補助光もほしくなり、ニッシンi40がおすすめとオリの店員さん弁でした。
Posted by suga at 2015年10月04日 12:04



◇次のバージョンアップは11月に入ってからでしたね。マクロ撮影での表現が広がるというものです。
EM-1は使ってみるとほんとうにいいカメラだと思います。使う前はEVFってどうなんだろう?と思っていましたが、案ずるより産むが易しでした。
お勧めのストロボはGNが40もあるのですね。実機は触っていませんが、ずいぶんコンパクトになったものです。むかしむかしグリップタイプのストロボを持っていました。GNは48だったように記憶しています。肩から積層電池を下げて撮影していました。技術の進歩はすごいですね。
Posted by 生出 at 2015年10月05日 07:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]