2015年07月28日

オリンパスLS-14


 ls-14.jpg

先日、三ノ倉で使ったのがこのリニアPCMレコーダー「オリンパスLS-14」だ。最大の特徴はTRESMICという「音を豊かにとらえる3マイクシステム」を搭載しているところにあるのだとか。左右に突き出た志向性の強いマイクを挟むように、センターには無指向性のモノラルマイクが配置されている。

これによって「20Hz〜20kHzと周波数特性も広範囲に拡がり、よりゆたかな音を再現。ベースやドラム等の低音も忠実にとらえ、厚みのある録音が可能」とのこと。よくわからないがとりあえず録ってみた。ギターはマーチンCTM GPCPA3でアンプはヤマハのTHR10。アンプの使い方もよくわからなので適当に調整した音である。なのでアコギっぽさが感じられない。あとギシギシと椅子のきしむ音も入っている。ご愛嬌ということで。

音源はこちら。曲名は忘却。ブルースっぽい曲であるが、さらりと弾きすぎた感がある。ちなみに6弦を1音下げたドロップDで演奏している。
posted by 生出 at 12:55 | Comment(2) | 音楽
この記事へのコメント
音源を拝聴しました。なにげなく聞いていましたがこれは生出さんが演奏されていたのでしょうか。ギターの知識も無いし音楽もそれほど聞きません。でもいいなあと思いました。
Posted by サウンドホウル at 2015年08月03日 00:07




◇サウンドホウルさん、おはようございます。音源をお聴きいただきましてありがとうございます。これは不肖生出が弾いておりました。私もそれほど音楽のことは知りません。厳しい耳を持たれている方にとっては、きっと突っ込みどころ満載なのだと思います。恥をかきかき進むしかありません。
Posted by 生出 at 2015年08月03日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]