2015年06月10日

オリンパスXA3


 xa3-1.jpg

1985年発売の「オリンパスXA3」である。ボディはプラスチック製で剛性は弱いものの、加工しやすいプラスチックだからこそ、このデザインが産まれた。携行するときはレンズをおおうようにフロントカバーをスライドさせる。卵のように丸味を帯びた形が可愛らしい。3の前のXA2はグッドデザイン賞を受賞している。

ピント合わせは3点式のゾーンフォーカス式。レンズ脇にイラストがあってレバーをスライドさせる方式だ。近景(人物の胸から上)、中景(全身)、遠景(山)の3段階になっているのだが、どれを選ぶかは撮影者の感覚による。三択の女王「竹下景子」でなくても、極端な近距離以外は外すことはない(と思う)。

 xa3-2.jpg

ストロボは外付けで、ご覧のようにボディサイドに取り付ける。デザイン的に一体感がある。よく考えられている。ただしちょっと幅が長くなるので、ズボンのポッケに入れるのは膨らんで格好悪いかも。

ペン、OMシリーズ、そしてこのXAと独創的なデザインを得意とするオリンパス。デジカメにおいてはペン、OMがすでにシリーズ化されている。残すはこのXAシリーズのみ。それなりに支持はあると思うけど・・・どうですかオリンパスさん、出してみては。
posted by 生出 at 07:54 | Comment(0) | フィルムカメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]