2015年03月26日

22回目の入選


 22th-winning.jpg

学生の頃、何がいちばんイヤだったかと云えば・・・それは洗濯であった。六畳一間の下宿には洗濯機などあるはずもなく、いちばん近いコインランドリーまで歩いて片道20分もかかった。雨の日になると洗濯機はフル回転で、置いてあった漫画本を何度も何度も読み返し、空くのを待った。

朝8時過ぎに下宿を出て、戻ってくるのがお昼近くなんてこともあった。日ごとたまる洗濯物はストレスそのものである。なのでなるべく洗濯物を出さなようにギリギリまで身につけていたのだが、夏になるとそうは云ってはいられない。コインランドリーに行くのが面倒で、流しで洗ったこともあったっけ・・・。いまから30数年前の話である。

干し終えた洗濯物を見ると満足感につつまれたものだ。他人から見れば、その満足感はわかるまい(笑) 乾いた洗濯物は畳むことなく干しっぱなしなのがぼくの流儀である。日々、順番に身に付けると同時に、かわりに籠の中は増えて行く。籠がいっぱいになると・・・また地獄の洗濯劇がはじまるのである。

 tereru-miyamorisan.jpg

わが宮森さんである。この笑顔から洗濯物を干し終えたばかりだと、僕は思ったのであった。
posted by 生出 at 08:35 | Comment(2) | M's works
この記事へのコメント
いつも宮森さんの川柳のうまさに感心しています。今日、偶然?ですが、置賜町のパセナカミッセの裏の路地を通ったら見覚えのあるイラストというかマンガがいっぱい貼ってあって暫く楽しませて頂いてきたのですが?宮森さんの作品でしたね。宮森さんのお人柄が滲み出る楽しい作品ばかりでした(笑)
Posted by 風 at 2015年03月30日 15:53




◇風さんもご覧になられましたか。いつかあの場所をこのブログで紹介しようかなと思っていたところでした。宮森さんのファンの方が、近くのコンビにいらっしゃるようで、あの場所を専用のギャラリーとしている、とお聞きしています。
宮森さんは日々創作活動に勤しんでいるようです。次の作品が楽しみです。
Posted by 生出 at 2015年03月31日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]