2015年03月05日

Taste of UKADAN


 taste-of-ukadan.jpg

せっかくなので憂歌団の数あるアルバムの中からお勧めをひとつ。1986年リリースの「Taste of Ukadan」をぜひお聴きいただきたい。云わずと知れた日本屈指のブルースバンド。木村充揮(ボーカル)、内田勘太郎(ギター)、花岡献治(ベース)・島田和夫(ドラム)の4人がメンバーで 1975年に結成された。デビュー曲「おそうじオバチャン」は発表してから僅か一週間後に放送禁止歌となったのは有名な話。この曲はデビューアルバム「憂歌団」(CD盤)に収められているが、お世辞にも品が良いとは云えない(笑)

憂歌団といえば木村の濁声(ダミゴエ)が代名詞で、独特のユーモアと、ときにペーソスにあふれる曲が魅力なのだが、やはり好き嫌いはわかれるだろう。さて 「Taste of Ukadan」はそんな憂歌団の中でいちばん耳障りのいいアルバムかもしれない。楽曲は「YOU are my Angel」「渚のヴォードウォーク」「嘘は罪」などスタンダードナンバーが並び、演奏も非常に洗練されている。泥臭さは皆無だ。内田勘太郎のギターも、とてもいい。こんなふうに弾けたらいいなと聴くたびに思うのだった。
posted by 生出 at 22:08 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]