2015年02月27日

珈琲舎「雅」のカウンターにて


 pen.jpg

僕が見たところ、食堂に置かれている本で多いのは「ビッグコミック」と「ビッグコミック・オリジナル」。大方の食堂に置いてあるようだ。馴染みにしている「あたごや」さんにも、この2誌があって注文が出来上がるまでの時間、ぱらぱらとページをめくりながら時間をつぶす。お気に入りは「ゴルゴ13」「三丁目の夕日」「深夜食堂」「C級サラリーマン講座」である。お客さんが少ないときは、数冊まとめて手元に置き・・・行儀は悪いが・・・食べながら見るのであった。

一方、「珈琲舎・雅」さんにはコミックなどは少ない(深夜食堂とテルマエ・ロマエ、ともに単行本がある)。コーヒーをいただくとき、たいていは常に携行しているMacbookでウェブ閲覧をしていることの方が多いのだけど、気になる雑誌などがあるとそちらを見る。

先週、マスターから「興味ありそうな内容ですよ」と薦められたのがCCCメディアハウスから発刊されている「Pen」だ。今回の特集は「最後に聴きたい歌」である。具体的な内容は雅さんで見ていただくとして、僕にとって「最後に聴きたい歌」ってなんだろう と真剣(?)になって考えてみた。

鞄からiPodを取り出しCover Flowをグルグルしながら、あれもこれも・・・とついつい欲張ってしまう。外せない曲がたくさんありすぎて「これっ!」と決めるのは不可能。全部聴きたいし、まだ十分に聴いていない曲だってたくさんあるし・・・。

ふと思ったのは、もし今日が人生最後の日だとして、残された時間は当然限られているわけだから、そんな境遇で音楽を聴いていられるだろうか?ということだ。会いたい人、行きたい場所、食べたいもの、飲みたいもの、言っておきたいこと、そして撮っておかなければならないもの、などなど・・・ すべてを満たしたいと思うのが人情だろう。人生最後の日に、どう頑張ってもそれは無理。

で、また思ったのは・・・ならば可能な限り欲望を満たすように生きようじゃないの・・・と。欲望・・・こう書くと、何か無節操且つ破廉恥に思われるかもしれないけど・・・いずれ人生は有限なのだから遠慮する必要はない。欲望を満たすためなら何でもします(笑)    
posted by 生出 at 08:04 | Comment(0) | 馴染みの店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]