2015年01月10日

吾妻小富士


 azumakofuji.jpg

昨年12月12日、気象庁は吾妻山の噴火警戒レベルを平常の「1」から火口周辺規制の「2」に引き上げた。火山性地震が増加していて、今後、小規模な噴火 が発生する可能性があるということだ。そのため旧火口を中心に、概ね500メートルの範囲で噴石による被害が想定され、立ち入りが規制されている。 現在観光道路「スカイライン」は積雪で通行止めになっている。旧火口のすぐ脇を通るスカイラインは、春以降、通り抜けが出来るのだろうか?

東日本大震災で日本列島の地質は大きな影響を受けたようだ。記憶に新しいところでは御嶽山の噴火で甚大な被害が出た。櫻島も挙動が落ち着かない。3.11は もしかしたら前奏曲にすぎなかった、なんてことにはなってほしくないのだが・・・。自然の大きな力に人間が太刀打ちできるわけもなく、ただただ平穏でいてください、と祈るのみだ。吾妻山の雪ウサギも気が気でないだろう・・・。
posted by 生出 at 08:06 | Comment(2) | その他
この記事へのコメント
生出さん
今年もどうぞよろしくお願いしますね。

吾妻山の火山性地震が気になりますよね。美しい風景を作り四季を楽しませて戴いていますがあの大震災で地核に衝撃が起きているのでしょうね。 噴火無く穏やかな終息を願うばかりです。そうです。雪ウサギを泣かせないで欲しいですね。
Posted by やぐち at 2015年01月10日 21:32


◇やぐちさん、今年も宜しくお願いいたします。今年の会津は例年に比べると雪の降る日が多いので、お越しの際はどうぞお気をつけ下さい。
晴れた日は吾妻小富士がきれいに見えます。望遠を付けてのぞくと端正な姿が飛び込んできます。いつまでもこの姿が残ってくれればと切望しています。
Posted by 生出 at 2015年01月11日 11:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]