2014年12月31日

HEARTSTRINGS


 heartstrings.jpg

2014年もあと1時間あまりというところまで来た。今年もいろいろな出来事が国内外であった。一日として穏やかな時間があったのだろうか?

僕個人的には、さしたるイベントがあったわけでもなく、まぁ〜震災以降では比較的穏やかな時間だった。やりたいこと、やらなければならなかったことなどは山ほどあったのだけど・・・。とりあえず諸々のことは、すべて来年の目標ということで、いまはいつもの夜とかわらず焼酎の水割りを舐めていた。

さて、こんな夜に聴いていたのが岡崎倫典の「HEARTSTRINGS」である。2003年にリリースされた本作は岡崎倫典として10枚目の節目となるアルバムである。全12曲のうち11曲がオリジナルで、残りの1曲はスコットランド民謡の「The Water is wide」をカバーしたものだ。NHKの宣伝をする訳ではないが、朝の連続テレビドラマ「花子とアン」のスコット先生、そして「マッサン」のエリーが口ずさんでいたのがこの曲「The Water is wide」なのであった。これまでボブ・ディランをはじめ多くのミュージシャンによってカバーされている名曲中の名曲だ。

話はズレるが・・・ギタリスト岸部眞明がオープンDでアレンジしたこの曲を数年前から弾きはじめ、とりあえず僕の(拙いながらも)レパートリーに入っている。

もうすぐ日付が、そして年が変わる。人々の「HEARTSTRINGS」・・・心の琴線・・・に穏やかな気持ちが響きあってくれればと願わずにはいられない。
posted by 生出 at 22:57 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]