2014年12月30日

煮込みカツ丼


 boiled-and-a-pork-cutlet-bowl.jpg

今年もあと一日を残すのみ。あたごやさんの年内の営業は本日が最終日だった。この一年、自分へのご褒美として煮込みカツ丼を食べたのであった。

僕のカツ丼の食べ方であるが、まずはじめに一切れのカツを丼の脇に置き、ご飯を露出させる。白く輝くご飯から箸をつけるのである。二切れ目のカツ、白いご飯、三切れ目のカツ、白いご飯・・・これを繰り返す。そして最後はいちばんはじめ脇に置いたカツを〆としていただくのである。

カレーを食べる時も、カレーのかかっていないライスからいただくのが僕の流儀である。ちなみにアンパンもアンの入っていない部分をまず片付けてから核心部分を攻めるのであった。さらに・・・めったに口にしないグリコのポッキーはチョコのかかっていない部分をポキポキと折ってからチョコでコーティングされた部分をいただく・・・。

それが何なの?と訊かれても困るのだが、僕は物心がついてから、ずっとこんな感じで食べていたのであった。食べ方が生き方に通ずるのかどうかはわからないけど、人それぞれ、いろいろあっていいのではないでしょうか?

あと一日となった今年も、どう過ごすかは・・・もちろんあなた次第です。
posted by 生出 at 23:56 | Comment(0) | 馴染みの店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]