2014年11月11日

水原の白鳥


 hakuchou1.jpg

福島市と二本松市(旧安達町)の境を流れる水原川は白鳥の飛来地として知られている。たまたま通りかかったので、どんなものかとのぞいてみた。数はまだ多くはなかったが、白鳥や鴨が長旅の疲れを癒していた。鳥インフルエンザの影響で、それまで行われていた餌付けは各地で御法度に。でも、たまにパンの耳を袋一杯に詰め込んで持ってくる方もいるようだ。人から餌をもらうことを、きっと彼らは学習しただろうから、人をアテにして飛来地を選んでいるのかもしれない。ちなみに川岸に立てられた看板によると「平成9年に初飛来」とあった。

 hakuchou2.jpg

川岸から見ると対岸までの距離はあまりない。ちょっと遠くに目をやると、送電線の鉄塔や民家が入ってしまう。撮影ポイントとしては制約が多いかもしれない。それなりに狙い目を定めた方がよさそう。
posted by 生出 at 12:57 | Comment(2) | 出逢いの妙
この記事へのコメント
カモが言ってました。
「白鳥を囲んで脅かしてみたけど、やつらちっとも動じない」って。
Posted by おそまつ君 at 2014年11月11日 20:07



◇鴨が白鳥をカモろうとしていた・・・ということですね。ちょっと無謀だったカモね・・・。おまつなことで・・・。
Posted by 生出 at 2014年11月11日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]