2014年10月25日

ランクル70、ツーショット


 70.jpg

今朝、雄国沼の金沢峠で撮影した70のツーショット。左が僕の77で右は写真家影山博氏所有の73である。僕が以前乗っていた73にオーバーフェンダーが装着され、リアブレーキはディスクである。フロントグリルは「TOYOTA」のロゴが付く。

氏とのお付き合いもかれこれ20年以上になるだろうか。これまでお互い所有していた車は、驚くほどに共通している。Jimny SJ30、同JA11、そしてL/C70である。たまに車の話になるのだが「最近乗りたい車が無いよね」が合い言葉のようになっている。

つい最近再販された70であはあるが、二人ともいまひとつ興味を示さない。つまりはお互い所有している70で十二分であるということだ。ボディに穴が開いても、故障しても直せばいいだけのことだ。

車は際限のない進歩を繰り返している。しかし70は進歩する必要のない車なのだ。そんな70に惚れ込んだ人間が、いまだ少数派ながら全国にちらばっている。

70に代わる車はないのである。
posted by 生出 at 21:51 | Comment(0) | クルマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]