2014年10月23日

ニコンFE2


 FE2-1.jpg

初代FEが78年に登場し、FE2は83年に発売された絞り優先AEを搭載した中級機であった。FEからの変更点は最高シャッタースピードが1/1000→1/4000へ、X接点が1/125→1/250へ、機械式シャッターが1/90→1/250へそれぞれ変更された。当時ニコンのフラッグシップ機はF3、次いでFAがあり、FE2はナンバー3のポジションであった。F3、FAがジュージアーロの洗練されたデザインであったのに対し、FE2は昔ながらの一眼レフ的デザインで、兄弟機であるFM2とともに「F3、FAグループ」とは異なる雰囲気が漂っていた。僕としては近未来的なデザインよりFにはじまるクラシカルなシルエットのFE2の方が好きだった。

 FE2-3.jpg

デザイン的なことを言えばフロント左に刻印された「FE2」のロゴはちょっといらないかな・・・と今でも思っている。無いほうがいかにも道具っぽくなると思うのだが・・・。ちなみに初代FE、FMにはロゴは無かった。せめて袋文字はやめて、小さく遠慮がちに配置してほしかった。
まぁ〜ロゴの有無が撮影に影響を与えることはないのだけどね。話は飛ぶが、小中高とネームプレートを付けるよう教師から強制されていた。少し時間が経てばそんなもの無くても顔を見れば、何組の○○くんだ、とか判るわけで、そういう意味で固体を識別するためのロゴはいらない・・・というのが僕の主張。中身がよければ(よくなくても?)いずれ世間に存在が認められるのである。

さて、そんなFE2の中身であるが実にシンプルである。道具としてこれ以上望むところはない。マニュアル露出の場合の追針式表示も好感が持てるし、これはマニュアル専用のFMよりも断然見やすかった。モータードライブを装着すると軽量のボディもそこそこの重さになる。僕はこのスタイルが好きだった。ただ巻き上げのモーター音は、ちょっと安っぽかったかな。F3+MD4の上質な?音と比べるとがっかりしたものだった。

 FE2-2.jpg

FE2はニューFM2とともにロングセラー機となり、2001年には両機の機能を合体させた「FM3A」となり、その役目を終えたのだった。
posted by 生出 at 12:35 | Comment(0) | フィルムカメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]