2014年09月12日

iPod classic


 iPod-classic.jpg

ついにiPod classicがApple社のサイトから消えてしまった。この手の音楽プレーヤーもスマホなどに押されているのだろうか。将来性が見込めなければメーカーは製造を打ち切り、別な製品を購入するよう消費者の手綱を引っ張るのである。この9月9日にiPhone6とApple Watchなどの新製品の発表があったばかり。その影でひっそりと(内緒で?)消されてしまった。

160GBで4万曲を持ち歩けるという素晴らしいスペックを持ったプレーヤーは、いつの間にかサヨナラのアナウンスもなしに、この世から消えてしまった。

今日現在、僕のiPodに入っているのは約8700曲で、使った容量は160GBのうち、たったの42.5GBだ。容量はまだまだ大丈夫なのだけど、デジタル機器の宿命で、ある日突然使えなくなる可能性も当然ある。先週、そんなことを思いつつアップル社のサイトでiPod classicを確認して、まだまだ大丈夫だなと思っていた矢先の出来事である。ある日突然・・・は何にでも起こりうるのだろうが、せめて「間もなく販売終了です」くらいのアナウンスはあってもよかったのでは?

 iPod-2.jpg
posted by 生出 at 12:56 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]