2014年08月15日

HEADWAY HN30A/SR


 hn30a-1.jpg

HEADWAYのHN30A/SR、今年2月3日以来の再登場である。拙サイトは(いちおう)風景写真のサイトであるが、なぜかアコギを検索キーワードで訪れる方が多いのである。中でも多いのがMorris、YAMAHA、そしてHEADWAYなのであった。

で、サービスという訳ではないが前回紹介出来なかったHEADWAYのHN30A/SRのディテールをどうぞ。

 hn30a-2.jpg

スロッテッドヘッドが特徴。ペグは定評のあるゴトー。しかしチューニング時に「ピキッ!」と音がして、ちょっと緊張することがある。ネックは12フレットジョイントであるため、ハイポジションでの演奏は厳しい。せいぜい9フレットくらいまでが限界だろうか。

 hn30a-3.jpg

サウンドホール内には金属製の立派なラベルが貼付けてある。。光線状態によってピカピカと光を放つ。

 hn30a-4.jpg

HN30A/SRのいちばんの特徴といえば、この馬のインレイである。僕としては・・・無くてもいいんじゃないのか、というのが正直なところ。見た感じ、ちょっと浮いているかな。ちなみに弦はElixirのNANOWEB、ライトゲージ(.012-.053)である。
.
このギター、販売されてから7年ほどが経つ。ネットで調べてみると、中古でも手に入れることは難しくなっている。前にも拙ブログに書いたが、喜多方の「珈琲舎うつわ」に置いてあるので、どうぞ自由に弾いていただきたい。遠慮はいらない。
posted by 生出 at 23:59 | Comment(2) | アコギ
この記事へのコメント
 昨日、U-ONEの、社長さんから、ヘッドウエイの、特注の新作の話を聞いてしまいました。
 材が、マーチンの45マーキスの取り合わせで、約6分の1の価格のとんでもない、音圧、音量、のギター、oo-タイプ。
 ただ、数本しかないとのこと!!
ギター界の、ブガッティの様な存在ですが、つま弾いてみたいなー。
 どうですか? 生出さん???
Posted by momozo at 2014年09月03日 10:02



◇momozoさん、情報ありがとうございます。いまヘッドウェイのサイト見ましたが、稀少材を使ったギターが何種かありましたね。トップに屋久杉を使った限定一本!なんてのもあります。そんな中で私が気になったのがHF-415CW ATBでした。件の00タイプ、もしかしてmomozoさんのお手元に近々お目見えするのでしょうか?その節はぜひお声をおかけください。馳せ参じます。
Posted by 生出 at 2014年09月03日 13:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]