2014年08月14日

Martin OOO-28EC


 00028ec-1.jpg

マーチンのサイトによると「1992年のMTVアンプラグドでグラミー賞を受賞したエリック・クラプトンの功績を称え、1995年に初の限定モデルとして発売された000-42ECに続き、1996年に登場したエリック・クラプトンのシグネチャー・モデル」がこのOOO-28ECである。

 00028ec-2.jpg


指板にはクラプトンのサインインレイが入る。このギター、中古で購入したもので既にFishmanのピックアップが内蔵されていた。僕ごときが所有するには、ちょっと身分不相応かなと思ったのだが、このモデルとしては破格値(?)の20万で出ていたので、後先を考えず清水の舞台からダイブしたというわけ。今思うと、なにかイワクツキだったのかもしれない。

実際弾いてみてとくに気になるところはない(気がつかないだけかもしれないが・・・)。

 00028ec-3.jpg

オープンペグも、いい味を出している。チューニングのしやすいペグである。ナットの幅は44.5ミリで、スタンダードのOOO-28の42.9ミリに比べわずかに広いものの、この差はかなり大きい。

YAMAHAのアンプTHR10につなぎ、夜な夜な怪しげな音を出して一人悦に入っているのであった。

posted by 生出 at 23:05 | Comment(0) | アコギ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]