2014年06月19日

カレー焼きそば

 
 curry-fried-noodles.jpg

世の中にはいつの間にか、ご当地料理となっているものが少なからずある。宇都宮の餃子、仙台の牛タンがそのよい例で、両市に住んでいた僕としては、周りが騒ぎはじめてから「そうだったんだ」と気がつくのである。会津のカレー焼きそばもそうだ。いつのまにかご当地料理になっている。

会津に住んで30年弱になるが、カレー焼きそばはいちども口にしたことはなかったし、食堂のメニューでもお目にかかったことは無かった(どこかの食堂にはあったらしいが・・・)。某民放の番組で無理矢理?ご当地料理として紹介されたのがブームのきっかけだったらしい。すでに「会津カレー焼きそばの会」もあるというのだから、ちょっとびっくり。

それにしてもマスコミの影響力はすごい。さすが第四の権力と云われるだけのことはある。放送後、馴染みの食堂の方が「さっそく観光客から問い合わせがあった」と云っていた。マスコミの情報を鵜呑みにするのはどうなのだろうねぇ〜と・・・。

カレー焼きそばくらいなら体制に影響はないだろうが、これが何か意図を持った情報だとしたら・・・。真実を知らないということは恐いことだし、情報の裏にある意図を見極める力は必要なんだろうな、と思った。ちょっと神経質になりすぎだろうか?地域経済が少しでも活性化すれば、まぁ〜いいかぁ〜。

話をカレー焼きそばに戻そう。マルちゃんから販売されてる「カレー焼きそば」である。具材は豚バラ、ブロッコリー(予め茹でたもの)、ナス、玉ねぎ、ニンジン。フライパンで具財に火が通ったら麺を入れ粉末ソースをからめれば、はい出来上がり。会津のカレー焼きそばはソース焼きそばにカレーをかけるのだが、こちらはカレー風味のソースなので、見た目はあっさりしている。味もなかなかいける、と僕は思ったのだった。
posted by 生出 at 21:42 | Comment(2) | 男の料理
この記事へのコメント
調べてみたところ47都道府県全部にあってもおかしくないくらい種類がありました。
それほど日本人には馴染みなメニューということでしょう。

写真の焼きそばは具が豪華に豊富で食堂で600円では採算が合いません(笑)


Posted by オーブンレンジ at 2014年06月20日 11:18



◇全国各地のご当地料理を楽しむ方が増えていますね。焼きそばに限らず、地方の味を食べ歩いている猛者が、あっちにもこっちにもいらっしゃるようです。ちょっと検索すると、たちどころに「食べ歩き」的ブログにぶちあたります。そのエネルギーは凄まじいですね。

話はかわりますが、私が一押しするのは「みつや食堂」の焼きそばです。残念ながら、いまやっているのかどうかはわかりません。

私が作ったカレー焼きそば、650円でいかがですか?なんなら出前いたします。冷たくなったらレンジでチンしてください。
Posted by おいで at 2014年06月20日 12:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]