2020年08月26日

三春町「いろはや食堂」


 IMG_9905b.jpg

磐越自動車道や三春バイパスが開通する前、三春方面へ行く際、よく通ったのが、蛇行する桜川に添うように走る国道288号線だった。「いろはや食堂」は中心部から、ちょい郡山よりにある中華料理屋さんである。食堂の隣は「いろはや旅館」の看板があり、食堂とつながっている。

 IMG_3881b.jpg

 IMG_0261b.jpg

なかなかに目移りをするメニューである。掟に従い、カツ丼をオーダーする。

 IMG_3412b.jpg

お新香の他にもう一品付いている。こういうのは嬉しいところである。

 IMG_0923b.jpg

二回目はランチメニューの中から唐揚げを選んだ。通常メニューの唐揚げ定食より値段は50円安く小鉢がひとつ多いのだとか。その分唐揚げの数はちょい少ないようなことを元気な店員さんが言っていた。

三回目は少しでも猛暑を凌ぐために冷やし中華にした。

 IMG_2083b.jpg

モヤシの盛りがすごい。見た目以上にボリュームはあった。やや酸味の強いスープだが、美味しくいただいた。
posted by 生出 at 21:30 | Comment(0) | ふらりとよった店

2020年08月25日

二本松市(旧岩代町・小浜)「いこい食堂」


 SleTrWasQ06XK5DILdflyQb.jpg

二本松市(旧岩代町小浜)の「いこい食堂」は、同じく小浜にあるカツ丼の店「相模屋」と双璧をなしている。「いこい食堂」は麺類、丼物、定食も選べる。

 uJSe4Hz4Rxa8Dj9eJvBi2Ab.jpg

3年ほど前から訪れていたものの、紹介がすっかり後回しになってしまった。もちろんすでにカツ丼はいただいている。しかし画像が見つからなかったので、直近にいただいたメニューをご紹介しよう。

夏はやっぱり冷やし中華でしょう。

 UIw3vwTkTvmxeLqtYXY-eAb.jpg

この色合いはたまらない。

 nz9EKrKZRxyD7lvoGrLcLwb.jpg

豚の生姜焼き定食。見た目以上に肉のボリュームはあった。味噌汁が、ちと塩っぱかったのが残念。たまたまだったのだろう。

 An6g4uaOTxOCnn2Js-r19Ab.jpg

半チャンラーメンはおすすめ。特にチャーハンの盛りは半端ない。普通のお店の単品で頼んだチャーハンと同じか、それよりも少し多いくらのボリュームである。味はもちろんグーです。
posted by 生出 at 21:30 | Comment(0) | ふらりとよった店

2020年08月23日

三回目(短歌)の入選


 img20200823_20352278b.jpg

雨上がり歩道にマスクの落し物捨てられたのか足音悲し

 コロナ騒動で、一時期マスク不足が騒がれていたが、すでにそのことすら忘れ去られている。いったいあの騒ぎは何だったのだろう?そして次に不足するのは何?人は過去から教訓を得ることはしない生き物なのだろうか?
posted by 生出 at 20:51 | Comment(0) | M's works

2020年08月22日

Molly Tuttle "Rise"


 img20200820_20521063b.jpg

もうひとり、若手のブルーグラスのミュージシャンを紹介しよう。昨日紹介したBilly Stringsと同年代のMolly Tuttle(モリー・タトル)だ。ブルーグラスの奏者である父親の影響を受け、幼少の頃からブルーグラスミュージックに親しんでいた。13歳の時、父親のJackと"The Old Apple Tree"をリリース。

バークリー音楽院を卒業後の2017年にEP(Extended play)盤の"Rise"をソロ名義として発表した。ブルーグラスのテイストをベースに、素晴らしいギターテクニックと軽やかで爽やかな歌声は実に心地よい。Billy Strings同様、将来を嘱望されているブルーグラス界のホープだ。


posted by 生出 at 22:20 | Comment(0) | 音楽

2020年08月21日

BILLY STRINGS "HOME"


 img20200820_20502925b.jpg

ブルーグラス界に新しい星が産まれた。BILLY STRINGS(ビリー・ストリングス)、1992年アメリカはミシガンの生まれというから、まだ28歳の青年だ。日本では、まだそれほど知られていない。そもそもブルーグラスというジャンルの知名度が低い。

ともすればカントリーミュージックとごっちゃにされて、尚更によくわからないという向きが多いのでは。

ブルーグラスはフラットマンドリンの名手BILL MONRO(ビル・モンロー)が創設者と言われている。第二次大戦後まもなく、今で言うブルーグラスの形を作ったことから、彼はブルーグラスの父と呼ばれている。さらに歴史を遡ると17〜18世紀、ヨーロッパからアメリカへ渡った移民のアイリッシュ音楽と、アフリカから奴隷として連れてこられた黒人音楽が融合して徐々にマウンテン・ミュージックとして形成されていったという。

感覚に訴えるものを、あれこれ字面で説明してもつまらないだろうから、まずは彼の卓越したギタープレイを聴いて欲しい。ギター、バンジョー、フラットマンドリン、ウッドベースというオールドスタイルながらも、その音楽性は非常に高いと思う。

伝統的なブルーグラスの世界ではあるが、若い力が大きく変えようとしている。

posted by 生出 at 22:05 | Comment(0) | 音楽

2020年08月20日

ROUGH AND ROWDY WAYS


 img20200820_20460869b.jpg

ボブ・ディランが新譜を発表した。タイトルは"ROUGH AND ROWDY WAYS"である。2012年に発表した"Tempest"以来8年ぶりでノーベル文学賞受賞後、初の新曲による最新作だ。"Tempest"はシェイクスピア最後の作品と同じタイトルで、巷では、これがディラン最後のアルバムだろうと、まことしやかに語られていた。

img20200820_20480519b.jpg

本アルバムはCD2枚組である。Disk1はオフィシャルサイトで先行配信された"I CONTAIN MULTITUDES"と"FALSE PROPHET"を含む全9曲。Disk2は"MURDER MOST FOUL"(邦題「最も卑劣な殺人」)で17分近い1曲のみが収録されている。この曲は1963年11月22日に起こったケネディ大統領暗殺をとっかかりに、60年代という時代の渦を歌い上げる。

ディランの曲は・・・もちろん美しいメロディの曲はあるものの・・・みんなで一緒に鑑賞しましょうというタイプのものは少ない。単調なメロディの繰り返しで、詩を理解できなければ、つまりは英語がわからないと、ディランの歌うメッセージは伝わりづらいかもしれない。もちろん僕は対訳を見ながらなのだが・・・。

真のリーダーは死に、ケネディが育んだ自由という文化も死んでしまったのか。排他主義が表面化し、これまで大儀だと思っていた平等は作り物だったことが明らかになった今、いったい何を拠り所として生きていけばいいのか・・・。唯一の拠り所、それは自分自身・・・とディランは言っているのか。
posted by 生出 at 22:19 | Comment(0) | 音楽

2020年08月18日

JB23、6万キロ達成!


 IMG_4204b.jpg

本日、JB23が6万キロを達成した。場所は土湯峠の鷲倉温泉付近だった。納車から2年4ヶ月での達成である。

 _8180127b.jpg

会津側の人のほとんど入ってこないところで、秘密裏に記念写真を撮ったのであった。別に秘密にする必要などないんですが(笑) ようやくL/C70の10分の1の距離を走ったことになる。
posted by 生出 at 21:34 | Comment(0) | クルマ

2020年08月15日

思い出の鱒釣り


 P8150011.jpg

内田十紀夫さんの「思い出の鱒釣り」。6弦をDに落としてある。こちらよりどうぞ。
posted by 生出 at 19:57 | Comment(0) | アコギ

2020年08月10日

山形の「だし」


 IMG_0396b.jpg

かねてより懸案だった山形の郷土料理「だし」を作ってみた。具材は右からナス、ミョウガ、オクラ、きゅうり、生姜に大葉である。これを器に、どさっと入れ、麺つゆ、ミリン(切らしていたのでサトウキビを使った)で味を整える。

 IMG_0399b.jpg

オクラの粘り気がちょうどいい感じ。

 IMG_0402b.jpg

今晩は冷奴にトッピングしていただいた。明日の朝はご飯で食べてみよう!なかなかいいっすね。
posted by 生出 at 21:43 | Comment(0) | 男の料理

2020年08月09日

「生き物写真展」開催中!


 _8070043b.jpg

art & cafe Petit Pecheにてamiさんの個展が開催されています。数年前、キヤノンのフォトコンテストのネイチャー部門で特選を受賞された実力の持ち主です。

 _8070040b.jpg

あたたかく、そしてユーモアのある視線から創り出された作品は、ふだん何気に目にしている小さな生き物たちの生き生きとした表情を見事に描いています。

 _8070050b.jpg

マクロの世界というのは作者自身がファインダーを覗いて、はじめて見えてくる(見つける)世界です。そういう意味において作者のカラー(個性)が前面に出ます。高いオリジナリティと高品質のプリントをご堪能ください。

Petit Pecheさんの営業日等はこちらよりご確認の上、ぜひご覧ください。
posted by 生出 at 22:23 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2020年08月05日

また抜かされた(笑)


 2020_0730_062449_061A.jpg

これはホンダのインテグラ?セダンやクーペのことは、正直まったくわからない。きっと一生乗ることのない車種。

つまらないネタだがとりあえずアップだけしておこう(笑) こちらからどうぞ。


posted by 生出 at 20:25 | Comment(0) | クルマ

2020年08月02日

東北地方南部、梅雨明け!


 _8010010b.jpg

昨日、東北地方の梅雨明けは、もう少し先に・・・と書いた矢先、本日、東北地方南部の梅雨明けが発表された。素人に気象に関することは、なかなか読めない。昨日の午後、会津若松市内、それも市内の一部が物凄い豪雨に襲われた。道はあっという間に川のようになり、これはヤバイかもと感じたほど。

しかし雨は直ぐに上がってしまった。豪雨のおさまる少し前に大きな虹がかかった。撮影場所があまりよくなかったのが残念。まぁ〜これも巡り合わせなので・・・。
posted by 生出 at 20:06 | Comment(0) | 出逢いの妙

2020年08月01日

八月!


 img083b.jpg

西から梅雨明けの知らせが、ようやく届きました。東北地方はもう少し先になりそうです。新型コロナ、豪雨災害、熱中症・・・気をつけなければならないことが山積です。まずは栄養補給をして乗り切りましょう!
posted by 生出 at 21:15 | Comment(0) | M's works