2019年12月30日

喜多方の仙人が淹れる珈琲


 IMG_7535b.jpg

蛭田画伯宅を後にして、まっすぐ喜多方の仙人の家にお邪魔した。仙人の淹れる珈琲は相変わらず美味しい。
posted by 生出 at 22:06 | Comment(0) | その他

忘年会


 _C270191b.jpg

金曜日の晩、蛭田画伯のアトリエで忘年会を行なった。これは宴会の後半に入った頃に撮影したもの。音楽の話など、いつ聞いても楽しい。画伯が仙台のジャズフェスにエントリーする際に録音した貴重な音源も聞かせてもらった。
posted by 生出 at 21:40 | Comment(0) | その他

2019年12月26日

韓国食品「ソウル」


 _C240162b.jpg

こちらが韓国商品の店「ソウル」だ。場所は新地町小川で新地高校の看板のすぐそばにある。

 _C240149b.jpg

 _C240151b.jpg

看板どおりキムチの他、韓国食品が揃えられている。手作り餃子もなかなかいける。キムチは、この店の隣りの隣りに野菜売り場があるのだけど、そこでも売られている。値段はいっしょ。

 IMG_7476b.jpg

上がニンニクの芽、下が海苔のキムチ。海苔はクセになる。この季節はあまり心配いらないが、暑い季節だとクーラーボックスなど保冷の効く入れ物があるといいだろう。
posted by 生出 at 07:17 | Comment(0) | ふらりとよった店

2019年12月25日

クリスマスイブの夕餉


 IMG_7480b.jpg

昨夜はクリスマスイブだということを日が落ちてから知った。まぁ〜そんなもんである(笑)イブの晩の夕食がこちら。メインディッシュ(?)は画面中央の二皿で、ノリのキムチ、そしてニンニクの芽のキムチである。ニンニクは辛かった。

購入したのは新地町の韓国食品「ソウル」。昨日は仙台ナンバーの車も止っていた。お店の紹介はまたあとで。
posted by 生出 at 07:40 | Comment(0) | 男の料理

2019年12月23日

素敵なひとたち


 _C210042b.jpg

郡山市にあるC'monというライブハウスに行ってきた。ちなみにカモンと読むそうだ。オーナーはオオバさんで、オオバカモンに引っかけているらしい(笑)左端、ベースの人がオオバさん。

 _C210099b.jpg

会場に集まったのは、多少凸凹はあったようだが、だいたい似通った年代だ。30年〜40年前に青春を謳歌した世代である。

 _C210126b.jpg

それぞれ気に入った曲を、自分の好きなようにアレンジしてのお披露目。カラオケもいいのだろうけど、こうやってギターを演奏しながら人前で唄っている姿を拝見すると、なんだかこちらも嬉しくなってしまう。唄はその場で消えてしまうが、聴いた印象は心にずっと残るものなのだ。


posted by 生出 at 08:05 | Comment(0) | 音楽

2019年12月20日

焼きサバ定食


 IMG_7394b.jpg

「いつもカツ丼やラーメンだね」と云われてしまうが、基本的に朝晩は自炊である。もう少し具体的に云うと朝食は前の晩のメニューとほぼ同じである。朝は他にヨーグルトか豆乳を口にする。

この夜はサバが少し安くなっていたので購入。もちろん自分で焼いた。味噌汁は三つ葉と豆腐、納豆、モズク酢、画面には少ししか映っていないがタマネギ四分の一をスライスしてシーチキンを乗せたサラダを用意した。サバは二切れだけ食べて残りは朝食用にした。

まだまだ半人前の主夫なので多めに見てください(笑)
posted by 生出 at 13:22 | Comment(0) | 男の料理

2019年12月19日

南会津町田島「ラーメンまりちゃん」


 IMG_3862b.jpg

たいせつな店の紹介をすっかり忘れていた。南会津町田島の「ラーメンまりちゃん」である。すでにこの場所から会津若松市内へ移転している。なんでも建物の老朽化が進んでしまい、営業の許可が下りなかった・・・と店主である「まりちゃん」が云っていた。

さて看板を見れば判るように、いちばんの売りは「ソースカツ丼」である。なんでもここのソースカツ丼は食べログで福島県第一になったとか。それがいつのことで、一位を取るのがどういう意味を持つのか、正直僕にはわからない。美味しければそれでいいのである。

 IMG_3860b.jpg

すでに移転してから8ヶ月ほど経過しているのだが、まだ行ったことはない。いずれ・・・と思いつつも足が遠のいている。

 Ns1T1qz-Q5-B-fyTMyOHUQb.jpg

この日(3月上旬だったかな)は一番乗りだった。お約束のソースカツ丼をたのむ。丁寧に調理をしているのか、出来上がるまで割と時間がかかった。実測はしなかったが、二度目、三度目のときも同じくらいの時間かかった。20分くらいだったかな?

さてお味だが素直に美味しいと思った。揚げ方からカツの切り方、ソースのかけ具合にも丁寧に仕事をされていると感じた。柔らかい肉、さくさくした衣、甘すぎず辛すぎないフルティーなソース、お膳の右上のキムチ唐辛子をつけてもおいしい。

きっと若松でもこの味を堪能出来ることだろう。
posted by 生出 at 07:51 | Comment(0) | ふらりとよった店

2019年12月17日

相馬市「楽笑」再訪


 IMG_6800b.jpg
相馬市の「楽笑」を訪れたのは、台風19号の被害著しい10月17日だった。あれから季節が流れ再び訪れてみた。青い空は初訪問の時と同じ。当然ながら店はすっかり元の営業体勢になっていた。

nneqe_UOTvaJ7WgEFkFs8Ab.jpg

入り口の雰囲気も前回訪問時とは明らかに異なる。元気に営業してます!という感じ。

 IMG_6804b.jpg

注文は前回と同じ「相馬味噌炙りチャーシューメン」をたのむ。

 IMG_6812b.jpg

器も通常のラーメン丼になり「ふつう」であることの幸せをしっかりと味わってきたのであった。しかし肉のボリュームはふつうではない。
posted by 生出 at 12:39 | Comment(0) | ふらりとよった店

2019年12月16日

九十九折れの道


 _C150010b.jpg

またまた雄国沼へ行ってきた。喜多方口から金沢峠までは先客の轍をトレースしながら走る。金沢峠から先に轍は無かった。自分で付けるしかない。積雪は多いところで30センチ近くある。湿り気の多い雪が融けては凍ったのだろう、かなり抵抗が強い。

少し進んでは戻り・・・を繰り返す。アクセルを踏み過ぎると雪を掘ってしまい亀の子になってしまう。

そうならないための微妙なアクセルワークが求められる。

 _C150016b.jpg

けっきょく金沢峠から数百メートル走ったところでUターンして戻ってきた。

 _C150024b.jpg

上から九十九折れの林道を見ると、けっこう距離があるんだな、と思う。「雄国沼」の看板のあるところから約10キロだ。昨日は撮影日和ではなかったので、もう一回は来てみたい。
posted by 生出 at 08:19 | Comment(0) | クルマ

2019年12月11日

清乃屋食堂


 IMG_7264b.jpg

福島市内を走る飯坂鉄道「桜水」駅の真ん前にあるのが「清乃屋食堂」である。

 IMG_7262b.jpg

駅前と云う最高の立地条件。電車が来るまでちょっと時間があるから、うどんかそばでも食べるか・・・というような使われ方をしているかどうかはわからないが、そんな人もきっといるだろう・・・と想像した。

青いホンダの軽はお父さんが出前で乗っている。リアのゲートはたいてい開けっ放しである。つまりは臨戦態勢が整っているということだ。ひっきりなしではないが何件か出前注文の電話をお母さんが受けていた。出来上がるとお父さんが吹っ飛んでいく。

 IMG_7294b.jpg

店内はこんな感じである。左の奥が厨房でお二人の戦場だ。こちらもそれなりに年月が経っていることは一目瞭然。

 IMG_7245b.jpg

さてメニューである。大きく印字されている丼類がお勧めのようだ。ほか定食、麺類など豊富なメニューだ。優柔不断な人はメマイを起こしてしまうかもしれない。そんなときは各カテゴリーの上から4番目か5番目を選べば、まずは間違いない。とくに根拠はないけれど・・・。

 IMG_7250b.jpg

丼ではなく桶に入ったカツ丼。

 IMG_7255b.jpg

チャーシューメンはスープがおいしかった。チャーシューは好みの別れるところ。

 IMG_7290b.jpg

奮発していちばんお高いカキフライ定食を頼んだら、ちょっと量的には不満が残ってしまった。ギューッと絞った千切りキャベツ、佃煮昆布、マッシュポテト、それからなぜかパイナップルが添えられている。これはパイナップルがご馳走だった時代の名残ではないか?お父さん、幼少の頃、風邪かなにかで入院し、親戚のおばさんがもってきたお見舞いのパイナップルの味が忘れられない・・・のでは?と、またまた想像してしまった。


posted by 生出 at 08:29 | Comment(0) | ふらりとよった店

2019年12月10日

柳人・宮森さん近影


 IMG_7269b.jpg

先日、珈琲舎雅にて宮森さんと待ち合わせをした。その際、撮影したのがこの写真。宮森さんの写真作品に刺激されての撮影。
posted by 生出 at 21:18 | Comment(0) | 馴染みの店

2019年12月07日

積雪の林道


 _C070030b.jpg

積雪は約25センチほどか。冬の初めと終わりの雪は水分が多く、とても重い。ラフなハンドル操作は命取りになる。雄国沼に行くため、大塩口からアプローチをするも途中で断念。

 _C070035b.jpg

軽い雪なら全く問題はないのだけど・・・。デフを擦る状態でどれだけ走れるかが見極めのポイントだろうか。行くか戻るか、エンジンを止めて暫し休憩。目指す雄国沼はまだまだ遠い。積雪はますます多くなるのは間違いなく、此処が潮時と引き返したのだった。
posted by 生出 at 20:20 | Comment(0) | クルマ

2019年12月06日

チンチン電車


 _B250773b.jpg

保原町の中央交流館に保存されているチンチン電車。福島交通が町に寄贈した「1116号」。保原ロータリークラブが2015年に修復したという。掛田驛の桑島食堂で食事をした数日後に訪れてみた。この場所に設置されてから4年が経ち、住民にはお馴染みの風景になっているようだ。きれいにペイントされた車体を見ていると、この場所に置きっぱなしにしておくにはもったいないとも思った。

 _B250771b.jpg

復活させることは夢物語だが、もし令和のこの時間にチンチン電車が走っていたら・・・と想像するだけで、なんとも楽しくなってくる。ひとは年齢を重ねると、懐かしい思い出の中で時を過ごすことが多くなるのだろう。
posted by 生出 at 08:10 | Comment(0) | 出逢いの妙

2019年12月02日

ホンダ モンキー50


 IMG_7161b.jpg

日曜の朝も雄国沼へ車を走らせた。朝焼けも大したこと無く、雪の状態もいまひとつだったので、さてどうしたものかと思案している最中、下界から聞き慣れない、というよりこの場に相応しくないエンジン音が近づいて来た。まさかバイクじゃないだろと思った瞬間、ホンダのモンキーが現れ、かなり驚いた。

「剛の者」と呼ぶに相応しい人物を久しぶりに見た!
posted by 生出 at 13:04 | Comment(0) | クルマ

2019年12月01日

雪の雄国沼へ


 _B300907b.jpg

金曜の夜、雪がちらついていたので、さっそく雄国沼へ上ってみた。積雪は大したことはなかったが、本格的な冬の前の白い息吹を感じてきた。登ったのは午後からだったのだが、意外なことに貸切でちょっとびっくり。まだ轍のない雪道を走るのは何とも気持ちがいい。

 _B300911b.jpg

雄国滝付近にて。木々についた雪が綺麗。まだ小さかったがエビの尻尾も生えていた。暖冬の影響で、いきなりドカ雪が降ることが多いので、ここまでこれたのはラッキーだった。

 _B300917b.jpg

さらに先に進み、大塩まで抜けて帰路に着いた。ところどころ大小の落石はあったものの、それも注意さえすれば問題はない。雪に閉ざされる前に、あと1〜2回は通ってみたいところ。
posted by 生出 at 21:15 | Comment(0) | クルマ