2018年09月29日

林道松出山線


 _0246016.jpg

またちょっとやばそうな林道に入ってしまった。林道「松出山」線だ。金山町の沼沢沼を過ぎ、高森山の登山口を目指す。登山口は二箇所あって、舗装路ではなくダート路の方に入る。金山町「森林学習の森」の先から数百メートル先は全く手入れがされていなく、ご覧の通りの状態。学習の森の入り口には地図があって、確認して見ると、どうやらこの先は通行止になっているようだ。

 _0246021.jpg

車から降りるのも、ちょっと嫌だなぁ〜と感じるくらい草が生い茂っている。アブの容赦ない攻撃をかわしながらの撮影だった。リクエストがあれば、ご案内はしますよ。
posted by 生出 at 23:04 | Comment(2) | クルマ

2018年09月28日

音を楽しむ


 _0235650.jpg

文字通り音楽である。これが基本かな・・・と思う。先週日曜日、福島の音楽祭での一コマ。
posted by 生出 at 22:37 | Comment(0) | 音楽

2018年09月27日

秋の味覚


 _0225637.jpg

あちこちで稲刈りが始まっている。あっという間に黄金色になった稲穂。刈り取られた田を見ると、ちょっと寂しくなる。だけど収穫の秋、実りの秋を堪能するよろこびは格別である。先週の土曜日にいつもの集まりがあった。今回は、まさに秋を感じさせるメニュー。

毎回、自分の料理の腕を磨くべく、何か学べるものはないか?そんな気持ちを抱きつつも、いざ食べる段になると食い意地が先行して、ただ腹を膨らますだけに終わっている。
posted by 生出 at 22:45 | Comment(0) | その他

2018年09月26日

キノコシチュー


 _0256087.jpg

いただいたキノコはシチューの具材に使ったのであった。カノシタは食感的に、ちょっとシチューには合わなかった。キノコは下茹でしてから仕上げの段階でシチューに入れたのだが、下茹でした時にキノコの旨味が出てしまったのだろう。最終的に味は、いつものシチューと変わらなかった・・・。残念。ちなみに黒い粒は胡椒です。
posted by 生出 at 21:59 | Comment(2) | 男の料理

2018年09月25日

タマゴダケとカノシタ


 _0246079.jpg

珈琲舎うつわのマスターは、キノコの達人である。タマゴダケとカノシタをいただいた。さてどうやって食べようか・・・。


posted by 生出 at 21:54 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年09月24日

「金婚の歌」入選


 _0246083.jpg

久しぶりに宮森さんの川柳を紙面(福島民報新聞9月23日)で拝見した。今回は「金婚の歌」の特集で入選。芸術の秋を迎え、宮森さんの創作意欲も本格的に始動したようだ。
posted by 生出 at 22:42 | Comment(0) | M's works

2018年09月20日

裏磐梯にて


 _0205462.jpg

今回は裏磐梯の秋元湖近くの林道に入って見た。五色フーズの手前右側に緩やかな上りのダート路がある。終点は1.8キロ先になる。グランデコ・スキー場へアクセスする道に出る。路面は極端なギャップもなく、普通乗用車でも走行は可能。ただし折れた枝が随所に転がっているので路面の確認は怠りなく。

観光客でごった返す時も、この林道に入ってくる車はほとんどいない。喧騒を抜けてちょっと静けさに浸りたい向きには、いいかもしれない。でもバイクやボートのエンジン音は、裏磐梯のどこに居ても割と響いてくるのが現実だけど・・・。

さて、とあるカーブを曲がると、前方に白い影が現れた。そして飛ぶような速さで斜面を駆け上っていく。

 _0205456.jpg

正体はカモシカだった。ちょっと心臓がバクバクした。
posted by 生出 at 22:42 | Comment(0) | クルマ

2018年09月17日

ここから先は行ってはいけない


 _0165240.jpg

林道・倉掛沢線に入ってみた。起点から約1.7キロは舗装された走りやすい路面だ。杉林の続く淡白な風景が続く。幅員が狭いので対向車には気を使う。でも、まず来ないと思っていいだろう(笑)

 _0165228.jpg

舗装路が終わると、微かに轍の残るダートになる。轍以外は草が生い茂る路面。ダートになってから約700メートルほど進むと轍が無くなり、路面状況の確認は車から降りなければできない。

 _0165223.jpg

イヤな予感がしたので徒歩で20メートルほど歩いて見た。けっこう大きな石が草に埋もれるように転がっている。直径30センチほどの倒木も道を塞いでいた。そのまま勢いをつけて走っていたら、間違いなく亀の子になっていただろう。ここから先はいってはいけない。起点から約2.5キロの地点。単独行であれば、この地点での勇気ある撤退を。

ちょっとスリルを味わって見たい方は、ここまで行かなくてもいいので、舗装路の終わるところまで走ってみるのもいいかもしれない。たった2キロちょっとの距離で、日常では味わえないスリルを堪能できると同時に、自分の弱さを客観的に見られるいい機会。魑魅魍魎の類に逢えるかも(笑)
posted by 生出 at 21:49 | Comment(2) | クルマ

2018年09月16日

会津宮下駅14時31分発 会津川口行


 _0165258.jpg

いちどこのポイントで撮ってみたかった。只見川を沿うように走るキハ40系気動車。川霧が出ていれば幻想的で、なおよかったのだろうが、まぁ〜それは仕方あるまい。それにしても不通区間の再開通が望まれる。
posted by 生出 at 22:07 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

2018年09月13日

シマダヤ「鉄板麺」海鮮しお味


 _0105020.jpg

久しぶりに新たな焼きそばが店頭に並んでくれた。このところ品揃えに変化がなく、焼きそばは敬遠していたのであった。で、これを見つけるやいなや即購入した。シマダヤ の「鉄板麺」海鮮しお味である。イカとエビは冷凍物を用意する。あとは冷蔵庫の中の人参、キャベツを使う。

この焼きそばのいちばんのウリは、シャッキリとした細麺の食感のようだ。細麺自体はわからなくはないが、僕の好みで言わせてもらえば太麺でもよかったのではないか?ということ。

やや大ぶりに具材を刻んでしまったので、麺と具材が絡まず、麺を食い終わる段になって、かなり多めの具材が皿に残ってしまった。
posted by 生出 at 22:06 | Comment(0) | 男の料理

2018年09月10日

70ピックアップ


 IMG_23992.jpg

これはとある映画のワンシーン。現実として、こういう人たちも70に乗っている。なんとも複雑な思いに駆られる。
posted by 生出 at 12:45 | Comment(0) | クルマ

2018年09月09日

昭和を感じる場所


 P8314745.jpg

ふらふら歩いていると魅力ある場所に出逢える。消えゆく昭和の風情をいまのうちに記録しておいたほうがいいかな。そうなるとまた福島で飲まなければならない(笑)
posted by 生出 at 22:10 | Comment(2) | 出逢いの妙

2018年09月04日

サンチャイルド


 P8314725.jpg

いま福島でちょっとした騒動があって、それがこの「サンチャイルド」なのである。作者およびその制作意図は以下のとおり。

 _0314714.jpg

原発事故による風評に疲れている県民が多いことも事実。この「サンチャイルド」は2011年に福島空港でお披露目されたのだが、その時は今のような炎上騒ぎはなかった。僕自身、この作品の存在を知ったのは、駅前に設置されてからだった。

結果として「サンチャイルド」は設置反対の批判を受けることとなり撤去されることになった。どんなアート作品であれ、時間の経過が、その存在価値、意義、意味・・・を浮き彫りにするだろう。50年後、100年後のことはわからないが、何事につけ、いまの判断が子孫に笑われないよう、しっかりとしておきたいものだ。
posted by 生出 at 21:50 | Comment(0) | 出逢いの妙

2018年09月02日

朝ドラ、実現なるか!


 P8314740.jpg

福島駅前をふらふらしていたら、古関裕而・金子の朝ドラ実現を!という横断幕が目に飛び込んで来た。古関裕而といえば「六甲おろし」「栄光は君に輝く」「東京五輪オリンピックマーチ」などスポーツ関係の曲を思い浮かべる人も多いことだろう。他に校歌(ほぼ全国にわたっている)、ラジオドラマ、社歌、歌謡曲・・・などなど実に数千曲を作り上げた大作曲家。

東京オリンピックまであと2年。朝ドラ実現としては、なかなかいいタイミングだと思う。朝ドラの主人公は女性なので、妻・金子(きんこ)が見た古関裕而をどう描くか、それとキャスティング、ここがポイントなんだろうね。
posted by 生出 at 21:15 | Comment(0) | 出逢いの妙