2018年07月20日

土用の丑の日


 _0203973.jpg

天気予報は「命に関わる危険な暑さに注意!」と連日警告を発している。辛いことだが、命を落とされた方々のニュースが毎日流れている。この先いつまで酷暑は続くのだろう。気候も極端、そして政治の体制も極端、何もかもがどちらか一方の極へ傾いている。中庸という立ち位置が無くなったとき、この世はどうなるのだろう。

そんなことを考えながらもスーパーへお買い物。今日は土用の丑の日。特設売り場が三箇所も設けられていて、午後7時過ぎには二箇所の売り場がすでに完売。残る売り場で辛うじて手に入れたうなぎである。これで1780円。通常の3倍ほどの値段。

暑さは当分続くようだ。うなぎを食べたからとて夏を乗り越えられる保証はない。何だかんだ言いつつも、ちゃっかり時流に乗っている自分がいる。日頃、流されるのは好きじゃない、などとうそぶいている自分の薄っぺらさがよく見えた瞬間である。購入したのは中国産の養殖うなぎであるからして、これぞ略して「ちゅうよう」?ちと苦しかった。
posted by 生出 at 23:10 | Comment(0) | 男の料理

2018年07月15日

フォーク酒場


 _0143943.jpg

酷暑・猛暑の続く日本列島である。最高気温が何度になるか?天気予報を見るのもウンザリするほどだ。昨夜開かれた第43回フォーク酒場は、暑さにも関わらず、歌うことに熱く燃えたオジさん、オネェさん達が三々五々会場へ足を運んでくる。会場はそんな人が多いものだから冷房がなかなか効かない。けっきょく昨夜は30数名が集まった。

上の写真は午後8時半頃に撮影したもの。午後6時のスタートだから、ようやく2速に入ったあたりだろうか。

 _0143962.jpg

こちらは午後9時半くらい。ようやく3速に入ったあたり。この頃からターボが効き始めるも、ようやくトップギアに入ったのが午後11時過ぎだった。そしてエンジンを切ったのが午前1時というから、皆さん、なんともタフな心臓(エンジン)を持っている。前回は午前2時まではしゃいでしまったので、それぞれ少々自制心が働いていたようだ。75年の「つま恋」のように朝までやるぞ!と内々思っているオジサンがいるのも僕は知っているのである(笑)
posted by 生出 at 23:00 | Comment(0) | 音楽

2018年07月10日

70戻る


 _0103928.jpg

ようやく戻ってきた70である。6月7日に掲載した写真とほぼ同じ位置で撮影をした。判りづらいかもしれないが、ノーマル比で車高が6センチほどアップした。

リーフリジットの場合、純正以外の板バネを装着した場合や車高が少しでも変わると構造変更をする必要がある。なので正しく車検を受け、下の車検証のとおり「改」をいただかなければならない。これで公道を気兼ねなく走れる。

 _0103935.jpg

旧車を永く乗ろうとすると、なにかと苦労が絶えないものだ。
posted by 生出 at 12:59 | Comment(0) | クルマ

2018年07月07日

カレーパスタ


 _0073907.JPG

珈琲舎うつわの裏メニュー「カレーパスタ」である。テレビ番組「秘密のケンミンショー」で会津若松の「カレー焼きそば」は、一気に全国に知られるところとなったわけだが「カレーパスタ」の存在は殆ど知られていないのが実情だ。

あちらは口にしたことはないが、カレーパスタは僕の中では喜多方の味なのである。ラーメンも焼きそばもいいのだろうが、僕は断然こちらをお勧めしたい。

もしマスターに時間的な余裕があるときは、食事をする目の前でマスターの弾き語りを生で聞くことが出来る。どうですか、いちど。メニューには載っていないが「生出が食べていたカレーパスタを」と言えば問題なくオーダーに応えてくれる。
posted by 生出 at 23:16 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年07月06日

福島大学写真部 『写真展2018』開催


 img018.jpg

明日7月7日(土)〜8日(日)午前10時〜午後7時(8日は午後5時まで)、福島大学の写真展が開催されます。
場所は福島県文化センター(とうほうみんなの文化センター)3階展示室です。

若い感性に触れて刺激を受けましょう!
posted by 生出 at 21:14 | Comment(2) | 写真展・絵画展など

2018年07月05日

新型ジムニー見参!


 IMG_1806.jpg

今日7月5日は、新型ジムニー・ジムニーシエラの発売が開始された日である。福島市内を走行中に前を走るクロカン車を発見!よもやと思い近づいてみると・・・。新型ジムニーシエラであった。

角ばった昔ながらのスタイルではあるものの、古さは微塵も感じない。どの車のデザインも丸くなっていく中で、敢えて直線を基調としたボディラインにしたのは大正解だと思う。異彩とまでは言わないが独特のオーラを放っていた。10年後、必ず乗ります(笑)
posted by 生出 at 21:44 | Comment(0) | クルマ

2018年07月03日

ふたたび樽口峠へ


 _0013888.jpg

飯豊連峰が見たくなったので、今期二回目の樽口峠であった。だいぶ雪も溶けていた。でも稜線にはまだまだたっぷりの残雪である。最後に飯豊に入ってから、すでに10年くらい経ってしまっただろうか。焦る気持ちを抑えながら、お山を眺めたのであった。

 _0013895.jpg
posted by 生出 at 12:43 | Comment(0) | クルマ