2018年01月21日

長谷川富王 写真展『水音』


 hasegawa-san-koten.jpg

上記日程で写真家長谷川富王さんの個展が開催されます。皆さま、ぜひお越しください。
posted by 生出 at 12:56 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2018年01月18日

40回目の入選


 _0160337.jpg

入選が遂に40回目となりました。宮森さんおめでとうございます。

 軍事費に 暮らし予算が 飲み込まれ

ささやかな日々の暮らしは、事が起きてしまうと風前の灯。そうならないために日々政治に対して目を光らせておかなければなりません。軍靴の音が聞こえはじめてきたら要注意。被害を被るのは決まって市井の人々なのだから。


posted by 生出 at 08:18 | Comment(0) | M's works

2018年01月17日

すごいぞ!ニコン!!


 _0160371.jpg

どんな製品にも取扱説明書があるわけで、たいてい1ページ目には「本製品を末永くご利用くださいますよう・・・」的な一文がある。デジタルカメラにも当然その一文を目にする訳だが、次から次に発表されるデジカメの場合、末永くとはいったいどのくらいの期間なのか・・・。メーカーとしては新製品が出るたびに買い替えてくれる優良ユーザーが増えてくれることが望ましいのだろう。それが増収増益につながり企業が末永く存続する大きな鍵になる。

製造中止になったカメラは、一定期間を過ぎれば修理不能でお払い箱である。下取りでも買い取りでも二束三文。やはり新しいカメラを買うしかないのだ。そんなサイクルに、いつのまにか慣らされてしまっている。

そんな中で一石を投じるかのようなニュースを耳にした。期間限定ではあるがニコンが旧製品、それもF、F2、F3、ニコマートなどのメンテナンスを行うというのである。ニコンの心意気に拍手を送りたい。詳しい情報はこちらで確認してほしい。

それにしても機械式カメラは美しい。
posted by 生出 at 08:43 | Comment(0) | フィルムカメラ

2018年01月16日

奇跡の一本松


 _0150312.jpg

先月27日、鹿島町の「奇跡の一本松」がついに伐採されてしまった。かつて3キロにわたって広がっていた松林の中で、ただ一本だけ残った奇跡の松。高さは約25メートル、樹齢は約100年だったという。この地区では70戸の住宅が津波で流され、54人が尊い命を落とした。それだけに地元住人にとっては大きな心の支えとなっていた。

切り株の向こうに見えるのは風力発電の風車。この一帯は太陽光、風力発電の拠点となるようだ。あと数ヶ月もすると、これまでの面影を探すのが難しいくらい風景が変わるのだろう。
posted by 生出 at 08:50 | Comment(0) | 出逢いの妙

2018年01月12日

最近の宮森さん


 _0110280.jpg

つい先日、ひさしぶりに宮森さんとお会いした。お店を閉めてから堰を切ったように新作が浮かぶのだそうだ。人生、誰にでも浮き沈みはあるものだ。めげてしまえばそれっきり。どんな状況であっても創作活動は続けてほしいところだ。創作するということは、エネルギーがまだまだあるということに他ならないのだから・・・。
posted by 生出 at 08:45 | Comment(0) | M's works

2018年01月11日

猛吹雪


 L1150336.jpg

一昨日の晩の土湯峠である。長いトンネルを抜けると・・・そこは吹雪、吹雪、雪の世界!であった。こうやって写真を見てみるとそれほどでもないように見えるのだが、前を走る車がいないとストレート、カーブの判断は難しい。先頭車両はきっと緊張しながらハンドルを握っていたことだろう。
posted by 生出 at 08:13 | Comment(0) | クルマ

2018年01月10日

39回目の入選


 _0090222.jpg

宮森さん、39回目の入選です。このところ創作活動に火が点いたようで、次から次へと新作が生まれています。50回まで、もう一息ですね。

 寂々と 一人コタツで 除夜の鐘

アパートの一室、そして小さなこたつで丸くなっている。誰にも侵されない自分だけの空間。微かに聞こえてくる鐘の音に、ふとこれまでの人生を振り返ってみる・・・。炙ったスルメに熱燗が沁みる。
posted by 生出 at 08:39 | Comment(0) | M's works

2018年01月09日

手打ちチャーシューメン


 _0080218.jpg

馴染みの店、第三弾はあたごや食堂である。今年お初は手打ちチャーシューメンをチョイス。食後は、もちろん満足という言葉しかない。

考えてみると(別に考えなくてもだけど)・・・僕にとって珈琲舎雅、うつわ、あたごや食堂、居酒屋だいじょうぶの4軒があればいいのである。これまでに写真の店みやもりをはじめ、諸事情により看板を下ろした店はいくつもある。そのたびに無念な思いはしたものの、馴染みの店の代用はないのである。

新しい店との出逢いを求めつつも、この4軒とは末永くお付き合いが出来ればと願っているのである。
posted by 生出 at 08:24 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年01月05日

珈琲舎雅、本日より営業


 _0040210.jpg


昨日の昼、いつもの習慣で・・・無意識のうちに珈琲舎雅の扉の前に立っていた。暮れに年明けの営業のことを聞いたにも関わらずである。思わず苦笑い。珈琲舎雅の営業は本日からです。
posted by 生出 at 08:33 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年01月02日

謹賀新年


 _0020199.jpg

皆様、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

今日は正月2日目、遅めのご挨拶となりました。珈琲舎うつわも本日から通常営業です。我が家には正月らしい飾りもないので、うつわの入り口をお借りしました。

今年こそ世界が本当に穏やかになって欲しいものだけど・・・。
posted by 生出 at 22:25 | Comment(0) | 馴染みの店