2016年09月30日

Universal Camera Corp. Mercury II


 marcury2-1.jpg

米国製カメラ「Univex Mercury II」は1945年に製造された。ひと目会ったその日から(パンチDEデート・・・古っ!)ではないが、そのデザインはユニーク且つ大胆で、強烈な個性を誇示している。否が応でも目に飛び込んでくるのが、上部の半円形の部分である。まるで羽根を広げたクジャクのようではないか。羽根には何やら数字がごちゃごちゃ・・・と。

 marcury2-2.jpg

この表は深度表であって・・・たとえば距離(目測)を10フィート、絞りを5.6に合わせた場合、表の上段Dの10'、同じくfの5.6から導き出されるのは・・・6'から30'までが被写界深度ということになるわけである。

1フィートは30.48センチなので、概ね1.8メートルから9メートルの間にピンが来る・・・のである。実はこのカメラ、レンズ交換が可能で、他に数本(75ミリ、125ミリ・・・)のレンズが用意されていたようだ。レンズを交換した際、この表は・・・役立たつのかな(笑)

 marcury2-3.jpg

ボディ背面には円盤状の表がある。これは露出表である。う〜ん、どうやって合わせるのだろう?見るのが面倒くさい(笑) というか、表を見ながら露出を算出している間に、シャッターチャンスを逃してしまう・・・気がするのだが・・・。

 marcury2-4.jpg

さて、このカメラは実はハーフ判なのである。裏蓋を開けてみると、ご覧のように18×24ミリのフォーマットであることがわかる。なのにボディの大きさは35ミリフルサイズと同等だ。カメラに搭載されているのはロータリーシャッターと呼ばれるもので、これは円盤状のシャッターを回転させるというユニークなアイディア。なるほど、だからクジャクの羽根が必要だったのだ。

ボディはアルミダイキャスト製で、手にした印象は一般コンシューマー向けではなく、米軍御用達?と思わせるほど作りがしっかりしている。太平洋戦争が終わった年に生まれたこのカメラ。国力の差は、こんなところにもあった訳だ。
posted by 生出 at 20:48 | Comment(0) | フィルムカメラ

2016年09月27日

Acoustic Paradise


 acoustic-paradise.jpg

2005年、マーチンD28を購入し、少しずつインストの世界にのめりこんでいく中で出会ったのが、このアルバム、中川イサトの「Acoustic Paradise」だった。2006年リリースされたアルバムで、プロデュースは同じくギタリストの丸山ももたろう。

中川イサトのキャリアは半端なく永い。「五つの赤い風船」で西岡たかし等と共に活動した後、ミュージシャンのサポート、共演はあまりにも多すぎて、すべて把握するのは不可能だ。手元にあるCDを何気に見てみると岡林信康、加川良、高田わたる ・・・などなど錚々たる面々である。サポートのみならずソロとしての活動も精力的に行っている。東の石川鷹彦に対して西の中川イサトと称する人もいる。あの押尾コータロー、岸部眞明の師匠でもある。ミスターギターマンの異名すらある。

本作は全7曲で、うち4曲が丸山ももたろうとのデュオで、ソロの演奏は3曲。収録時間が25分弱なので、やや時間に関しては物足りなく感じる。1曲目の「Chotto Tropical(ちょっとトロピカル)」から、アコギサウンドの好きな人なら、きっと気に入ってくれるに違いない。明るく軽やかで、且つ広がりのあるサウンドである。はじめて聞くのに口ずさみたくなるようなメロディー。

4曲目、6曲目の「The Water is Wide」「Georgia on My Mind」はスタンダードナンバーとして馴染み深いが、そこはさすが中川イサトである。オリジナルの持つエッセンスを活かしつつ聴き応えのある名演。ちなみにライナーノーツは押尾コータローが一筆啓上している。
posted by 生出 at 21:57 | Comment(0) | 音楽

2016年09月26日

Unplugged 1994


 eagles-unplugged1.jpg

1994年4月24日、MTVのアンプラグドライブのために再結成されたイーグルス。その模様はアルバム『Hell Freezes Over』にまとめられた。『Unplugged』は収録2日目(4月25日)を編集無しでセットリスト順に収録されている。収録時間は131分、CD2枚分で、『Hell Freezes Over』とダブる曲はあるものの、ライブ感はこちらの方に軍配が上がる。

 eagles-unplugged2.jpg

ウエストコーストの代名詞的な存在のイーグルス。人気のピークは70年代であったが、いまでもファンは多い。

2014年2月20日、拙ブログで『Hell Freezes Over』を紹介したが、彼らの音作りはハズレが少ない。発表するアルバムは、どれも名盤と云われるほどで、まだまだ未発表の音源はあるだろうから、これからも新たなアルバムとして世に出ることを切に望むところである。
posted by 生出 at 12:41 | Comment(0) | 音楽

2016年09月23日

オムライス


 An-omelet-stuffed-with-fried-rice.jpg

ひさしぶりにオムライスを作ってみた。このところ創作意欲が、あまり湧かない(笑) 今回のキモは・・・チキンライスを卵で包む際、丼を使ったというところである。どういうことかと云うと・・・表面にうっすらと半熟状態の残る卵を、そぉ〜っと丼に移動させる。そこにチキンライスを入れる。こうすると比較的ライスが包みやすくなる。丼の形状からして、どうしても形が丸くなってしまうけど仕方ない。

上から皿をかぶせ、ひっくり返せば、はい、出来上がり。本来はフライパンの上での作業なのだろうが、僕にはそのスキルがないので、苦肉の策として編み出した素人的な技(?)であった。でも案外それらしく見えたので、よしとしよう。
posted by 生出 at 12:41 | Comment(0) | 男の料理

2016年09月18日

栗林写真工業カロロン


 karoron-1.jpg

1949年発売のカロロンである。栗林写真工業(ペトリカメラ)が製作した6×4.5の中判スプリングカメラだ。携行時はコンパクトに折りたたむことが出来る。

 karoron-2.jpg

前蓋を開けレンズ部を引き出すと、所定の位置にカチャっと小気味良くセッティングされる。この種のカメラはスプリングカメラと呼ばれていて、一時期、フォクトレンダーやスーパーイコンタなど人気を博したカメラがあった。

 karoron-3.jpg

露出、ピント合わせのすべてが撮影者にゆだねられている。レンズ先端部を回してピント(目測)をあわせる。レンズはオリコン75ミリ、開放F値は3.5、シャッターユニット(B、1〜1/200)はカーペルというペトリ社ブランドである。

 karoron-4.jpg

なんともレトロチックなデザインと構造だが、つい数年前まで僕がメインで使っていたシノゴと細かい部分は違うものの、まぁ〜基本的には同じなので、僕としては違和感無く接することが出来る。ただし「カロロン」という機種名だけは、なんとかならなかったのかなぁ〜と感じている。何か深〜い意味があったのだろうか?
posted by 生出 at 22:56 | Comment(2) | フィルムカメラ

2016年09月16日

33回目の入選


 33th-winning.jpg

 往く夏や 孫と遊んだ 夢花火

あれほど暑かった夏も、いまはむかし。気が付けば秋と云う季節に入れ替わっている。夏休みに帰省した息子夫婦、小学校に上がったばかりの孫。

うるさいくらい自分にまとわりついていた孫も、帰ってしまうとさびしいもので、晩酌をしながら、孫と遊んだ時間をしみじみと味わっている。

着火した花火は鮮やかな閃光を放ち、暗闇の中に嬉々とした孫の顔がうかびあがる。

「あの花火は一瞬だったけど、孫にはずっとずっと忘れてほしくない時間だ」と三杯目のお猪口を口に運びながら、しみじみと味わう。ふと自分の子供の頃を思い出す。「人生は思うほど、長くはないんだな。すべてが夢のようだ」

 miyamorisan.jpg

32回、33回と「夢」という言葉を使った作品が続きました。さて次はいかがでしょう?最近、新聞の文芸欄を見るのを楽しみにしている人もいらっしゃるようです。
posted by 生出 at 08:26 | Comment(0) | M's works

2016年09月14日

吉田拓郎ライブ コンサート・イン・つま恋'75 Live


 tsumagoi1.jpg

リゾート施設「つま恋」(静岡県掛川市)が営業を終了するというニュースが飛び込んできた。「つま恋」といえば1975年に吉田拓郎とかぐや姫のオールナイトコンサートが行われた伝説の場所である。

当時、僕は中学二年生。情報網はいまとは比べるまでもないが、それでも「拓郎がとんでもないことをやるらしい」くらいの情報は耳に入っていた。このコンサートが終わってから、数ヵ月後だと記憶しているが、FM東京で二晩にわたって「つま恋」の特番が組まれた(パーソナリティは‘あなたのモコ’の高橋基子さん)。ベランダに置いた「ナショナルMac−ff」にTDKの120分テープをセットし興奮しながら録音をした。なぜベランダにラジカセを置いたかというと、当時住んでいた宇都宮市鶴田町付近では夜にならないとFM東京がクリアに受信できなかったからである。ラジカセの置く向きも慎重に調整しないと、すぐに雑音が入った。

番組は一晩目が拓郎、二晩目がかぐや姫で、録音したテープは後日、同級生に貸して、そこからダビングが繰り返されたようだった。120分テープは片面が60分の録音なので、結局いずれの番組もあと少しで最後の部分が録音できず、地団太踏んで悔しがった僕であった。

 tsumagoi2.jpg

さて、時は流れ2005年、つま恋コンサートの模様を収めたDVDが販売された。もちろん即行で買った。CD版は2012年に販売。しかしCD版は拓郎の11曲だけで、入っている曲もDVDの中からの抜粋。数が多ければいいというものではないが、伝説のコンサートを1枚のCDにしてしまうというのは、諸々の事情はあるのだろうが、いかがなものだろう?せめてFMの特番で流した「私の足音」は選曲してほしかった。

参考までにあの夜歌われたのは・・・拓郎が60曲、かぐや姫26曲、山本コウタローとウィークエンド6曲、かぐや姫解散直後とういうことで、メンバーそれぞれのステージで、こうせつが9曲、風5曲、山田パンダ3曲・・・計109曲だった。

リゾート施設として開設してから42年、75年のつま恋コンサートから41年・・・音楽イベントの聖地に幕が下りる。さびしい限りである。
posted by 生出 at 12:40 | Comment(0) | 音楽

2016年09月13日

マミヤ16オートマチック


 16auto-1.jpg

和34年)に発売された所謂ポケットカメラである。フィルムは機種名にあるように「16ミリ」フィルムを使う。画面サイズは10×14ミリで、1972年に登場したコダック規格の110(ワンテン・・・13×17ミリ)フィルムよりも小さな画面サイズである。どちらも専用のカートリッジ式フィルムを使う。残念ながらマミヤ−コダックのカートリッジに互換性はない。

マミヤ16シリーズは1949年に誕生し、マミヤ16EEデラックス(1962年)まで7機種が製造された。「オートマチック16」は同シリーズとしては初めて外部式露出計(セレン光電池式)を内蔵した機種で、小さなボディにカメラとしての機能をギュッと詰め込んだ感じで、機械仕掛けのフォルムは見ているだけで惚れ惚れする。手にしたい!という願望が芽生えてしまうと人は都合のいい「屁理屈」を考えはじめる。

 16auto-2.jpg

毎日使うものではないが、何かの際に活躍するのではないか・・・ありもしないシーンの中で「持っていてよかった」と、このカメラを撫でる自分の姿を想像するのである。次第に脳内に「幸せホルモン」といわれるセロトニン(違ったかな?)が分泌され、いっときであるが至福に包まれる・・・これをひとは「妄想」と云うのである(笑) おもちゃ屋さんの窓越しに、指をくわえて欲しいおもちゃをじっと見つめる・・・子供と同じである。

残念ながら、このカメラは知り合いが所有するものなので、ブログ用撮影の僅かな時間だけしかお付き合いできなかった。

 16auto-3.jpg

携行時、ファインダーは折りたたむ。撮影時は起こすのだが、その様はさしずめ潜望鏡である。後ろから見た姿はニコンF2用のモードラMD2をコンパクトにしたようだ。ロックレバーはレンズカバーを兼ねている。閉じているときシャッターは切れない。FILTERレバーをスライドさせると内蔵されている「黄色」フィルターがセットされる。このあたりのギミックはたまらない。露出計はTTLではない。本体でセットしたシャッター速度と同じ値を露出計側の速度指標も合わせる。すると(精度はともかく)適正な絞り値がセットされ、これで撮影準備が完了。そうそう、ピントは目測なので撮影者の感覚で合わせる必要がある。自分の距離感覚が試されるので、これはこれで楽しい。

 16auto-4.jpg

セレンやCdsの露出計は、経年劣化が激しいので適正露出を決めうちするのは難しい・・・。でも順光、逆光など様々なシーンを経験すると露出計の癖は、ある程度つかめるので、まぁ〜がんばって撮影を続けることが必要だろう。その前に・・・すでにこのカメラ用のフィルムカートリッジが手に入らないという大きな問題が立ちはだかってはいるのであった・・・。
posted by 生出 at 22:39 | Comment(0) | フィルムカメラ

2016年09月11日

阿部有里子個展


 yuriko-abe.jpg

銅版画家・阿部有里子さんの個展が開催されます。寓話感あふれる魅力ある表現をぜひご覧ください。なお阿部さんのサイトはこちらになります。
posted by 生出 at 20:42 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2016年09月08日

フロントグリル交換


 70-2.jpg

我70は、平成8年式なので、今年で丸20年をむかえたことになる。昨年、ボディの錆た部分の修繕を行ったのを機に、月に一回くらいのペースでワックスがけをしている。しかし以前から気になっていたのはフロントグリルの劣化であった。上の写真が交換前である。写真ではわかりづらいが、塗装が剥離しはじめ、一部下地が露出してきた。

 70-1.jpg 

今回、思い切って交換をしたのであった。70に光物などの虚飾は不要なので、どうせならと消防自動車仕様のグリルをチョイス。メッキ塗装のされていない地味なタイプで、取り付け後のスタイルは、いかにも道具っぽくて気に入っている。えっ、わからない?それが普通の感覚なのでご心配なく。

 70-3.jpg
posted by 生出 at 08:40 | Comment(0) | クルマ

2016年09月06日

Let's Go!!!


 depapepe-lets-go.jpg


アコースティックギターデュオ「Depapepe」のメジャーデビュー作「Let's Go!!!」 このアルバムが発表されてから、もう11年が経つ。インストゥルメンタルの作品としては、日本の音楽史上初のオリコンベスト10に入ったアルバムで、当時かなり話題になった。売り上げ枚数は15万枚を超えた。「Depapepe」は徳岡慶也と三浦拓也の二人が2002年に結成、インディーズ時代に創った3枚のアルバムでさえ10万枚の売り上げがあったという。

いまやTV番組のオープニング、エンディング、天気予報のBGM、CM、キャンペーンソング・・・などなど、きっと彼らの曲を耳にしない日はないのではないだろうか。

爽やかで、明るくて、元気がよくて、耳障りがよくて・・・もしこれからアコギをやろうという方がいたら、まさにお勧めの一枚。ハードルは高いだろうが、彼らを目標にはじめてはいかがだろう。ちなみにスコアも用意されているので、ぜひ。
posted by 生出 at 08:17 | Comment(4) | 音楽

2016年09月05日

オリンパス35


 olympus35-1.jpg

戦後まもない昭和23年、オリンパス35T型が発売された。オリンパスのサイトによると・・・「小型、軽量」「速写性」という2つの目標を具現化したカメラです。「巻いて(フィルム巻き上げ)、掛けて(シャッターチャージ)、押す(シャッターボタンのレリーズ)」 という簡単な3つの操作で、すばやく撮れるオリンパス35I は、絶大な人気を博しました・・・とある。

 olympus35-2.jpg

オリンパス35はバリエーションがいくつかって、写真のカメラは、おそらく35Wa型(昭和28年)だと思われる。コンパクトなボディは、ポケットに収めるのには都合がいい。そしてなによりいいのは、ブラックに塗装されたボディである。塗装は持ち主が自ら行ったというから、世の中には器用な人がいるものである。一目見て「カッコいい〜!」と思った。

 olympus35-3.jpg

発売当時、ブラック塗装はなかっただろうから、オリジナリティはかなり高い。引き締まったボディは所有欲を大いに刺激する。白ボディと並べてみると格好良さは抜きん出ている。
posted by 生出 at 08:17 | Comment(0) | フィルムカメラ

2016年09月02日

病院食


 the-hospital-food.jpg

昨年同様、二泊三日で病院であった。身体をひっくりかえさりたり、裏返しにされたり、輪切りにされたり・・・と好き放題いじられてきた。まぁ〜とりあえずはギリギリセーフということで、無罪放免となった次第である。検査が終わり、ご褒美の食事がこれであった。病院食の割には塩っぱく感じたのだが・・・。
posted by 生出 at 07:51 | Comment(0) | その他

2016年09月01日

九月


 201609.jpg

おととい(8月30日)、観測史上初めて東北太平洋側への上陸した台風10号。残念なことに、またもや甚大な被害が出てしまいました。大雨の中、私は車を北に走らせていました。冠水した路面に幾度もハンドルをとられ、ヒヤヒヤしながらの運転でした。

夕方近く、なんとか仙台に到着しましたが、なんと当地は晴れ間がのぞきはじめ、荒れ放題の天候が嘘のように穏やかに。ほんとうに極端な変わりようでした。長い自然との付き合いの中で培ってきた経験則は、もはやアテになりません。すでに台風12号が奄美、九州地方に迫りつつあります。何事も無く過ぎ去ってほしいと願っていますが・・・。

さて9月、関東地方では今日から新学期が始まったようです。自分が小学生だった頃、9月に入る前に、ひまわりは種を付けていたように記憶しています。知り合いの飼っていたシマリスが、おいしそうにヒマワリの種を食べているのを見て、僕も庭のひまわりから種を取ってきて、おやつ代わりにした・・・そんなむかしむかしの記憶が甦りました。

posted by 生出 at 21:29 | Comment(0) | M's works