2015年08月28日

オリンパスOM-4


 om4-1.jpg

OM−1(72年)、OM−2(75年)を世に出してから、オリンパスは後継機種については久しく沈黙を続けていた。OM−1、2共に一部仕様を追加したり、新たにOM二桁シリーズ(OM−10、20)を発表をしたりもしたのだが、なかなか後継機種を出さないオリンパスに、ファンは日々悶々とした思いで過 ごしていた。良く云えばオリンパスは「わが道」を歩んでいる感はあったのだが・・・。

そして突如としてOM−4がアナウンスされたのであった。1983年10月のことだ。OM−2から数えること実に8年の時間が流れていた。3ではなく4を先に送り出したのはオリンパスの何らかの戦略があったのだろう。

 om4-2.jpg

最大の特徴は被写体の任意の箇所(最大8箇所)をスポット測光するとカメラが自動で適正なシャッター速度を演算するところにあった。そして白を白く、黒を 黒く表現するための「HI.LIGHT」と「SHADOW」ボタンがあり、スポット測光と併せて単体の露出計並み、いやそれ以上の評価を得たようだ。

ボディは防塵、防滴機能も兼ね備えていたように記憶している。OM−1、2のアクセサリーの互換性、巻き戻しも自動になったモータードライブ、ファインダーの視度調整も可能等、フラッグシップ機としての貫禄は十分であった。確かこの後(同時だったか?)に250ミリ(開放F値2)、350ミリ(同F2.8)という高性能レンズも加わった。ちょうど 一年後の84年にはOM−4からオート機能を取り除いたOM−3も登場し、オリンパスシステムは一機に飛躍&充実した。

 om4-3.jpg

しかし85年にはミノルタからα7000が登場し、時代は一気にオートフォーカス化へと突入。オリンパスは大きく水を開けらることとなったのであった。
posted by 生出 at 08:07 | Comment(0) | フィルムカメラ

2015年08月26日

ザ・ナガミネバンド


  nagamine-b8.jpg  nagamine-b2.jpg  nagamine-b5.jpg  nagamine-b7.jpg

  nagamine-b6.jpg  nagamine-b1.jpg  nagamine-b3.jpg

先週の日曜日、ひまわり畑で有名な喜多方市の三ノ倉高原で知り合いのバンド演奏があった。バンド構成はご覧のとおり。あいにくの天気だったが、演奏は熱かった。そしてうまかった。何よりも奏者の方ひとりひとりが楽しんでいるのが伝わってきてこちらもいつのまにか音楽に合わせてリズムを取っていた。リズムに乗りながらの撮影もまた楽しいものである。
posted by 生出 at 08:15 | Comment(2) | 音楽

2015年08月24日

アトリエにて


 atelier.jpg

月日は流れ昨年の12月上旬以来の訪問となった画家ヒルタノリカズ氏のアトリエである。前夜はお約束の痛飲で、翌朝はぼぉ〜っとした頭で迎えるのが常である。早起きの氏はそんな僕を横目にさっそく筆を走らせる。アトリエにはマッキントッシュを中心としたオーディオが鎮座している。ビル・エバンスが静かにピアノを弾きはじめる。エバンスが音を紡ぐように画家は心の情景をキャンバス上に重ねていくのである。
posted by 生出 at 08:19 | Comment(2) | 出逢いの妙

2015年08月21日

キヤノンAE-1program


 ae-1p1.jpg

連写一眼「AE−1」の大ヒットした5年後(1981年)に、同機の後継機として登場したのがキヤノンAE−1programであった。機種名を見ればわかるように機能的にはAE−1のシャッター速度優先オートにプログラムオートが追加された。A−1で好評だったパームグリップ、モータードライブMAも装 着できるようになった。下の写真を見れば両機が兄弟であることがうかがえる。

 ae-1p2.jpg

 ae-1p3.jpg 

ペンタプリズムの形状もどことなくA−1に似ている。ファインダー内の表示は暗いところでも見えるよう発光ダイオード?で絞り値が 赤く輝く。

このカメラをAE−1が発展したと見るか、はたまた多機能A−1の簡易版と見るか・・・まぁ〜どちらにせよキヤノンのいわゆるAシリーズはAV−1、AL−1とバリエーションを増やし、次のTシリーズへと展開し、そしていよいよEOSをむかえることになる。開発の内情はわからないが、キヤノンのながい歴史の中でAシリーズの貢献度はかなり高いものだろう。
posted by 生出 at 07:43 | Comment(0) | フィルムカメラ

2015年08月19日

23回目の入選


 23th-winning.jpg

しばし入選から遠ざかっていた宮森さんであったが、久しぶりに「入選しました!」との報をいただいた。それもトップ入選である。選者の評はトップにしか付かない。掲載日の日曜日、まっさきに見るこのページを、宮森さんは下から上へと目を移すのだとか。ご自身が上位に入ることなどは想定していないのだろう。なんとも奥ゆかしいではないか。

なかなか入選しないことに肩を落としているようにも見受けられたが、踏ん張ってやり続けたからこそのトップ入選である。

 mr-miyamori.jpg

このように店の奥にいる時はたいてい新作を考えているようだ。ノートにはびっしりとネタが書き込まれていて、お客さん同士の会話の中からひっかかる言葉があると即座に書き留めることもある。なかなか出来るものではない。尊敬に値すると思っている。
posted by 生出 at 08:48 | Comment(2) | M's works

2015年08月18日

キヤノンRM


 canon-rm-1.jpg

ペンタプリズムが沈み込んだような独特なフォルムが印象的なキヤノンRM。発売されたのは1962年であった。

このカメラを見てすぐに連想したのが初代ウルトラマンに登場した「棲星怪獣ジャミラ」であった。怪獣とあるが実は元宇宙飛行士。乗っていた宇宙船が故障し、とある惑星(金星?)に不時着。この惑星は水のない過酷な環境であったが、ジャミラはこの環境に順応した身体へと変異する。

彼の祖国は国際批判を恐れ、事故そのものを隠蔽。いずれは救助に来てくれるだろというジャミラの期待は裏切られた。期待は落胆から恨みへと変わりジャミラは復讐の鬼と化す。

自ら宇宙船を直し自分を見捨てた地球に復習するために帰還を果たしたジャミラは大暴れ。結果、多くの人命が奪われる。ジャミラを倒そうと科学特捜隊は奮闘するも1000万度(いったいどんな温度?)の火を放つジャミラは手ごわい。闘いの最中、ジャミラが元宇宙飛行士であることを知ったイデ隊員がこう言い放つ。「俺はやめた。ジャミラは人間じゃないか」。しかし特捜隊のパリ本部は「彼は人間ではなく怪獣である。ジャミラを倒せ」と命令を下す。なおも暴れるジャミラにイデが叫んだ。「お前は人間の心を失ってしまったのか!」。一瞬ジャミラの動きは止まる。しかし彼の復讐心が消えることはなかった。更に破壊を続けるジャミラ。

そしてお約束、ウルトラマンの登場である。ジャミラ唯一の弱点は水であった。ウルトラマンは手から水を放つ(いったいどんな構造になっているの?)。水を浴びたジャミラはもがき苦しみ、やがて絶命する。惑星に不時着したときに、きっと欲したであろう水が弱点になってしまったのはなんとも皮肉なことだ。

埋葬されたジャミラの墓碑には「地球の英雄ジャミラ、ここに眠る」の文字が刻まれた。その墓碑を見つめるイデ隊員がこうつぶやく。「いつだってそうだ、言葉だけは立派だ」。
国家に翻弄され数奇な運命を辿った人間は山ほどいる。そして残念なことだが・・・これからもそういう人間が出ることは火を見るよりも明らかなのである。

ウルトラマン第23話「故郷は地球」、子供番組にしては深いテーマを扱ったなと思ったのであった。

 canon-rm-2.jpg

そうそうキヤノンRMだがスペックなどはこちらをご覧ください。

posted by 生出 at 08:28 | Comment(4) | フィルムカメラ

2015年08月17日

川名和夫写真展


 kawana-san.jpg

郡山市在住の写真家「川名和夫」氏の個展が開催されます。会場はこちらになります。なかなか素敵なギャラリーです。氏が表現した幽玄なブナの世界をぜひご堪能ください。
posted by 生出 at 12:41 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2015年08月13日

小さなステージ


 match-box.jpg

アンバー系の店内は、それだけで落ち着くというものだ。壁にはこれまでライブ出演したミュージシャンのサインが貼られている。ステージに置かれているのはAriaのギター。おもむろにギターをかかえてブルースなんかを奏でてみようか、なぁ〜んて思ったのだが、酔いが回りすぎたので大人しくしていたのだった。

福島市置賜町のMATCH BOXへぜひどうぞ。
posted by 生出 at 22:33 | Comment(0) | 馴染みの店

2015年08月12日

病院食


 The-hospital-food.jpg

毎年この時期に人間ドックを受けている。今年も二泊三日の日程で受診してきた。結果、所見無しということで一安心。受診後出されたのが、この定食である。味付けは当然のことながら薄味。しかし見た目以上に量は多かった。なのでデザートのヨーグルトまで手が出なかった。もし毎食この量を食べたとしたら・・・来年は要再検査になるだろうな、と思ったのであった。
posted by 生出 at 07:39 | Comment(2) | その他

2015年08月07日

紙上句会


 ku-kai.jpg

宮森さんの句が福島民報「第54回紙上句会」に入選を果しました。赤枠が宮森さんの作品です。
折しも8月、平和について様々な思いが巡る月です。自然環境は少しずつ変わっていきます。それも困りますが平和と云う概念だけは大きく壊れないでほしいものです。

 shitarigao-miyamori-san.jpg

平和だからこそ、様々な表現を創ることも出来るし、素晴らしい作品に触れることも出来るわけです。
posted by 生出 at 07:24 | Comment(0) | M's works

2015年08月06日

そもそも


 somosomo.jpg

珈琲舎雅へお邪魔した際にマスターから「今度、このようなものを創りまして」と手渡されたのが、市民雑誌「そもそも」であった。

「もともと福島にあるものを見直し、再発見しながら、地域や歴史、文化と人、街の風景を「人」「場所「事」「物」のカテゴリーで取り上げ紹介します。新たな福島の魅力を発見出来る情報を、自分たちの手で楽しく発信することが目的です。」とある。

こちらは創刊準備号ということで7月10日に発刊されたばかり。皆さん、ぜひ手に取ってご覧ください。一冊300円(税込み)となります。

取り扱い店は以下のとおりです。

・PICK-UP(福島市)
 〒960-8033 福島県福島市万世町4-28 TEL/FAX 024-531-6355

・BarnS(福島市)
 〒960-8011 福島県福島市宮下町18-30 TEL/FAX 024-533-6553

・OPTICAL YABUUCHI(福島市)
 〒960-8041 福島市大町9-21 TEL 024-522-2659

・珈琲舎 雅(福島市)
 〒960-8112 福島市花園町7-11 TEL/FAX 024-536-8688

・あんざい果樹園(福島市)
 〒960-2261 福島市町庭坂字原ノ内14 TEL 024-591-1064

・HAS A SCALE(福島市)
 福島市旭町8-23 TEL 024-529-5297

・うさぎや(福島市)
 〒960-8041 福島県福島市大町3-10 024-522-2532

・Small Town Talk(郡山市)
 〒963-0111 郡山市安積町荒井字荒井12 TEL 090-5848-1490

・La Vida(ラ・ビーダ)
 〒963-0541 福島県郡山市喜久田町堀之内字地田東15-2 024-959-3333

・布と鉄 omoto(いわき市)
 omoto@nunototetsu.com

・Hair & Clothing KONRON(仙台市)
 〒980-0811 仙台市青葉区一番町1-5-16 SE BLD.1F TEL 022-265-1669

・火星の庭(仙台市)
 〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-14-30 TEL 022-716-5335

・marilou(新潟市)
 〒951-8124 新潟市中央区東中通1番町86-28 サカイビル1階 TEL 025-228-0470

・北書店(新潟市)
 〒951-8124 新潟市中央区医学町通2-10-1 ダイアパレス医学町1F TEL 025-201-7466

*冊子購入と販売取扱についてのお問合せは、市民雑誌「そもそも」の会事務局へ
 〒960-8112 福島市花園町7-11 珈琲舎雅内 TEL/FAX 024-536-8688 somosomo@lifeku.jp
posted by 生出 at 12:46 | Comment(0) | 馴染みの店

2015年08月05日

あんかけ塩もやし


 an-kake-shio-moyashi.jpg

ここ数日、モヤシを使うことが多い。なんといっても安いのが魅力。もちろんおいしい。スーパーの中を徘徊していてたまたま目にとまったのがキッコーマンの「うちのごはん」シリーズであった。用意する食材はすべてそろっていたので試しに買ってみた。具材はモヤシと卵だけでオーケー。冷凍庫に豚バラが少量残っていたの、ついでに使ってみた。火を止めてから、気持ち胡椒を振った。

きっとこの種の素を使えば仕上がりの味が極端に変わることはないだろう。でもそこがちょっとつまらないかなと思ったのであった。

そうそう翌朝、残った分を見てみたらあんかけのトロミがまったくなくなっていた。これはしょうがないのかなぁ〜。
posted by 生出 at 07:29 | Comment(0) | 男の料理

2015年08月03日

上海焼きそば


 Shanghai-fried-noodles.jpg

上海焼そばを作った。具材はモヤシ、ニラ、豚バラである。熱したフライパンに具材を投入後、適当なところで麺を入れる。水を回してやると麺がほぐれやすい。これまた適当なところで添付品の液体スープを入れて全体に馴染ませれば完成である。暑さを乗り切るにはスタミナが勝負である。ガッツリ食べた感で満足。
posted by 生出 at 07:32 | Comment(4) | 男の料理

2015年08月01日

8月


 2015-august.jpg

連日、凄まじい暑さです。今日は全国928地点のアメダスのうち222地点で猛暑日になったとのこと。岐阜県多治見では39度9分を観測し、今年の全国の最高気温を更新。北海道と東北地方の北部を除くほぼ全国が真っ赤っかになりました。まだまだ暑さが続きます。ちょっとの間、お日様には大人しくなってほしいものです。

posted by 生出 at 22:29 | Comment(0) | M's works