2015年07月31日

ペトリV6


 petriv6-1.jpg

車でも、オーディオでも、ギターでも・・・そしてカメラでも○○派、あるいは△△党と自他共にそれを認めたり標榜したりすることは間々あることである。どの世界でも二大勢力があるわけで国産車で云えばトヨタと日産、カメラならニコンとキヤノン、アコースティックギターならギブソン、マーチンであろうか。それ以外のメーカーを好きになると、ときに肩身の狭い思いや悔しさを感じることがあるのだけれど、その感情は時として自分の支持するメーカーへの愛(それはときに偏愛と呼ばれる)に変わるのである。それはそれでとても素敵なことだと思う。

しかし悲しいかな、私は○○党ですと言い放つ人もいなければ、愛されることもなく単なる興味本位としての対象にしかならないメーカー、製品もある。それがペトリであると僕は思っている。これまでにペトリをメインのカメラとして使っている人を見たことがないし、話にも聞かない。いまでこそ中古のペトリを購入し、ネット上でお披露目する方もいるわけだが、それにしてもペトリの位置づけは収集したカメラメーカーの中の一メーカーとしてであって、ライブに例えれば、どんなに間違ってもセンターに立つことはないのである。いてもいなくても、どちらでもいい、まぁ〜今日はステージの右端が開いているから、ちょっとそこに立っていてよ、くらいのものである。

ペトリの歴史は古く、創業は1907年(明治40年)というから、もう一世紀以上も前の話である。栗林製作所としてスタートしたものの、1980年代末にはカメラ事業から撤退し、現在は埼玉県北葛飾で双眼鏡の生産を行っているらしい。ペトリという社名はイエス・キリストに従った聖ペテロに由来しているという。輸出を意識していたことがうかがわれる。それとも経営者がクリスチャンだったのか。そこはわからない。

 petriv6-2.jpg

さてペトリV6であるが、1965年の販売であるからして半世紀前のカメラということになる。ルックスはご覧の通り「もーれつア太郎」に登場した「デコッ八」のようなおでこが特徴。レリーズボタンはセルフタイマーレバーのわずかに空いたスペースに斜めにセッティングされている。当時のカメラ総合カタログを見ていたら、このV6の後継機種V6Uが出ていた。スペック的にはアクセサリーシューがホットシューに変わり、あと巻上げレバーの意匠が変更になったくらいでほぼ同じだと思う。

 petriv6-3.jpg

紹介文の中に「ヤングマンに圧倒的人気・・・」とあるが、ヤングマンっていったい誰よ?と思わず突っ込んでしまう。自ら「ヤングマンに人気」と云ってしまうところにペトリとの意識のズレを感じるのは僕だけだろか。あ〜ペトリは愛に飢えていたんだって思った。ペトリの愛はけっきょく空回りに終わってしまったんだね。だ、だれかペトリの愛を受け止めてあげて!
posted by 生出 at 06:15 | Comment(5) | フィルムカメラ

2015年07月29日

珈琲の木


 coffee-tree.jpg

昨年11月7日に紹介した珈琲の苗木である。日々、少しずつ成長を続けている。葉の枚数もだいぶ増えていた。まだ「木」と呼ぶには早いかもしれないが、期待を込めて敢えて「木」と呼ぶことにした。

夏休みの観察日記ではないが、いずれまたご紹介します。乞うご期待。
posted by 生出 at 07:22 | Comment(2) | 馴染みの店

2015年07月28日

オリンパスLS-14


 ls-14.jpg

先日、三ノ倉で使ったのがこのリニアPCMレコーダー「オリンパスLS-14」だ。最大の特徴はTRESMICという「音を豊かにとらえる3マイクシステム」を搭載しているところにあるのだとか。左右に突き出た志向性の強いマイクを挟むように、センターには無指向性のモノラルマイクが配置されている。

これによって「20Hz〜20kHzと周波数特性も広範囲に拡がり、よりゆたかな音を再現。ベースやドラム等の低音も忠実にとらえ、厚みのある録音が可能」とのこと。よくわからないがとりあえず録ってみた。ギターはマーチンCTM GPCPA3でアンプはヤマハのTHR10。アンプの使い方もよくわからなので適当に調整した音である。なのでアコギっぽさが感じられない。あとギシギシと椅子のきしむ音も入っている。ご愛嬌ということで。

音源はこちら。曲名は忘却。ブルースっぽい曲であるが、さらりと弾きすぎた感がある。ちなみに6弦を1音下げたドロップDで演奏している。
posted by 生出 at 12:55 | Comment(2) | 音楽

2015年07月26日

高原に響く唄声


 live-in-san-no-kura.jpg

昨夜、三ノ倉スキー場「星空ウォッチング」の会場で、珈琲舎うつわのマスターを中心としたバンド「一夜の花」がライブ出演しました。夕暮れ迫る高原にマスターの「大人の唄声」が響きわたり、連日の暑さもひとときですが忘れさせてくれました。

恥ずかしながら私も急きょ「一夜の花」に参加することになり、サポート(にならないサポート)をすることになりました。爽やかな唄声とは裏腹に、冷や汗かきかきのひとときでした。

さて一部ですが当日の音源をこちらより聴くことが出来ますので、もしよければクリックしてみてください。曲は「恋のかなたへ」です。私の足元に置いたPCMレコーダーで録音したものです。調整はしていない素の音ですので、音質的にお聴き苦しいところはご勘弁ください。あと重たいデータです。ダウンロードまで時間がかかる場合があります。スピーカーよりもイヤホンかヘッドホンで聴いた方が、幾分リアリティは感じられるかも・・・です。左側からポロンポロンと微かに聞こえるのが私のギターです(笑)
posted by 生出 at 23:16 | Comment(6) | 音楽

2015年07月23日

暑中お見舞い


 flower-2015.jpg

画家・蛭田氏から暑中見舞いのポストカードが届いた。

公私ともに電子的なやりとりが多い中で、自宅の郵便受けに配達された一葉の葉書。郵便受けから取り出し「花」を見ながらトントントンと階段を上がる。受け取った瞬間から、氏が作品を書きはじめてから完成させるまで、そしてそれをポストカードに仕上げ、宛先を記入してポストに投函するまでを自分なりに想像する。

そんなことを想像できるのも葉書のよさなのかもしれない。スペース的に余裕の無い我がデスク上であるが「花」はモニターの右側に飾ってある。
posted by 生出 at 07:33 | Comment(0) | 出逢いの妙

2015年07月21日

長谷川富王写真展「水音」


 hasegawa-san.jpg

写真家・長谷川富王(とみお)さんの写真展「水音」が開催中です。

会期:7月20日(月)〜8月20日(木)まで
   午前8時半〜午後6時半(スタジオやまうち営業時間内)
   日曜日につきましてはご連絡の上お越し下さい。
   電話:0242−62−3443
oide
<スタジオやまうちさんのサイトより>
10年前に同じテーマでやっていますが、今回は更に作者のもうひとつの趣味(プロ級)である録音機材を駆使して、渓谷に潜入し大自然のサウンドを録音し、 それを会場に流しコラボレーションする試みです。
以前に郡山市のビックアイで催したときに私も体験しましたが、今回の写真作品とはどんな化学反応が起きるのか興味は尽きません。
暑い2015年、この夏に猪苗代に避暑にお出で頂き、時間が空いたらぜひ会場にお寄りください。
<スタジオやまうちさんのサイトより>
posted by 生出 at 08:26 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2015年07月17日

ニコマートFTN


 ftn-1.jpg

実にしっかり作られたカメラである。ニコマートFTN、登場は1967年だから、あと二年でちょうど半世紀が経とうとしている。当時二コンFに次ぐナンバー2のポジションにいたカメラだ。ナンバー2と云っても、時代背景を考えるとカメラを持つこと自体が世間的に高嶺の花であって、そうそう買える代物ではなかっ た。ましてや一眼レフカメラはメーカーがどこであれ「高級品」と思われていた時代。たやすく手にすることは出来ないカメラだった。

FTNは1965年に発売されたFTの改良型で1975年まで製造されたロングセラー機。きょうびのデジカメのライフサイクルと比べるまでもないが、のちのFT2(ホットシューの固定化)、FT3(Ai機能搭載)へとマイナーチェンジを果たし、1977年までの実に12年間続いたシリーズであった。77 年ニコンFMの登場で、ながく親しんだ「ニコマート」の名称は消えた。しかし中古市場では、いまだにコンスタントに目にすることのできるカメラであって、それはこのカメラが大いに支持されたことの証でもある。

 ftn2.jpg

この時代のカメラなのでボディは当然のごとく金属製で、剛性も高い。この時代に造られたカメラの特徴でもある。シャッター速度の調整は、レンズマウント部付近に配されたレバーで行なう。そのため上部はすっきりしたスペース。フィルム巻き戻しクランク隣の四角い窓は露出計。ノーファインダー撮影時など(見易さは別として)重宝する(かもしれない)。ミラーアップも可能で、当時としては当たり前だったかもしれないが実に助かる機能である。

 ftn-3.jpg

レンズの絞り値を、ボディ内の露出計と連動させるための伝統儀式を味わえるのも、いまや懐かしさを通り過ぎて新鮮ですらある。ニコマートFTN、写真を撮る道具としての指数は限りなく100に近い。
posted by 生出 at 08:02 | Comment(0) | フィルムカメラ

2015年07月16日

炒飯


 fried-rice.jpg

炒飯である。それも大阪は王将の「カニ炒飯の素」を使った炒飯である。だから何だと云われても答えようはない(笑) 数ある炒飯の素の中で、パッケージの写真が美味しそうに見えたので選んだだけであった。実際、美味しかった。

ご飯と卵を用意して、添付品の具材とまぜまぜするだけで老舗の味が作れる(と書いてあった)。卵の他にネギもあったほうがいいだろう。あと一人前が米1カップ(ご飯茶碗2杯)分なので、そこはお気をつけ下さい。
posted by 生出 at 07:43 | Comment(0) | 男の料理

2015年07月15日

冷やしうどん


 hiyasi-udon.jpg

けっきょく昨日は福島市で39度まで気温が上がった。福島駅前の温度計は42度を超える表示になったそうで、それがニュースで流れていた。こんなときに頭の中では井上陽水の「かんかん照り」が勝手に再生されていて、それが止まらない。

やけついた屋根がゆらいで見える
お日様は空であぐらをかいて
スズメ達はやけどをするのが恐いのか
どこかに隠れてる・・・

暑い時に、実際聴く曲ではない。聴くと気絶しそうになる。ほんと・・・。

こんな日には何を食べたらいいのだろう?あれこれ思案し、結局冷やしうどんに落ち着いた。具材はご覧の通り。ちなみに天ぷらも自分で揚げたものである。自慢するほどではないが・・・。
posted by 生出 at 08:43 | Comment(2) | 男の料理

2015年07月14日

珈琲舎「雅」のアイスコーヒー


 ice-coffee.jpg

連日の猛暑日に見舞われている福島市である。今日は38度を超えるとの予報が出ている。わずかな距離を歩くだけで、ぐったりしてしまう・・・。今日は外に出ていはいけない、そう思ったのであったが、やはり口にしたい雅の珈琲なのである。いつもはホットなのだが、ここ数日はアイスをたのんだ。

前回、ご紹介した水出し珈琲である。7時間近くかかって抽出された味は・・・皆さんもぜひ実際にお飲みください。
posted by 生出 at 12:55 | Comment(0) | 馴染みの店

2015年07月13日

JNP福島支部 写真展


 jnp.jpg
上記内容でJNP福島支部の写真展が開催されます。どんな作品と出逢えるか、楽しみです。
posted by 生出 at 08:08 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2015年07月11日

福島大学写真部 燦夏展


 fukudai.jpg

今日から福島大学写真部の写真展が開催されます。皆様ぜひご来場ください。

7月11日(土)〜12日(日) 10:00から19:00(最終日は17:00まで )
会場:福島県文化センター3階展示室 入場無料・駐車場(無料)
posted by 生出 at 11:02 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2015年07月10日

水出し珈琲


 water-stock-iced-coffee1.jpg

珈琲舎雅で僕が座る席は、入り口を背中にして左側のカウンターの奥である。今日は先客がいたので反対側へ座ることになった。座ろうとしたときに目に飛び込んできたのが、このガラスの装置だ。 水出しコーヒーを作る装置で、いままさに稼働中だった。

 water-stock-iced-coffee2.jpg

上部の球体にはたっぷりの水。バルブで調整された水が、ぽた〜り、ぽた〜り・・・と規則的に落ちている。一滴がどれほどの量なのかわからないが、上部の水 がすべて落ちるまでかなりの時間がかかりそう・・・。でも何故か最初の一滴から最後の一滴まで、じぃ〜っと見ていたくなる衝動にかられる。

 water-stock-iced-coffee3.jpg

「どうぞ」とマスターからすでに抽出してあった水出し珈琲をご馳走になる。う〜ん、珈琲の旨味をたっぷり含んだ濃厚且つ芳醇さに思わずうなる。日本酒で云えば「しぼりたて」ということだろう。

いろんなものがインスタントで手に入る時代になって久しい。もちろんその良さもわかる。しかしインスタントに慣れた生活をしていると本物に触れることなく一生が終わってしまう。それはもったいないし、そうならないよう常に心がけているつもりだ。

一枚の写真に、どれほどの思いがこめられるのか・・・いただいた水出し珈琲をぺろぺろしながら、僕は自分の写真撮影の姿勢を苦々しく思うのだった。
posted by 生出 at 12:35 | Comment(0) | 馴染みの店

2015年07月07日

WORDS


 words.jpg

ギターの名手「石川鷹彦」、初のソロアルバム「WORDS」、1994年のリリース。92年にはNTVでクラプトンの「アンプラグド」が話題となり、そのあたりからジワジワとアコースティックギターが復権してきたように感じている。ちなみに99年にはリットーミュージックから季刊誌「アコースティックギ ターマガジン」が発行され、いまも続いている。

「WORDS」に収められている楽曲は11曲で、ラストの「風の方向」以外はインストゥルメンタルである。「風の方向」では石川鷹彦が朴訥ながら、雰囲気のある歌声を披露している。コーラスに森山良子と玉置浩司が参加していることはあまり知られていない?ちなみにこの曲のコードは(たぶん)半音下げてDでプレーされている。ギターはマーチンのD76だったかな?
この歌、今月25日の三ノ倉スキー場で行なわれる星空コンサートでは珈琲舎うつわのマスターが歌う・・・はずである。
posted by 生出 at 08:33 | Comment(0) | 音楽

2015年07月06日

コガタスズメバチの巣


 sake-bottle.jpg

珈琲舎「うつわ」のテーブルに、何やらオブジェのようのものが飾ってあった。「なんですか?」とマスターに訊いたところ「コガタスズメバチの巣です」との返事。店のそばに椿があって、そこに巣を作っていたようだ。剪定作業の時に見つけたと云っていた。

それにしてもきれいに作るものだ。形、色合いなどデザイン的なセンスは抜群である。自然から教えられること、学ぶべきことはまだまだたくさんある。こんな徳利で酒を飲んだら、さぞ美味しいことだろう。まぁ〜酒器に限らず、花瓶でもいいのだろうけどね。この形を見て、まず酒をイメージしてしまった僕はあまりセンスがいいとは云えないだろう(笑)
posted by 生出 at 08:24 | Comment(0) | 馴染みの店

2015年07月03日

キヤノンA-1


 ae1-1.jpg

高校二年を目前にしたある日、僕はカメラ雑誌の新製品の広告に目が釘付けになった。そこにはThis science fact.というキャッチコピーと新製品「A−1」が、まるで宇宙空母の如く描かれていた。これまでに見たこともない広告デザイン、そして「カメラロボット」というキーワードが、もしかしたら写真の世界を大きく変えるかもしれない。そんなイメージが妄想の如く膨らんだ。それがどういうものなのかは極めて抽象的であり、言葉に起こすことも出来なかったけれど、ワクワクしたのだけは覚えている。

ファインダーの表示は赤色のLEDになり、これまでの「針」で指し示す機種との「格好よさ」の度合いは天と地ほど離れていた。はじめて手にした電卓、デジタル時計のときも感動したけど「A−1」はその比ではなかった。とにかくインパクトが強かった。F−1、EF、AE−1というラインアップからEFが外れ、A−1というルーキーが突如として3番に入ったという感じだった。球場内では大きなどよめきが起こった。

 ae1-2.jpg

このルーキー、機能に関しては「てんこ盛り」で4番のF−1でさえ脅かすほどだった。まずは露出の制御。シャッタースピード優先AE、絞り優先式AE、プログラムAE、絞り込み実絞りAE、スピードライトの光量調整もAEとなり、1台で5つものAEを搭載していた。一粒で二度美味しいグリコもさぞたまげたことだろう。この時代、さすがにピント合わせはマニュアルであったが、モータードライブかワインダーを装着してAEモードをプログラムに設定すれば、シャッターボタンを押す人差し指に撮影のすべてを託すことが出来た。

写真部にピッカピカのA−1を抱えるようにして入部してきた後輩がいた。早速注目されたわけだが、その視線の先はもちろん彼ではなくてA−1であったことはいうまでもない。先輩の特権として「ちょっと貸せ」となるわけだが、正直操作の方法に戸惑った。マニュアルを基本とした撮影経験しかなかったので、ファインダーに表示される数字、とくに絞り値には唖然とした。F6.3、F9、F13・・・? 絞り値は1.4、2、2.8、4、5.6、8、11・・・であってEV値の、あの表を覚えるのに躍起になっていたのに、いったいなんなんだ・・・と(笑)。ちなみに後輩が選んでいたモードはプログラム(P)であった。なのであだ名は「P」だった。

 ae1-3.jpg

絞り優先AEでも、レンズ本体の絞りリングではなく、ボディ側で絞り値を選ぶというのにも大きな違和感があった。その他、カメラの操作という点で、従来のカメラとは大きくかけ離れていた(いま思うと大したことはないけれど・・・)。

あれからずいぶん時間が経ってしまって、いま目の前にあるA−1を見てみるとオートフォーカス以外の機能(精度はともかくとして)はデジカメと、そう変わりはない。機能の進歩はこれからも続くことだろう。性能のいいカメラが次々に出てくるのに、写真表現(自分の写真も含め、風景写真)にマンネリを覚えるのはなぜなのだろう?車にも云えることだが、すばらしい安全装置が開発されているにも関わらず悲惨な事故は絶えない。

所詮、道具を操る人間の側に問題があるのだろう。生身の人間はロボットにはなれないのである。
posted by 生出 at 07:29 | Comment(0) | フィルムカメラ

2015年07月01日

7月


 2015-july.jpg

雨音の聞こえる朝です。7月の第一日目は雨になりました。一年のちょうど半分の時間が昨日で終わりました。今日から後半の日々が始まります。指折り数えるほど待ち遠しい日はありませんが(笑)、こちらから積極的に動いて、いい出逢いに巡り会いたいものです。
posted by 生出 at 07:55 | Comment(0) | M's works