2015年04月30日

GOLDEN TIME


 golden-time.jpg

ギタリスト・小倉博和の「GOLDEN TIME」、2014年11月リリース。小倉博和といえば、スガシカオが唄う「Progress」・・・NHKの番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』の主題歌・・・のギターを担当していると云った方が通りがいいかもしれない。その他、佐橋佳幸(歌舞伎役者の娘さんの旦那さん)とのギターユニット「山弦」ではすでにベスト盤を含め6枚のアルバムをリリースしている。

さてこのアルバムの最大の聴きどころは、なんといっても1852年に製造されたビンテージもののマーティンギター「2-27」の音色を堪能できるところだろう。このギターはC.F.マーチン一世の手によって創られたものなのだ。

1852年といえば日本では黒船の来航を翌年に控え、激動の歴史がはじまろうとしていた。そんな時代に海の向こうではアコースティックギターが作られていたことに驚きを隠せない。そしてそのギターが現代に残っているとは・・・。まさに奇跡である。

入手までの経緯は・・・そもそもアメリカ人のコレクターの手元にあったようで、コレクターの死後、日本に渡り、修理を経た後、たまたま小倉本人がネット上で見つけたのだという。

アルバムはディスク2枚。楽曲はどちらも同じ。楽曲名はジャケット左のとおりで、オリジナルとカバー曲で構成されている。1枚目がセッション盤、2枚目が小倉のギターとベースだけのNaked盤である。ナイロン弦のやわらかくやさしい音色は、ボリュームを少し上げて目を閉じながら聴くと・・・僕のCDプレーヤーは安物なのだが・・・まるで目の前で演奏をしているような錯覚をしてしまった。休みの日の朝、目覚まし代わりにしておけば、きっと目覚めもさわやかだろうし、穏やかな一日をいざなってくれるんじゃないか、そんな気がした。
posted by 生出 at 12:44 | Comment(0) | 音楽

2015年04月29日

残雪


 lc7729680.jpg

今年の桜前線は例年に比べて一週間ほど早かったようだ。福島県内も主だった桜はほぼ終わりをむかえつつある。あとは標高の高いところの山桜を待つのみである。春の訪れは早かったものの除雪されていない林道は、ご覧のとおりの残雪だ。場所は裏磐梯の秋元湖畔。

林道の途中にある小さな水たまりは、ふ化したばかりのオタマジャクシで大賑わい。枯れ葉を美味しそうに食べていた。

 otama.jpg

生命力溢れる春と、ようやく目覚めたばかりの早春の二つを味わった一日であった。
posted by 生出 at 16:42 | Comment(2) | クルマ

2015年04月28日

只見線 会津蒲生駅付近


 tadami2015spring1.jpg

この前の日曜日に撮影した只見線・会津蒲生駅付近の様子である。まだまだたっぷりの残雪である。線路の一部がようやく見えてきたなという感じ。駅舎側はと云うと・・・

 tadami2015spring2.jpg

どこがホームで線路かわからない状態。山の木々は少し芽吹きはじめていたが、この雪が無くなるまで半月以上はかかるのではないだろうか?不通になったために、この冬もまったく除雪されなかった只見線。それにしても雪の量は半端ない。
posted by 生出 at 12:51 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

2015年04月27日

磐梯山の雪形


 Mt_bandai.jpg

昨日、猪苗代では桜が満開をむかえた。お気に入りの白津の枝垂桜も見頃だった。磐梯山を見てみると、山頂直下では虚無僧が尺八を吹いていた。会津地方の早いところでは、今週末か来週末にも田んぼに水が入ることだろう。

話は変わるが、この雪形について、ナチュラリスト田淵行男が「山の紋章 雪形」という写真集を出していたのだと云う。実際見たことがなく聞いた話だが、かなりの力作で見応えもあるらしい。単なる写真集ではなく雪形の研究の集大成ともいわれている。

この写真集の中には磐梯山に「舞姫」の姿が現れると紹介されているようなので、来年の春にはこの目で確認をしようと思っている。
posted by 生出 at 08:44 | Comment(0) | 出逢いの妙

2015年04月23日

ニコマートEL


 el1.jpg

ニコン一眼レフ初の絞り優先オートカメラ、「ニコマートEL」は1972年の発売。ペンタ部分の「EL」のロゴが印象的。この場所にロゴの入ったニコンの カメラは「F」(1959年)、「ニコレックスF」(1962年)、「EM」(1980年)、そして「EL」シリーズだけである。シリーズと書いたのは、 後年、ワインダー使用の「ELW」、ニッコールレンズがAi化されたときにリファインされた「ニコンEL2」というモデルがあったからである。

一時期、ワインダー付きのEL2を手にしたことがあった。20年近く前になるだろうか?若気の至りで中古品を手に入れたのだ。85ミリの1.4、105ミ リの1.8を装着した姿は格好がいいなぁ〜と、ニヤニヤしながら眺めていたのだが、撮影の段になるとその重さに顔も歪んでしまう。

三脚使用が前提のシノゴや中判カメラなら重量は気にならないけれど、機動性を求められる35ミリカメラで手持ち撮影が苦痛となると出番が少なくなるのは必然で、早晩手元から去っていく運命を辿ってしまうのであった。

 el2.jpg

今回、ひさしぶりに再会することができた。ずっしりとした重量感は相変わらず。ELはブラックボディが一般的で目にすることも多い。もしかしたら白いボ ディを触ったのは初めてかもしれない。この固体、年代からみると驚きの美しさである。さすがに新品の匂いはしないものの、質感は新品に近いものがある。も しかしたら世界一きれいな「ニコマートEL」かもしれないな、などと思ったのだった。コレクターの方にはお勧めの一台である。
posted by 生出 at 22:31 | Comment(0) | フィルムカメラ

2015年04月22日

ひさびさに・・・


 LC40.jpg

ランドクルーザー40を目撃した。福島市内の国道115号線、福島西インター付近だった。まだ走っているんだね。詳しい年式などは知る由もないが、最終型だとしてもすでに30年は経過している。元気に走る姿を見るだけでもうれしくなってしまう。40に興味のあるあなた、ぜひこちらをご覧ください。
posted by 生出 at 22:00 | Comment(0) | クルマ

2015年04月21日

foreverly


 billie-joe-norah.jpg

日常生活において僕が心がけているのは、出来るだけ「シンプル」にということである。つまりは不必要なものにまで手は出さない、余計なものは手元に置かない、ということである。衣食住に限らず、人間関係にも「シンプル」なスタイルを求めている。

と、格好の良いことを吐いてしまったが、部屋の中を見回すと・・・お世辞にもシンプルとは云えない。雑然としている。車の中もである。幸いにも周囲の人たちは良い方ばかりで、この点に関しては、ほんとうにありがたいことである。

さて最近、手に入れたアルバムがこちらBillie JoeとNorah Jonesの「foreverly」だ。フォーク・デュオ「 The Everly Brothers」が1958年に発表したアルバム「Songs Our Daddy Taught Us」をカバーした作品である。トラディショナルな楽曲が並ぶ。

構成はシンプルである。二人のギターとピアノ、そしてベース、ドラムス、フィドル、ペダルスチールギターだけだ。

制作を振り返ってNorahはこんなことを云っている。「オリジナルの曲をどんどん簡素化していって、ちょっとだけふんわりとした感じにしていく作業に熱中していた。簡素化していく事で、そこに私たち独自の解釈を再構築していくスペースが生まれた」と。

う〜ん、音楽でも写真でも・・・何でもシンプルな方がいいようで・・・。余裕はそんなところから生まれるのかもしれない。
posted by 生出 at 08:22 | Comment(0) | 音楽

2015年04月16日

花見


 hanami.jpg

昨夕、福島は雷雨だった。夜になり雷はおさまったものの、7時過ぎまで雨風が強かった。そんなときに信夫山で花見をした。実際は茶屋の中なので花を見ることはなかったけど・・・。初めて入った「どんとこい」。福島の人なら知らない人はいないのではないだろうか?

 hanami2.jpg

店内はこんな感じ。どこかの会社の新歓コンパもやっていて、とても賑やかだった。もしこのグループがいなかったら貸し切りに近かっただろうね。信夫山の桜はすでにピークを過ぎた。この週末で花見も一段落かもしれない。

 hanami3.jpg

昨夜桜が見られなかった方、せめてこちらの写真をご覧ください。


posted by 生出 at 22:19 | Comment(2) | その他

2015年04月14日

58957 The Bluegrass Guitar Collection


 tony-rice.jpg

トニー・ライスの「58957 The Bluegrass Guitar Collection」、2003年のリリース。アルバム名にある「58957」はトニー愛用のマーチンD28のシリアルナンバーである。このギターは1935年に製作され、そもそもはブルーグラスギターの名手「クラレンス・ホワイト」が所有していた。クラレンス・ホワイトは1973年に29歳という若さで交通事故で亡くなっている。クラレンスの死後、どのような経緯かはわからないがトニーの手に渡った。

このギターを一見して「おやっ?」と感じた方も多いと思う。いちばんの特徴がサウンドホールの大きさである。ノーマルのD28に比べて一回り以上大きくなっている。他にフィンガーボード、フレット、ピックガード、ナット、サドル・・・様々な部分がカスタマイズされているという。なのでノーマルのD28との比較しても意味はない。現在、サンタクルーズからトニー・ライスのシグネーチャーモデルが、そしてマーチンからはD28CW(クラレンス・ホワイト)モデルとして、あなたのためにちゃんと用意されているのである(笑)

 tony-rice2.jpg

さて話がギターのことになってしまったが、このアルバム、というよりトニー・ライスはトラディショナルな曲を中心としたブルーグラスにフォーク、ロックなど新しい要素を取り入れ、ブルーグラスに新しい境地を開いたことで注目された。もちろんトラディショナルなエッセンスは踏襲しつつ、である。

一般的にブルーグラスというジャンルは耳なじみがない。しかし曲を聴くと、たいていの方は「あ〜カントリーっぽいやつね」と応えるだろう。本アルバムをお聴きいただければ、単なる「カントリーっぽい」やつではなく、そのセンスのよさに図らずも「かっこういいねぇ〜」と感心すること必至である。とくにラストの「Port Tobacco」は必聴。
posted by 生出 at 08:30 | Comment(0) | 音楽

2015年04月13日

ざる麺


 tsukemen.jpg

シマダヤの「ざる麺」である。僕的には同社の「冷やし中華」を所望しているのだが、近くのスーパーにはどういうわけか、まだ入荷していない。なので仕方なく「ざる麺」を購入したのであった。用意した具材は冷やし中華と全く同じである。

添付されているゴマだれはなかなかいけていた。すりゴマも付いていたのだが、更に炒りごまを加えた。唯一難点?なのが「ざる麺」なのに「丼」を使ったことだろうか。もちろん味に違いはない。次回は丼にゴマだれを入れ麺に絡ませ、それから具材をトッピングしてもいいかもしれない。
posted by 生出 at 08:21 | Comment(0) | 男の料理

2015年04月08日

柳田利美写真展「花見山花候」


 yanagidasan.jpg

柳田利美氏の写真展「花見山花候」が富士フィルムフォトサロン大阪で開催されます。会期中、ご本人もいらっしゃいますので、関西方面の皆様、ぜひお越し下さい。なお詳細はこちらをご覧ください。
posted by 生出 at 12:47 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2015年04月06日

水郡線


 suigu-line.jpg

数年ぶりに矢祭町の戸津辺の桜を見てきた。最後に見たのは震災の前の年だったように記憶しているが定かではない(震災の数年前だったかも・・・)。 この日、天気は小雨が降ったり止んだり。なので花見客はほとんどいなかった。写真撮りも少なかった。なので三脚を立てる位置にもあまり神経を使わ なくて済んだ。

そんな中、ある場所に三脚を固定し、何かを待っているように一方向を見つめているお兄さん(実際はオヤジさんか?)がいた。声をかけてみると間もなく始発列車が来るのだという。なので久しぶりに「にわか鉄ちゃん」になってみた。

水郡線「磐城石井駅」6時7分発、下り郡山行き各駅停車、ただいま通過いたしました。
posted by 生出 at 12:49 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

2015年04月04日

40万キロ達成!


 lc77-ran-400000-kilometers.jpg

本日、午前11時40分頃、耶麻郡猪苗代町新村南付近で40万キロを達成したわがL/C77である。メーターがぴたりと40万キロになった瞬間、思わず「おっお〜!!」と声を上げてしまった。

そして早速記念撮影である。

 lc77-ran 400000km.jpg

場所的にちょっとインパクトに欠けていたのでHDR処理をしましたぁ〜。まだまだ走る!
posted by 生出 at 20:21 | Comment(5) | クルマ

2015年04月03日

モヤシ炒め定食


 Sprout-fry.jpg

もしこれから貴方が自炊を始めるとしたら、まっさきに作るのは炒め物になるだろう。なぜなら僕もそうだったからである(笑) 野菜炒めを作るにせよ、焼き肉を作るにせよ、はじめはタレを購入するのが無難であろう。しかし、いつしかタレの味にも飽きてしまい、シンプルに醤油を少し垂らし、そして胡椒で味を整えるようになるであろう。なぜなら僕がそうだからである(笑)
モヤシとニラ炒め、美味でした。
posted by 生出 at 12:53 | Comment(0) | 男の料理

2015年04月02日

「酒味寿」閉店

先月10日、当ブログで「酒味寿」のことを書かせていただいた。それから数日して、一枚の挨拶状が我が家に舞い込んだ。「酒味寿」閉店のご挨拶だった。なんということだろう。

 shimizu-1.jpg

これまでに馴染みの店が何軒も閉店してきた。そのたびに寂しさを味わった。しかし今回の閉店はまさに青天の霹靂である。とても寂しい、悲しい・・・。いつかは訪れるその日。心のどこかで覚悟はしていたものの、実際その日を迎えたくはなかった。

 shimizu2.jpg

3月31日閉店当日、なじみのお客さんたちに囲まれてお母さんも感無量。涙、涙、また涙であった。世間から見れば小さな灯りだったかもしれない。しかし少 なくとも常連客にとって酒味寿の灯りは、日々喜怒哀楽に揺れる感情を受け止めてくれる心のよりどころの一つであった。開店から45年の間、福島の一角を 担ってきた灯りが消えた。

陳腐な言い回しだが、これからも「酒味寿」の灯りは常連客の心の中で永遠に点き続けることだろう。
posted by 生出 at 07:54 | Comment(2) | 馴染みの店

2015年04月01日

4月


 2015-ap.jpg

4月になりました。すでに桜が満開の地方もあるようです。福島市内でも桜が開きはじめました。今日から新年度。新しい人生のスタートに立たれた方もたくさんいらっしゃることでしょう。こちらは惰性的に今日という日をむかえましたが、新入生や新入社員らしき人を見ると、やはりいいなぁ〜と思います。いつまでも好奇心、向上心を持ち続けたいものです。
posted by 生出 at 08:13 | Comment(0) | M's works