2014年08月27日

キヤノンEF


 canon-EF-1.jpg

キヤノンEFは1973年に発表されたシャッタースピード優先のAEカメラであった。F-1を頂点に据え、ナンバー2にいたのがEFであった。当時としては先端を行く技術が投入されていたが、どういうわけか人気はあまりなかった。

露出計の受光素子はSPC(シリコンフォトセル)が使われていてF-1のCdsに比べれば、はるかに反応が早く正確であった。シャッタースピードは1/2〜1/1000秒・Bが機械制御式で1〜30秒は電子制御のハイブリッド式。シャッターはコパルの縦走り。

ライバルはニコマートEL(絞り優先AE)であったが、これはたまたま両機種がナンバー2に位置していただけであって、真のライバルではなかった。やはり作画をするためには絞り設定を優先に考える人が多く、シャッター速度優先式のEFは不利であったようだ。シャッター速度優先はどちらかというとスポーツなどの動体撮影に向いているが、EFにはワインダーやモータードライブも用意されておらず、ELWというワインダー仕様のあるELの優位性を脅かすことは出来なかった。中古市場を見てもEFに比べELが圧倒的に多いことを見ても人気の度合いがわかるというもの。

 canon-EF-2.jpg

とまぁ〜ダメダシが続いてしまったが、改めてEFというカメラを手にしてみると、実にまじめに作られている。ずっしりとした重量感のあるボディ、ペイント の塗りもF-1と比べても品質は同等。高級感のある仕上げだ。シャッターボタン、シャッター速度のダイヤルそして巻き上げレバーが同軸上にあり、もしかしたら、この部分のデザインはライカM5を意識したのかもしれない。EFはメカニカル的なことを含め、AE-1に始まる一連のキヤノンAEカメラの祖と言うべきであって、その存在意義はきわめて大きいのである。
posted by 生出 at 12:43 | Comment(0) | フィルムカメラ

2014年08月22日

人間みな兄弟〜夜がくる


 suntory-old-whisky.jpg

「哀愁」とか「郷愁」という言葉から受ける印象を、僕が子供心にも、なんとなく感じたのが「サントリーオールド」のコマーシャルソング、そう♪ダンダンディダン シュビダディン オデェ〜エ〜エ〜オ〜♪で始まるあの曲である。1967年の発表というから大方の日本国民が知るところのメロディーラインだと思う。その後、コマーシャルも様々なヴァージョンが生まれた。「恋は遠い日の花火ではない。」は不朽の名作。

タイトルは「人間みな兄弟〜夜がくる」で作詞・作曲は小林亜星、そしてスキャットは当時上智大学教授だったサイラス・モズレー。ギターはジャズ・ギタリストの故小西徹。サントリーの公式サイトに楽譜がアップされている。ちなみにコードはAmとなっているが、オリジナルヴァージョンはCmである。このCDにはご覧のように全19ヴァージョンが楽しめる。

どこからともなく聞こえてきたら、その瞬間から耳を傾け最後まで聴き入ってしまう。わずか一分ほどの短い曲なのに、聞いた人間は例外なく「哀愁」「郷愁」に包まれる。音楽の力とはすごいものだと感心する。「音楽力」100パーセント、いや120パーセントと云ってもいいだろう。そんな力を持った曲、そうはない。

今宵、この曲を聴きながらグラスを傾けている。グラスには当然のことながらサントリーオールドが・・・と云いたいところだが、僕は焼酎派なので「いいちこ」のロックを身体に染みこませつつ人生の哀愁を味わっていたのであった。
posted by 生出 at 23:45 | Comment(2) | 音楽

2014年08月21日

当り棒


 garigari.jpg

連日の暑さで少々嫌気がさしている。今日も高温注意報が出ているようだ。そんな最中、知人から「ガリガリ君」の梨味をいただいた。一気に頬張ったら頭がキィーンと痛くなってしまった。食べ終わって棒を見てみると何か書いてある。なんと「当り」棒であった。当りとわかった瞬間、小躍りしたくなるようなよろこび(笑)・・・実に小学校6年生以来である。

で、当り棒をどうしたかというと、いただいた方へお渡しした。なぜなら・・・ガリガリ君の味は残念ながら僕の好みではなかったからだ。
posted by 生出 at 08:47 | Comment(2) | 出逢いの妙

2014年08月20日

人間なんて


 ningen-nante1.jpg

1971年11月にリリースされたよしだたくろうのアルバム「人間なんて」。僕が手にした最初のたくろうのアルバム(と記憶している)。たしか中学校1年のときだった。モーリスのW30はこの直後に買った。僕のギターライフをスタートさせた記念すべきアルバムだ。

60年代から70年初頭までの一連の騒動が終わり、日本は「個」の幸せをより強く望む時代へとむかっていく(いつの時代もそうかな?)。
どんな時代だって、どこの国であったって、権力とそれに立ち向かう者との闘(戦)いはある。あの時代の多くの若者がどんな感慨を持って権力に立ち向かったのかは、幼い僕にはわからなかった。しかし大きな壁を壊そうとする彼らの姿に感化され共感もした。反抗期を迎えつつある僕にとって、理由などはとくに必要はなかったのだ。

いまこの時代がどんな思想、信条で支配されているのかは時間が経てば、さらに見えてくるものもあるだろうし、逆に一つの言葉で括られてしまい見えなくなるものもあるだろう。だけどひとつ云えるのは、ある時代に創られたものの中には・・・作者が意図しようがしまいが・・・間違いなくその時代のエッセンスが凝縮されているはずだ、と僕は思っている。


  人間なんて

 なにかがほしいおいら

 それがなんだかわからないよ

 だけどなにかがたりないよ

 いまの自分もおかしいよ

 空に浮かぶ雲は

 いつかどこかへ飛んでいく

 そこに何かがあるんだろうか

 それは誰にもわからない 


ningen-nante2.jpg

さて話は変わるが、このCDは紙ジャケット仕様ということで、当時のLPを無理矢理CDのサイズに圧縮したものである。なので見づらい。でも当時の思い出にひたるにはいいのかもしれない。思い出と云えば、なぜか中学校にこのアルバムを持って行き、たまたま放送部の女子に「なんでもいいから曲をかけてよ」とリクエストをしたら「結婚しようよ」を校内放送でかけてくれた。昼食時に放送部が校内向けに曲をかけていたのだった。ジャケット見ていたら、そんな記憶が甦った。
posted by 生出 at 12:54 | Comment(0) | 音楽

2014年08月19日

JR只見線、その後・・・。


 tadami-line1.jpg

2011年7月の豪雨から、3年と云う時間が流れた。復旧のメドはまったく立っていないJR只見線である。不通になっている区間は会津川口駅から只見駅までの約28キロ。会津我蒲生駅付近は線路がまったく見えないくらい草が生い茂っている。振り返り只見方面を見てみるとご覧のとおり。

 tadami-line2.jpg

車が横断するので、かろうじて線路は露出している。トンネルの中はどうなっているのだろう?獣達のかっこうの住処になっているのかも。

さて過日新聞の報道で「鉄道軌道法改正、JR只見線復旧へ方針確認」という記事を見た。

「災害により運休している赤字ローカル鉄道の運行再開を目指す自民党の国会議員連盟は15日、東京都の党本部で会合を開き、豪雨被害で一部区間の不通が続くJR只見線の復旧に向け鉄道軌道法の改正を目指す方針を確認した。
 同法は鉄道事業者が赤字である場合に限り、自然災害で被害を受けた路線の復旧事業費のうち4分の1以内を国が助成するよう定めている。只見線を運営するJR東日本は黒字で適用対象外になるため、法改正により被災した赤字路線の復旧に取り組みやすい環境を整える。
 会合では、宮路和明会長(衆院比例九州)が「大災害を理由に鉄道事業者が赤字路線を廃止するのを放置していいのか」と同法の問題点を指摘。只見線沿線の目黒吉久只見町長と長谷川律夫金山町長は「地域振興に必要な路線だ」などと復旧への理解を呼び掛けた。
 一方、出席した議員からは「単に復旧を求めるのでなく、観光客をどう呼び込むかなど、(費用対効果が得られる)地元としての活用策を作り、積極的にアピールすべき」との意見も出された」(2014年7月16日 福島民報新聞社)

災害王国日本では、今後も只見線のようなケースが生じることだろう。復旧には85億円の費用が必要ともいわれている。今月5日、JR東日本は「秋以降に復旧の可否を判断する」意向を示した。
posted by 生出 at 08:55 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

2014年08月17日

シソとミョウガのパスタ


 The-pasta-made-from-a-beefsteak-plant-and-a-Japanese-ginger-.jpg

手元にあったシソの葉とミョウガを使ってパスタを作った。具材のニンニク、シソの葉、ミョウガをみじん切りにしておく。フライパンが熱したらニンニク、ミョウガ、パスタ、シソの葉の順に入れる。塩と胡椒で味を整える。シンプルながらもなかなかいけた。ちょっと焦げてしまったのはニンニクとパスタ。
posted by 生出 at 07:29 | Comment(3) | 男の料理

2014年08月15日

HEADWAY HN30A/SR


 hn30a-1.jpg

HEADWAYのHN30A/SR、今年2月3日以来の再登場である。拙サイトは(いちおう)風景写真のサイトであるが、なぜかアコギを検索キーワードで訪れる方が多いのである。中でも多いのがMorris、YAMAHA、そしてHEADWAYなのであった。

で、サービスという訳ではないが前回紹介出来なかったHEADWAYのHN30A/SRのディテールをどうぞ。

 hn30a-2.jpg

スロッテッドヘッドが特徴。ペグは定評のあるゴトー。しかしチューニング時に「ピキッ!」と音がして、ちょっと緊張することがある。ネックは12フレットジョイントであるため、ハイポジションでの演奏は厳しい。せいぜい9フレットくらいまでが限界だろうか。

 hn30a-3.jpg

サウンドホール内には金属製の立派なラベルが貼付けてある。。光線状態によってピカピカと光を放つ。

 hn30a-4.jpg

HN30A/SRのいちばんの特徴といえば、この馬のインレイである。僕としては・・・無くてもいいんじゃないのか、というのが正直なところ。見た感じ、ちょっと浮いているかな。ちなみに弦はElixirのNANOWEB、ライトゲージ(.012-.053)である。
.
このギター、販売されてから7年ほどが経つ。ネットで調べてみると、中古でも手に入れることは難しくなっている。前にも拙ブログに書いたが、喜多方の「珈琲舎うつわ」に置いてあるので、どうぞ自由に弾いていただきたい。遠慮はいらない。
posted by 生出 at 23:59 | Comment(2) | アコギ

2014年08月14日

Martin OOO-28EC


 00028ec-1.jpg

マーチンのサイトによると「1992年のMTVアンプラグドでグラミー賞を受賞したエリック・クラプトンの功績を称え、1995年に初の限定モデルとして発売された000-42ECに続き、1996年に登場したエリック・クラプトンのシグネチャー・モデル」がこのOOO-28ECである。

 00028ec-2.jpg


指板にはクラプトンのサインインレイが入る。このギター、中古で購入したもので既にFishmanのピックアップが内蔵されていた。僕ごときが所有するには、ちょっと身分不相応かなと思ったのだが、このモデルとしては破格値(?)の20万で出ていたので、後先を考えず清水の舞台からダイブしたというわけ。今思うと、なにかイワクツキだったのかもしれない。

実際弾いてみてとくに気になるところはない(気がつかないだけかもしれないが・・・)。

 00028ec-3.jpg

オープンペグも、いい味を出している。チューニングのしやすいペグである。ナットの幅は44.5ミリで、スタンダードのOOO-28の42.9ミリに比べわずかに広いものの、この差はかなり大きい。

YAMAHAのアンプTHR10につなぎ、夜な夜な怪しげな音を出して一人悦に入っているのであった。

posted by 生出 at 23:05 | Comment(0) | アコギ

2014年08月13日

Le Tirage


 Le-Tirage1.jpg

今年もそんな季節がやってきた。ほぼ一年ぶりの「Le Tirage」である。思わずレンズを向けてしまう佇まいである。

 Le-Tirage2.jpg

今回は赤ワインで・・・。

 Le-Tirage3.jpg

鴨の肉。やわらかい。美味。

 Le-Tirage4.jpg

酔いもだいぶまわってきた。ピントを合わせるのもつらい。ホテルに戻ったのは12時を少し回ったあたりだったか・・・。また来年・・・と思うのであった。
posted by 生出 at 08:05 | Comment(0) | 馴染みの店

2014年08月10日

YOKOHAMA GEOLANDAR A/T-S


 tire1.jpg

というわけで、ようやくノーマルタイヤへの交換が完了。YOKOHAMAのGEOLANDAR A/T-Sである。HZJ73の頃から、ずっとGEOLANDARを愛用しているが、数年前からトータル的に見て、かなり進化していると感じている。他のタイヤは履いていないので、比較することは出来ないが、このタイヤに関しては僕の走りには必要十二分である。耐摩耗性も以前の同シリーズに比べて、だいぶ向上していると思う。

77は通常走行は後輪駆動であるが、ウェットな路面でも、泥濘地であっても、神経質なハンドリングを求められたことはそれほど無い。走り方はそれぞれなので、貴兄がこのタイヤを履いて、満足するかどうかはわからない。77の車重、トレッド、ホイールベースにジャストフィットしていると僕は思っている。まぁ〜競技的な走りをする向きは別な選択肢の方がいいだろう。

 tire2.jpg

トレッドパターンはご覧の通り。云うまでもないがオンロードよりのタイヤであって、オフロードローダーを気取った「したり顔」のオヤジが履くタイヤなのである。
posted by 生出 at 18:21 | Comment(0) | クルマ

2014年08月06日

An Evening With John Denver


 an-evening-with-john-denver.jpg

John Denverのイメージは・・・青空が広がり爽やかな風が吹く草原でむかえた日曜の朝・・・僕的にはそういうイメージである。Johnの曲を聴いてのイメージは、人よって異なるのはもちろんであるが「明るさ」や「爽やかさ」「やさしさ」がキーワードになるのだと思う。

曲のバックボーンには彼が抱いていた自然への強い畏敬の念があったに違いない。丸めがねの親しみやすい風貌、澄んだ歌声とあいまって多くの人を魅了した。生活の基盤が大都会で、自然とは無縁の生活を送っていたとしても、彼のメッセージは聴衆の心に響いたのだ。むしろ自然から遠く離れていればいるほど共鳴する度合いは高かったかもしれない。彼の歌声が人が本来、自然とともに生きていたという事実を気づかせてくれた。豊かで便利な生活を得るため、否が応でも求められるシステム化された社会への適応能力。心のまま自然に素直に生きられないもどかしさ。そこに潤いを与え、疲れた心を介抱(解放)してくれたのだ。

代表曲のひとつ「Take Me Home, Country Roads」の一節を。

 Almost heaven, west virginia
 Blue ridge mountains, shenandoah river
 Life is old there, older than the trees
 Younger than the mountains, blowing like a breeze

 Country roads, take me home
 To the place, I be-long
 West virginia, mountain momma
 Take me home, country roads

「An Evening With John Denver」は1975年、人気絶頂期に発売された(音源は74年8月ロスでのライブ)。

時が流れれば、いろんなシーンが変わるのは常ではあるが、80年代に入るとJohnの歌声を耳にすることも少なくなった。漏れ聞いた話によると公私共にさまざまな問題を抱え、現代社会特有の経済的、精神的、肉体的なダメージをこうむったようだ。人生の後年、John自身が求めていたものは70年代の聴衆が求めていたものだったのかもしれない。

John Denver、1997年10月、自家用飛行機の墜落事故により死去。
posted by 生出 at 12:35 | Comment(2) | 音楽

2014年08月04日

タイヤ


 tire.jpg

西の方では大雨だというのに、東北は連日の猛暑である。それも半端ないくらい。この猛暑で車にはかなりの負荷がかかっている。電装系のトラブルが多いのもこの季節である。タイヤもそうだ。焼けるようなアスファルトの上を文句も云わず走ってくれる。

このタイヤ、実はスタッドレスである。昨年の秋に新調したものだ。毎年ゴールデンウィーク過ぎには、スタッドレスとしての性能を発揮するのは厳しい状態になっている。早めにノーマルに交換すれば、それだけ減りが早まるので、ちょっと貧乏根性を出して、今年はこの節まで引っ張ってしまった。

しかし、もう限界。グリップ力はほとんどない。これでは車検も通らない。今週中には新調しよう。ちなみにYOKOHAMAのジオランダーを発注した。サイズは215、80、R16。
posted by 生出 at 08:37 | Comment(0) | クルマ

2014年08月01日

8月


 august.jpg

8月、夏休み真っ只中の学生諸君にとっては、さまざまな呪縛から解放され、思い思いの時間を送っていることだろう。しかし気がつくと秋風が吹き始める季節を肌で実感するのだよ(笑) 宿題は早めにすませ、次の季節への備えを怠らないようにしてくれたまえ。

さて8月は葉月。葉が紅葉し落ちるところからつけられたというが、猛暑、酷暑が続く日々を送っていると、ちょっと違うんじゃないのと・・・まぁ〜いまさら葉月を返上して別名にすることもできないし・・・せめて名前からでも涼しさを感じられれば幸いである。皆様、夏バテせぬようご自愛ください。
posted by 生出 at 08:31 | Comment(2) | M's works