2013年08月30日

植物誌

 
 shokubutsushi.jpg

前回のブログで植物の名前を調べていたら、反射的にイルカの「植物誌」を思い出していた。早速CDの山の中から発掘し、久しぶりに聴いてみた。77年のリリースでイルカ、4枚目のアルバム。74年にイルカとしてソロデビューしたが、それ以前は「シュリークス」というグループのメンバーだった。イルカがまだ無名だった頃、僕は宇都宮の上野楽器店の店頭で、デビューキャンペーンをしていたイルカを目撃している。横目でチラ見した程度で素通りしてしまった。今思えば握手くらいしておけばよかったと後悔するのだが、こればかりは仕方ない。

翌75年にあの曲、そう「なごり雪」が大ヒットしたのだった。

   植物誌

  通りすがりの古本屋
  ほこりかぶった「植物誌」
  棚からそっとゆりおこし
  歩きながら ページをめくる

  いつしか足は下屋敷
  裏木戸開ける 霜風に
  襟を立てる アストラカン
  元気なテリアは 枯れ葉色

  さて眼を染めるのは 植物誌
  つゆくさ 柊 からすむぎ

  益子の茶碗の玄米茶
  ランプの影の一輪草
  まぶたが重い眠り草
  人界知らず植物屋敷
  秘密の花園 カギひとつ


わずかこれだけの行数の歌詞だが、しっかり五感が刺激されている。この曲を聴いた人間がイメージする世界は微妙に違うかもしれないが、きっとそれほどの差はないのでは?と思っている。イルカの豊かな感性から創られた曲。少しずつキナ臭い空気が流れはじめたいま、平和で自由な世界を維持し続けることの難しさに思いを馳せながらも、さらなる創造性豊かな世界・・・つまりは平和な世界を実現するにはどうしたらいいのだろうか?自分は何をすべきなのか?様々なことを考えさせられる夜なのであった。
posted by 生出 at 23:01 | Comment(2) | 音楽

2013年08月29日

植物の名前


 name-u.jpg

珈琲舎雅にて。美味しい珈琲を飲みながら、カウンターの隅を見ると小さな鉢植えがあった。何気に植物の名前を見ると、なんともかわいらしい名札があった。「子猫の爪」「野うさぎ」だって。名前を見ただけで思わず「ほしい〜」と声を出す女子もいることでしょう(笑) 僕はもちろん無言です。

時間があったので、動物の名前を冠した植物が他にもあるのか調べてみた。

熊童子 緑亀の卵 落日の雁(らくじつのかり) カメレオン クロコダイル 胡蝶の舞 白蝶の舞 緑蛇(みどりへび)小亀姫(こがめひめ)松虫 クロトカゲ イヌソラマメ イヌノフグリ ウマノアシガタ オケラ カマキリソウ サギソウ サギシバ サギラン スズメノコメ タヌキマメ ネコジャラシ ハクサンチドリ ハエトリソウ ヒツジグサ ヒヨコグサ ブタクサ ヘビノコンニャク マムシグサ リュウノヒゲ・・・ちょっと検索しただけでもこんなにあった。それぞれどんな姿形をしているのか、調べてみるのも面白かも。
posted by 生出 at 12:54 | Comment(0) | 馴染みの店

2013年08月28日

阿部祐輔 K田弘文 二人展 「予言の鳥」


 the bird of prediction-u.jpg

「予言の鳥」と題する阿部祐輔氏・K田弘文氏の二人展が開催されます。

会期:9月12日(木)〜19日(木)午後12時〜7時(15日のみ午後3時まで)
場所:東京都中央区銀座1−9−8 奥野ビル306号室

写真のネガから版をおこして版画を作成したとのこと。詳細はこちらで表示されるページの「お知らせ」を参照ください。

posted by 生出 at 08:34 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2013年08月27日

雉も鳴かずば撃たれまい

 
 pheasant-u.jpg

雉(キジ)の雌である。山を登っている時など、突如として山道の脇からバタバタと音を立てて飛び立つことがある。ギリギリ近づいてから逃げ出すので、こちらは心臓が止まりそうなほど驚くのである。野生動物は自分の位置から、危険だと感じる距離があって、雉はその距離が短いのかもしれない。

撮影した時は10メートルほどの距離にも関わらず、のんびりと林道を歩いていた。そんな雉の習性を知っていれば狩猟も容易いのかな、などと思った。ちなみに僕の半径2メートル以内に近づくと、僕はすぐに物陰に隠れます。とくに大勢参加するパーティーなどではテキメンである。あしからず・・・。
posted by 生出 at 08:54 | Comment(0) | 出逢いの妙

2013年08月26日

モバイルWi-Fiルーター

 
 hw02e.jpg

以前使っていたモバイル用のUSB端末は、正直接続がいまひとつ安定していなかった。速度に不満はなかったがいつの間にか通信が切断されていたり、パソコンへ取り付けた際、端末がフリーズしてPCを再立ち上げして対処する・・・などなど、どうもいまひとつだったので、思い切ってWi-F-ルーターへ切り替えてみた。

購入から約一ヶ月が経ったがトラブルはない。快適なデータ通信ができ満足している。これまでの下り速度が75Mbpsから112.5Mbps(共に理論値、実測はしていない)へアップされたこともあってか、サクサク動いてくれる。同時接続台数は10台まで大丈夫なので、Wi-Fi端末をお持ちの方はお声をかけてください。
posted by 生出 at 08:43 | Comment(2) | その他

2013年08月25日

hunpluged

 
 hunpluged.jpg

心頭滅却すれば火もまた凉し・・・などと云ってはいられない。もはや今夏の暑さは地獄と云っても過言ではないだろう。実際多くの方が命を落としている。我慢などする必要はない。

そんな暑さの中、部屋のクーラーの調子がいまひとつよろしくない。スイッチがなかなか入らない。ここ数日はよほどいいのだが、入らない時などクーラーをなだめながら一時間以上もリモコンでスイッチのオン・オフを繰り返す。なんとか入ってホッとしたのも束の間、時計を見ると11時過ぎなんてこともあった。

今晩はだいじょうぶです。

さて、暑いと何もやる気にならない。音楽を聴くのもうんざりする。がっ!こんな時だからこそ聴かねばならないアルバムがこれだ!それほど力む必要なないのだが、まぁ〜とにかく聴いてください。

高中正義の「humpluged」。高中と聞いて、僕が(そしてあなたも)まっさきに思い出すのが「Blue Lagoon」だ。70年代も終わりに近づいた頃、一世風靡したのがこの曲だった。40年以上のキャリヤを持つ高中が、はじめて全曲アコギだけで演奏したのが本作だ。「Blue Lagoon」も収められている。それがまたカッコいいのだ。いやいや・・・ソフィストケートされている、と云った方がいいだろう。どれも聞き慣れた曲であるが違和感なくアレンジされている。単なるBGMを超えた聴き応えのある作品となっている。ギター弾きでも、そうでなくてもお勧め。

なおこのアルバムを聴くにいちばん相応しいのは今夏のような寝苦しい夜だろう。ラストのバハマの波音が、きっとあなたを心地よい眠りへ誘うでしょう。
posted by 生出 at 21:43 | Comment(0) | 音楽

2013年08月21日

センチメンタル

 
 sentimental.jpg

井上陽水のセカンドアルバム「センチメンタル」。
聴き慣れたフォークソングとは異なる陽水独特のシュールな世界観が描かれている。一曲目は「つめたい部屋の世界地図」。本番前、チューニングをしているようなストリングスからはじまる。次第にAmの音に収斂し、ぐっと心がひきつけられた瞬間、音は途切れ、間髪入れずナーバスなアコギのアルペジオが流れる。このわずか数秒の時間に、聴く者は陽水の世界に囚われてしまう。

  つめたい部屋の世界地図

 はるかな はるかな 見知らぬ国へ
 ひとりでいくときは 船のたびがいい
        ・
        ・
        ・
 やさしさがこわれた海の色はたとえようもなくさびしい

 汽笛を鳴らしてすれちがう船 こんにちはのあとは
 すぐにさようなら
        ・
        ・
        ・
 飛び交うカモメは陸が近いのをおしえてくれる

目を閉じ聴き入る。波の音、きらめく光、潮風のにおい、揺れる船の重量感、そしてこの船に乗っている主人公の心情までも、自分のことのようにリアルに感じられる。聴き終わり、曲のタイトル「つめたい部屋の世界地図」を見た瞬間、はっと我に返る。この曲で描かれた主人公は旅をしたのではなく部屋に貼られた地図を見て、イメージの世界を旅していたのだと。そして自分も、曲が流れるている間、異次元の世界を彷徨っていたことにあらためて気がつく。

ほかにも「かんかん照り」「神無月にかこまれて」など「つめたい・・・」同様、陽水の描いた世界をたっぷり堪能することができる。
僕が初期陽水のアルバムの中でいちばん推すのがこの「センチメンタル」だ。72年のリリースなので41年前のアルバムという事実に軽い衝撃を受ける。

録音技術の差はしょうがないとしても、どの曲を聴いても古さはまったく感じない。歌詞はもちろんのことながら、曲作りに対するこだわりは並ではなかったし、非凡な才能はすでに開花していたのだ。
posted by 生出 at 21:59 | Comment(0) | 音楽

2013年08月20日

もどり道

 
 modori-michi.jpg

アコースティックギターを弾き始めて、最初に覚えたコードがE、A、G、C、Dなどのメジャー&マイナーコードだった(中学校2年の頃の話)。いわゆるローコードというものだ。F、Bから始まる曲はパスするかカポをつけてコードを変換して弾いていた。たとえばFならカポを5フレットに付けてCで弾くといった具合。カセットテープから流れる曲にあわせて音を出すと、まるで自分もその楽曲に参加している錯覚に陥り、なんだかプロのミュージシャンになったような気分になったものだった。そう単純じゃないんだよ、ってことに当時は気がついていなかった・・・。

あの頃、拓郎の「オンステージともだち」、かぐや姫の「オンステージ」、そして井上陽水の「もどり道」の3枚がライブ盤として人気があり、スタジオ録音とはまた違う臨場感に酔いしれたものだった。とくに陽水の「もどり道」の「夏まつり」「いつのまにか少女は」「紙ひこうき」「たいくつ」「傘がない」はローコードのマイナー系コードで比較的簡単にあわせられるものだから、初心者のギター少年にとってはたまらない曲だった。

さて「もどり道」であるが、現在の陽水を聴き慣れた耳からすると、かなり印象が違う。エレキ、ベース、ドラムス、シンセが入った曲もあるものの、ギター一本あるいは二本というシンプルな構成で、いかにもフォークって感じ。曲間のMCもぼそぼそと囁くように話す。「人生が二度あれば」の前のしゃべりは約3分もあり、父の人生についてしんみり語っている。あの時代の陽水のスタイルを象徴するシーンだと思う。音源は73年4月に行われたライブのものである。

いま、CDをかけながら、楽譜もないのに(部分的に怪しい箇所はあるけども)あわせられるのは、当時よほど弾いたからなのだろう。アコギを始めるのなら、まずこのアルバムからスタートしよう(笑)
posted by 生出 at 21:42 | Comment(0) | 音楽

2013年08月17日

IMAGINARY ROADS

 
 imaginary-roads.jpg

いい曲は、聞き手に風景をイメージさせる。

1988年にリリースされたWILLIAM ACKERMAN(ウィリアム・アッカーマン)の「IMAGINARY ROADS」は、単なる癒し系の曲ではない。このアルバムを聴くタイミングが、もしかしたらとても心が落ち込んでいるときであっても、何気ない日常であろうとも・・・目を瞑り、聞き入るほどに心に風景がイメージされる。それも、ごく自然に、これまでに見たこともない風景が広がるのだ。

心に内に描かれる風景。何処かにあるのかもしれないが、それが何処なのか・・・そんなことはどうでもいいことなのだ。他の誰かにそれがどんな風景なのか、説明する必要もない。たいせつなのはその風景を心の目でしっかりと見つめることだ。そう、心の風景は他ならぬ自分だけのものなのだから。でも、もしかしたら、貴方の想い描いた風景と、僕の想い描いた風景が同じかもしれない・・・。そう想うだけで十分なのである。
posted by 生出 at 22:56 | Comment(0) | 音楽

2013年08月16日

Le Tirage

 
 le tirage1-u.jpg

お盆の時期、仙台へ行くのが恒例である。今回先輩と一緒に、知り合いがやっているワインバーへお邪魔してきた。Le Tirage(ル・ティラージュ)である。店名は仏蘭西語で写真プリントを意味する。訪れたのは今回で4〜5回目だろうか。国道から路地に入り、テクテク歩く。とある一角に「いつの間に仏蘭西へ来たんだ?」と錯覚する(ちょっとオーバーだったか・・・)ほど洒落た店がある。そこがLe Tirageなのだ。店内は写真ギャラリーも兼ねていて、店主が仏蘭西で撮影した写真が展示されている。作品のクオリティーは高い。部屋に飾ったら・・・散らかった僕の部屋でさえ・・・グレードアップするのは間違いない。

店内はこんな感じ。もしアッジェが生きていたら撮影したかもしれない。

 le tirage2-u.jpg

 le tirage3-u.jpg

仙台へ行く機会があればぜひ足を運んでほしい。仏蘭西語が話せなくても大丈夫。店主は極めて日本語が堪能です。そして "se faire couper en quatre"ですから。


 
posted by 生出 at 00:28 | Comment(0) | 馴染みの店

2013年08月10日

ブナ、逝く

 
 buna-u.jpg

今日昼間、親しくしていただいている方から連絡が入る。「ブナが倒れています」と。一報をいただいたときは、いまひとつピンと来なかったが、現地へ足を運んで愕然としてしまった。これまで四季を通じて撮影してきた馴染みのブナが檜原湖に身を横たえていた。急な斜面に踏ん張るように根を張っていたのだが、どうやら今夏の大雨のため斜面が地滑りを起こしてしまい、支えを失った大木はそのまま湖へと・・・。
よく見てみると、太い幹は健在だ。そっくりそのままの姿で横になっている。この先、むっくと立ち上がることは・・・ないだろう。枝にはまだ青々とした葉を着けているのが、なんとも痛々しい。きょうまで多くの困難があっただろうが、もはやこれまでだろうか。残念でならない。

最初にこのブナを撮影したのは、記憶もおぼろげだが、昭和63年頃の夏だった。僕の最初の写真集「四季光彩」の18ページにも使った。以来25年のおつきあいで、とうとう今日という日をむかえてしまった。

連絡をいただいたとき、僕は裏磐梯のとあるブナの森の中で撮影をしていた。そして数年前に倒れたことを確認したはずのブナの木が、こつ然と目の前に立ちはだかり、これはいったいどういうことなんだろう?とキツネに摘まれる思いでたたずんでいたのであった。何度も入っている森だから、間違えるはずはない、それに複数の人間で確認したのだから見間違える確率はきわめて低い。しかし実際、倒れていたはずのブナが立っていた。では、倒れたと思ったブナはどうしたのだ?近くに倒木はない・・・。

そこへ、件のブナの木の連絡である。いったい何が何だか・・・。事実は小説よりも奇なりとは云うけれど・・・。
posted by 生出 at 22:14 | Comment(0) | その他

2013年08月08日

Chaki sings

 
 chaki-1.jpg

内田勘太郎、初のソロ・インストゥルメンタル・アルバムがこの「Chaki sings」だ。Chaki P-1・・・チャキは京都の老舗弦楽器製作所・・・は、憂歌団のリードボーカルだった木村充揮が購入し、内田が友人からもらったギターとこのChaki P-1を交換して以来、内田勘太郎のトレードマークとなっている。憂歌団解散後しばらくは封印されていたそうで、自宅でほこりをかぶっていたらしい。

2002年にリリースされたこのアルバム、全曲がChaki P-1で演奏されている。オリジナル3曲と誰もが耳にしたことのあるスタンダードナンバー9曲で構成されている。アルバムはChaki P-1のミニ写真集となっていてギター好きにはたまらない。曲を聴きながら、ページをめくるだけでも至福なのである。

使い込まれたギターから紡ぎ出されるのは、やわらかい音。全体的にジャズよりのテイストで味付けされていて、どことなくジョー・パスの姿も見え隠れする。一人でグラスを傾ける、そんな時間に聴きたいアルバムである。

 chaki-2.jpg
posted by 生出 at 22:47 | Comment(0) | 音楽

2013年08月05日

サラダ麺

 
 salad-u.jpg

暑いとどうしてもご飯ものは敬遠してしまう。そんなわけで今宵も麺類になってしまった。今回は日清食品の「サラダ麺」を使ってみた。この手のものは、添付品のスープの味で好き嫌いがはっきりしてしまう。肝心のスープは「青じその風味とカツオ出汁の旨味がきいた、さっぱりとした和風醤油ドレッシング」とパッケージに書いてあった。サラダは便利なパックサラダを使う。キャベツ、レタス、ニンジン、パプリカ。薄焼きタマゴは自作。あとトマトを切って、シラスボシを乗せてみた。スープとシラスボシはあわない。口の中で若干だが生臭さが残ってしまった。次回は使わないようにしよう。それ以外はとくに問題はなし。美味しかったですよ。今晩のお手軽メニューでした。それじゃ〜また(笑)
posted by 生出 at 21:34 | Comment(0) | 男の料理

2013年08月03日

梅雨明け

 
 toad-u.jpg

とある林道を走行中、左から右へ横切る物体を発見。危うく轢きそうになったが、なんとか避けることが出来た。車を降り、その動く物体を確認したところ体長15センチほどのヒキガエルだった。ヒキガエルを間近に見たのはずいぶん久しぶりだ。懐かしさのあまり頭をなでなでしたり、背中をさすったり手足を摘んだり、しばし戯れたのだった。彼(彼女?)の皮膚感は相変わらずヒンヤリとしていて、感触はまるでゴムで作ったフィギアのよう。それがたまらない(笑) 左右の前脚をつかんで持ち上げると後ろ足で「はなせぇ〜」と強力なケリが入る。その感触もすばらしい。20分ほど遊んでから草むらの中に放してあげたが、イソイソと茂みの中に入っていった。
ふたたび車を走らせるやいなや、ラジオから「東北地方が梅雨明けした模様」と気象庁の発表が流れてきた。ヒキガエルくん、梅雨明けを知っていたのか、これから続くであろう猛暑を避けるために、秘密の避暑地へ移動する途中だったのかもしれない。  
posted by 生出 at 22:11 | Comment(0) | 出逢いの妙