2013年03月28日

梅八分咲き

 
 ume2-u.jpg

くだんの梅の木、わずか一週間で、こんなに開いてしまった。見た感じ八分咲きまで一気に来た。日当りのいいところは満開を過ぎたものもある。桜のつぼみも、かなり膨らんできた。今冬はけっこう厳しい気候だったのでノンビリしていたら、いきなり本格的な春になってしまった。実際のところ気持ちの切り替えが出来ていない。準備運動もろくにしないで、いきなり100メートル走のスタートに並んだ感じだ。
posted by 生出 at 23:19 | Comment(0) | 出逢いの妙

2013年03月24日

タヌキ

 
 tanuki-u.jpg

喜多方市の外れにある集落へ行ってきた。日当りの良いところは、徐々にではあるが福寿草が咲き始めていた。全体として春はまだ浅く、たっぷりの残雪であった。てくてく歩いていると何やら視線を感じた。目を凝らしてみるとタヌキがこちらを見ていた。ここらへんでは別に珍しくも何ともない。普通にいる野生動物だ。でも、太陽の高い時間に姿を見せることはあまりない。長い冬を生き延び、ようやく暖かい日差しを感じられるようになって、少々気持ちがゆるんだのだろうか、逃げようとしない。距離にして15メートルもなかった。やや痩せ気味で、毛並みもあまりきれいではなかった。これから餌になる小動物も増えるだろうから、それまでもう少しの辛抱だね。
posted by 生出 at 22:01 | Comment(4) | 出逢いの妙

2013年03月23日

吾妻連峰

 
 azumakofuji-u.jpg

吾妻小富士の雪ウサギも、日に日に痩せてきた。ちゃんと目も付いて、春の野に飛び出すのも時間の問題。すでに東京では桜が満開だとか。狭い、狭いと云っても、やっぱり広い日本列島。何かにつけ温度差があるのは、むしろ当然のこと。
posted by 生出 at 00:26 | Comment(3) | その他

2013年03月21日

梅一輪

 
 ume-u.jpg

昨日は彼岸の中日、福島では、ようやく梅の開花が気象協会によって確認された。今日は冬に逆戻りで、一日中冷たい風が吹き荒れた県内だった。とあるところに梅の木の古木があって、強風に翻弄されながらも数輪の花が開いていた。「梅は百花の先魁(さきがけ)」と言われるように、あらゆる花にさきがけて咲き、春の訪れを告げる。実際は梅よりも早い花もあるけれど・・・。

服部嵐雪が詠った「梅一輪 一輪ほどのあたたかさ」を思い出す。まだまだ咲き始めだが、これはこれで風情がある。これから日ごとに暖かい日も多くなり、白い花を楽しませてくれるだろう。
posted by 生出 at 21:56 | Comment(0) | 出逢いの妙

2013年03月17日

今度は・・・

 
 tachometer-u.jpg

フロントリーフが直り、ルンルン気分であったが、今日何気にタコメーターを見たら・・・見事に壊れていた。時速60キロで走行しているのに針は0を指している。走行自体に支障がないので、放置する事にした。あとひとつ気がついたことが。点きっぱなしだったデフロックの警告ランプが、いつのまにか消えている。これは自然に復旧したようだ。
posted by 生出 at 22:27 | Comment(0) | クルマ

2013年03月14日

復活

 
 leaf-u.jpg

昨日、リーフの交換が無事、終わった。結局、切断が判明してから約500キロ近く走行してしまった。何ともタフな相棒である。修理は、いつもお世話になっている大和自動車さんにお願いした。今回もスケジュールがタイトであるにも関わらず、快く引き受けていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

さて、前回の写真と比べると明らかなように、緩やかなカーブを描く新しいリーフは見ているだけでホレボレする。約30万キロ走ったリーフは、さすがにへたっていて、路面の凹凸をそのままトレースするかのような衝撃が常に伝わっていた。修理が終わり、すぐにハンドルを握る。同じ車なの?と思うほど乗り心地が向上した。さすがに乗用車と比較するつもりはないが、例えて言えば、笑点で座布団を全部取られてしまった林家木久扇と、座布団三枚もらってご満悦の春風亭昇太くらいの差がある。ちょっと判りづらい例えだったかもしれない(笑)
何はともあれ、これであと20万キロはもつだろう。
posted by 生出 at 13:04 | Comment(4) | クルマ

2013年03月13日

YAMAHA FG-160

FG160-1u.jpgFG160-2u.jpgFG160-3u.jpg

 M氏から緊急の連絡が入った。某所へ来ていただきたいと。M氏から声がかかれば行かない訳にはいかない。満面の笑みで迎えてくれたM氏の傍らに置いてあったのがYAMAHA FG-160であった。つい先日リペアの完成したFG-130を見せてもらったばかりだというのに、もう次のギターを手に入れたのだとか。FG-130同様、ボロボロの状態だったらしい。そして今回も愛情をたっぷり注ぎ仕上げた結果、見事に甦った。ちなみにナットとサドルもM氏自身で作成したというから、大したものである。
挨拶もそこそこにギターケースを開け、軽く指でポロリンと弾いてみる。FG-130も激鳴りだったが、こいつは更に上を行く。低音がたまらない。ズンズン、ドンドンと腹に響きまくる。材は2本とも同じ。きっとシェイプがドレッドノートなのだからだろう。会話も上の空で激鳴りをしっかりと堪能させてもらった。
posted by 生出 at 22:27 | Comment(2) | アコギ

2013年03月11日

3月11日

 
 Earthquake early warning-u.jpg

間もなく、あの日のあの時間になる。時は流れ続け休むことを知らない。しかし2年前の、あの瞬間から心が止まってしまった多くの人たちがいる。
posted by 生出 at 13:11 | Comment(4) | その他

2013年03月09日

リーフ切断

 
 leaf1-u.jpg

ここ数日、暖かい日が続き、路面の雪はかなり融けた。アスファルトの上を走行す距離も長くなり、やや物足りなさを感じていた。乾燥路面なのに何故か突き上げ感が続くことに「おかしいな?」と思いつつも、きっと今冬の雪の多さで路面が傷んでいたからだろうと、あまり気にしていなかった。
今日、何気なく足回りを見てみると・・・フロント右側のリーフが、ご覧のとおり見事に切断していたのであった。これまでリーフが折れた回数は5回では済まない。初めての経験ではないので、そう驚くことはなかったが部品の届く日まで、これから約400キロは走らなければならない。さて、無事でいられるだろうか?
posted by 生出 at 22:13 | Comment(2) | クルマ

2013年03月08日

Instameet Fukushima#01

 
 instagramers-u.jpg

「いつのまにこんなサービスや仕組みができたの?」と、世の中の流れに疎いおじさま族が多数いらっしゃるようで・・・。そんなの知らない、なんて云わなきゃいいのに、根が正直・・・というか素直なので、つい口から出てしまうのが常なのである。もちろん私もその部類に入っている。
珈琲舎雅で3月20日(水)まで行われている写真展が面白い。まずタイトルだが「インスタグラム福島(恐らく)初のリアル写真展InstameetFukushima#01」という。Instagramをする人をInstagramerというようだが、そもそもInstagramとは何ぞやということだが・・・会場にそれについての案内があって、それによると・・・「言わずと知れた写真共有アプリのデファクトスタンダードです」と。う〜ん? さらに「iOSとandroidの無料アプリとして利用することが出来ます。」なのだそうだ。よ〜は、スマホにアプリをダウンロードして写真撮って投稿して、みんなでレッツ、エンジョイだぜ(むかしこんなしゃべりの◯ー大柴というのがいた)ってことらしい。すでに世界で数千万人が利用しているとか。

写真の内容については、会場へ足を運んでもらうとして、まぁ〜いろんな国の、いろんな人やモノ、動物、風景・・・が楽しめる。写真展を見るだけでもいいそうなので・・・いやいやせっかくいらっしゃるのであれば、ぜひ美味しい珈琲を飲みながら眺めていただきたい。
posted by 生出 at 13:10 | Comment(2) | 写真展・絵画展など

2013年03月07日

ナッシュビルチューニング

 
 nashville-D28-u.jpg

通常使っている弦はElixirのライトゲージであるが、今回初めてD'addarioの弦を張ってみた。それもナッシュビルチューニング用の弦だ。一度は使ってみたいと思っていたのだが、ようやく実現することが出来た。なんていうことはない、ナッシュビルチューニング専用の弦のセットが販売されているのを見つけたからである。
写真をご覧になればわかると思うが、6弦以外はすべてプレーン弦だ。チューニングは6弦→1弦まで、EADGBEである。ただし各弦のゲージを見ると、1、2弦は通常のアコギと同じであるが、3弦がエレキギターの1弦、4弦がアコギの1弦、5弦がエレキの3弦、6弦がアコギの3弦に近いゲージとなっている。3弦から6弦は、すべてオクターブ高い音になっている。
このチューニングを最大限活かした曲が、風の「22才の別れ」。当時は情報も少ないし、ギター本にも詳しい解説などはいっさい無かった。なので、あの音の出し方について、ずいぶん研究した方もいたようだ。蓋を開ければなぁ〜んだ、ということなのだけど、こういう変則チューニングをいったい誰が、どんな発想で考えたのだろう。ただただ感心するばかりだ。

さて、初体験のナッシュビルチューニングだが、じつにキラビやかな音がする。まるでハーブシコードでも弾いているかのようだ。弾き方はレギューラ弦と同じなのだが、3弦、4弦が1、2弦よりも高い音がする。とくに3弦がキモで、このチューニングを印象深い音にするのに貢献している。
ストロークよりもアルペジオの方が、このチューニングを活かせると思う。どんな曲でも合うか?というと、そこは難しいところだ。いろんな曲で試してみるのが楽しみだ。複数のギターがある方は、ぜひ1台をナッシュビルチューニングにしてみては?きっと演奏の幅が広がりますよ。
posted by 生出 at 23:32 | Comment(0) | アコギ

2013年03月05日

炒飯


 fried rice-u.jpg

冷や飯があったので炒飯を作ってみた。またまた自画自賛であるが、これまででいちばん美味しく作ることが出来た。どうもご飯がべちゃべちゃになってしまうのだが、今回はバラッと仕上がった。冷や飯をレンジで温め、そこへ溶き卵を入れる。タマゴかけご飯の要領で、よく混ぜる。これが今回の勝因だと思っている。
よく熱したフライパンにご飯を入れ炒める。具材(チャーシュー、長ネギ、ミックスベジタブル、舞茸)もほぼ同時に入れる。火が通ったら、炒飯の素(味の素)とコショウで味を整える。しばらく炒飯が続くかもしれないな。
posted by 生出 at 22:21 | Comment(2) | 男の料理

2013年03月04日

サンニッパ

 
 san-nippa-u.jpg

高校生のとき、どうしても欲しいレンズがあった。それがこのAI Nikkor ED300mm F2.8IFであった。当時で40万円を超える値段だから、どんなに逆立ちをしても、バイトをしても、親に媚びても、何をしても手に入れることが出来ない高嶺の花だった。カメラ屋さんの店頭で見ることもほとんどなく、カタログの写真を見るのが関の山だった。
この個体を手に入れたのは、もう15年くらい前だろうか、馴染みにしていた福島市の川口屋写真店(いまはない)のショーウィンドーに飾られていたのを偶然目にし、思い切って清水の舞台から飛び降りたのだった。中古品で値段は10万円。時代はすでにオートフォーカスレンズへと移行しており、マニュアルフォーカスレンズの多くは市場へ吐き出され、まさに冷遇というのに相応しい扱いだった・・・いまの銀塩カメラと同じかも知れない・・・。

ながらく自宅待機が続いていたサンニッパであったが、撮影をデジカメに切り替えた時点で、使用頻度が俄然高くなった。いまや無くてはならない存在だ。基本設計は古いものの支障はまったくない。なんといっても2.8という開放F値は、ピンの山が掴みやすい。開放での撮影はピント合わせがデリケートではあるが、ギリピンではさすがの描写である。山野草の撮影では、中間チューブを装着すると、最短距離を稼げマクロ的な使い方も出来る。そのボケ味は何とも云えない。

何しろこのレンズを装着すると、カッコいいのが気に入っている(笑)
posted by 生出 at 21:24 | Comment(0) | 機材

2013年03月02日

明日が最終日


 big-i-u.jpg

昨日から郡山市のビッグアイ6階で開催されている「写団ふくしま」の「風景賛美展」は、いよいよ明日が最終日です。今日はあいにく荒天でしたが、そんな中、会場まで足を運んでいただいた皆様、ありがとうございました。明日は午後4時までの開催です。皆様のお越しをお待ちしております。
posted by 生出 at 15:38 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2013年03月01日

YAMAHA FG-130

 
 yamaha-FG130-3-u.jpgyamaha-FG130-2-u.jpgyamaha-FG130-1-u.jpg

YAMAHAのFG−130である。マニアには人気があり音にも定評があった。YAMAHAはむかしから気になっていたのだけど、縁がなかったのか、手元に置くことはなかった。知人のM氏から「手に入れました」との連絡をいただく。で、さっそく弾かせてもらった。はっきりいって、ものすごく鳴る。ガンガン鳴る。激鳴りギターだ。
指で軽く弾いても音の粒が前に出るのがよくわかる。ストロークでも音がつぶれるようなこともなくキラビやかな和音を奏でる。何しろ全体的に明るい音だ。M氏によると「ほとんどボロボロの状態」で店頭に置かれていたそうで、激安価格で購入し、そして自らリペアをしたとのこと。致命的なキズなどがなかったのが幸いし、またM氏の注いだ愛情の賜物なのであろう、見事に甦った。
ジャパニーズ・ビンテージ、あなどれません。
posted by 生出 at 08:23 | Comment(2) | アコギ